機能評価係数Iを告示、総合入院体制加算1は0.0582、12対1夜間看護配置加算は0.0194―2016年度診療報酬改定



Pocket

 厚生労働省は18日、DPCの機能評価係数Iを告示しました(厚労省のサイトはこちら)。

 総合入院体制加算1は0.0582、同加算2は0.0437、同加算3は0.0291に設定。新設された看護職員夜間配置加算については、12対1配置加算1(負担軽減要件あり)が0.0194、12対配置加算2(負担軽減要件なし)が0.0146、16対1配置加算が0.0097となっています。

地域医療支援病院加算は0.0266、15対1医師事務作業補助体制加算は0.0266

 DPCでは、入院基本料や検査、投薬などを包括評価した部分(包括部分)と、手術や1000点以上の処置などの出来高部分を合算して請求します(関連記事はこちら)。

 包括部分の点数は、次の計算式で算出します。

【(1)DPC点数表に規定される1日当たり点数(日当点】×【(2)医療機関別係数】×【(3)在院日数】

DPCの概要

 このうち(2)の医療機関別係数は、▽基礎係数▽機能評価係数I▽機能評価係数II▽暫定調整係数―の合計で計算されます。

 基礎係数は、医療機関群(I群、II群、III群)ごとに直近2年分の包括範囲点数の平均で計算し、群ごとに一律に設定されます。

 機能評価係数IIは、いわば病院のがんばり具合を評価するもので、2016年度からは▽保険診療(旧データ提出)▽効率性▽複雑性▽カバー率▽救急医療▽地域医療▽後発医薬品▽重症度―の8つの指数で構成されます。18日には、全DPC病院の機能評価係数IIも告示されました。

 暫定調整係数は、かつての調整係数(各病院のさまざまな機能などを評価していた)を段階的に基礎係数・機能評価係数IIに置き換えているものです(2016年度からは75%置き換え)。

 今回のテーマである機能評価係数Iは、「入院患者全員に算定される加算」や「入院基本料の補正値」などを係数化したものです。DPCの点数は10対1をベースに設定されているので、7対1病院では出来高点数の差分を補正(上乗せ)する必要があります。

 気になる項目をピックアップしてみると、次のように設定されました。

▽A100一般病棟入院基本料(7対1):0.1001

▽A100一般病棟入院基本料(7対1月平均夜勤時間超過減算):0.0079

▽A100一般病棟入院基本料(7対1夜勤時間特別入院基本料) :マイナス0.0844

▽A100一般病棟入院基本料(10対1月平均夜勤時間超過減算):マイナス0.0773

▽A100一般病棟入院基本料(10対1夜勤時間特別入院基本料):マイナス0.1545

▽A104特定機能病院入院基本料(7対1):0.1739

▽A104特定機能病院入院基本料(10対1):0.0734

▽A105専門病院入院基本料(7対1):0.1178

▽A105専門病院入院基本料(10対1):0.0177

▽A200総合入院体制加算(加算1):0.0582

▽A200総合入院体制加算(加算2):0.0437

▽A200総合入院体制加算(加算3):0.0291

▽A204地域医療支援病院入院診療加算:0.0266

▽A207-2医師事務作業補助体制加算(1の15対1補助):0.0266

▽A207-2医師事務作業補助体制加算(1の20対1補助):0.0201

▽A207-2医師事務作業補助体制加算(1の25対1補助):0.0162

▽A207-2医師事務作業補助体制加算(1の30対1補助):0.0136

▽A207-2医師事務作業補助体制加算(1の40対1補助):0.0109

▽A207-2医師事務作業補助体制加算(1の50対1補助):0.0084

▽A207-2医師事務作業補助体制加算(1の75対1補助):0.0060

▽A207-2医師事務作業補助体制加算(1の100対1補助):0.0045

▽A207-3急性期看護補助体制加算(夜間30対1):0.0097

▽A207-3急性期看護補助体制加算(夜間50対1):0.0085

▽A207-3急性期看護補助体制加算(夜間100対1):0.0049

▽A207-3急性期看護補助体制加算(夜間看護体制加算):0.0024

▽A207-4看護職員夜間配置加算(12対1配置加算1、看護職員の夜間負担軽減要件あり):0.0194

▽A207-4看護職員夜間配置加算(12対1配置加算2、看護職員の夜間負担軽減要件なし):0.0146

▽A207-4看護職員夜間配置加算(16対1配置加算、看護職員の夜間負担軽減要件あり):0.0097

▽A244病棟薬剤業務実施加算(加算1):0.0063

【関連記事】
DPCの各種係数を告示、II群は140病院で機能評価係数IIのトップは帯広厚生病院―2016年度診療報酬改定
2016年度DPC改革、特定内科診療やCCPマトリックスなど新たな仕組みを導入―厚労省
夜間の看護体制充実を評価する加算、「負担軽減に資する業務管理項目」の遵守がポイントに―2016年度診療報酬改定で厚労省
回復期リハのアウトカム評価、最初のリハ料算定制限は2017年4月から―2016年度診療報酬改定で厚労省
看護必要度や病棟群単位届け出、退院支援加算などの詳細が明らかに―2016年度診療報酬改定で厚労省
看護必要度C項目の内科的治療、血管内治療・心筋焼灼術、侵襲的消化器治療など13項目―厚労省
【16年度改定答申・速報1】7対1の重症患者割合は25%で決着、病棟群単位は18年3月まで―中医協総会
【16年度改定答申・速報2】専従の退院支援職員配置など評価する「退院支援加算1」、一般600点、療養1200点―中医協総会
2016年度診療報酬改定、実は「小児医療の見直し」が大きなポイント―中医協総会
2016年度診療報酬改定、要介護高齢者などの目標設定支援などしなければ、疾患別リハ料を減算―中医協総会
十分な指導なく抗精神病薬を大量処方した場合、診療報酬を適正化―中医協総会

Pocket