介護保険の福祉用具貸与、「自動制御機能付き歩行器」も給付対象に追加―厚労省



Pocket

 介護保険の福祉用具貸与の対象に、新たに「自動制御機能付き歩行器」を追加する―。

 厚生労働省は14日、通知「介護保険の給付となる福祉用具および住宅改修の取扱いについて」に関して、こういった内容の改正を行いました。

自動制御機能付き歩行器の概要
自動制御機能付き歩行器の概要

上り坂ではアシスト、下り坂では制御する機能を持つ歩行器

 公的介護保険では、訪問介護や訪問看護などの「居宅介護サービス」、特別養護老人ホームや老人保健施設などの「施設サービス」、小規模多機能型居宅介護や定期巡回・随時対応型訪問介護看護などの「地域密着型サービス」という介護を提供するサービスのほかに、福祉用具貸与や住宅改修といったサービスも給付対象としています。

 福祉用具については、現在、次の13品目が給付対象です。

(1)車いす

(2)車いす付属品(クッションや電動補助装置など)

(3)特殊寝台(落下防止用の柵がついたベッドなど)

(4)特殊寝台付属品(マットレスや手すりなど)

(5)床ずれ防止用具

(6)体位変換器

(7)手すり

(8)スロープ

(9)歩行器

(10)歩行補助つえ

(11)認知症老人徘徊感知機器

(12)移動用リフト(つり具の部分を除く)

(13)自動排泄処理装置

介護保険における福祉用具貸与・販売の概要
介護保険における福祉用具貸与・販売の概要
 

 今般の改正で、(9)の歩行器の一類型として「自動制御機能付き歩行器」も給付対象に加わりました。3月30日に開かれた社会保障審議会・介護給付費分科会での了承を踏まえたものです。

 具体的には、▽上り坂でのアシスト▽下り坂での制動▽坂道の横断での片流れ防止▽つまずきなどによる急発進防止―の機能が付加されているものなどです。

赤で囲った部分が、「自動制御機能付き歩行器」の追加に関するところ
赤で囲った部分が、「自動制御機能付き歩行器」の追加に関するところ

 通常の歩行器では、平均貸与額(製品価格の1割)が3000円程度ですが、自動制御機能付き歩行器では1万円から1万2000円程度になると見込まれます(昨年12月の介護給付費分科会では自動制御機能付きの貸与額が1000円程度になると報告されていたが、メーカー説明の誤り)。

【関連記事】
自動制御機能付き歩行器、介護保険への給付対象に追加するかは継続審議―介護給付費分科会
介護保険の通所サービスを一体化し、認知症や中重度者の加算を検討してはどうか―介護給付費分科会で鈴木委員が提案

Pocket