「医療機器の流通コスト」を契機に、「症例集約を進めるべきか」で舌戦―中医協・材料専門部会(1)



Pocket

 我が国においては「症例が分散」し、それが弊害も招いているため「症例集約」を進めるべきか。あるいは「患者の医療へのアクセス」などを考慮し、安易に「症例集約」は進めるべきではないのか―。

 8月7日に開催された中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会(以下、材料専門部会)では、材料価格制度改革論議から派生して、こういった議論が行われました。

8月7日に開催された、「第101回 中央社会保険医療協議会 保険医療材料専門部会」
8月7日に開催された、「第101回 中央社会保険医療協議会 保険医療材料専門部会」
 

「症例集約」により医療機器の流通コストは削減、さらに「医療の質」向上も

 材料専門部会では、2020年度の次期材料改革制度改革に向けて関係団体からヒアリングを行いました(関係団体からの要望・意見については別稿でお伝えします)。その中で、日本医療機器販売業協会(医器販協)からは「医療機器の流通」改革に関し、「医療機器の流通では、医薬品と異なり、いわゆる『適正使用支援業務』に関するコストが生じ、これを勘案した価格設定を考えてほしい」旨の意見が出されました。

医薬品の流通経費率は原価全体の7.5%程度ですが、医療機器では9.6%程度と高めに設定されています。しかし、医療機器の流通経費の中には、▼預託在庫管理▼短期貸し出し持ち込み▼立ち合い▼保守管理―といった、いわゆる「適正使用支援業務」コストが38%程度含まれていると医器販協は指摘します。
中医協・材料専門部会(1) 190807の図表

 
例えば、医療機関が「新たな技術を用いた医療機器」を導入する場合、医師が技術習得をするために、メーカーや卸の技術スタッフが機器使用の現場(例えば手術場など)で立ち会い、技術支援を行うことなどがどうしても必要となります。こうした支援は、かつて「過剰な部分があり、公正な取引に反する」(無償のサービスを医療機関に提供することで、販売を促進している)と指摘されたこともあって、現在は「業界の自主基準に則って適正に行われている」と厚労省医政局経済課医療機器政策室の前田彰久室長はコメントしています。

適正使用支援業務は、本来は「メーカーが行うべき」ものとも思われますが、医療機器メーカーは医薬品メーカーに比べて小規模であり、全国に拠点(営業所等)がないメーカーもあることから、「卸が担っている」部分も少なからずあります。医器販協は「卸による適正使用支援業務負担」をも考慮した制度設計をしてほしいと要望しているのです。

 
この点について中医協支払側の幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)は、「我が国では症例が分散しているために、個々の医療機関に『少量の多製品』を販売等しなければならず、これが卸の負担になっており、最終的に患者負担増につながっているのではないか」と指摘しました。例えば、「地域の拠点病院などに手術症例を集約すれば、卸の負担も減少し、結果として患者の負担(保険者の負担も)が減少するのではないか」との指摘です。

これに対し診療側の城守国斗委員(日本医師会常任理事)やメーカーサイドは、「『症例を集約せよ』などと述べるつもりはない。患者のアクセス等を考慮した現在の医療提供体制を、コストを考えて見直すべきとは考えていない」と反論しました。

「医療機器の流通」を契機として、「医療提供体制の在り方」に議論が拡大した格好と言えそうです。

 
医療機器の流通コストが大きくなる背景には、幸野委員の指摘するように「症例の分散」があるとかねてから指摘されています。医療機器には様々な製品があり、また同じ製品であっても、患者の年齢・体形等を考慮した様々なサイズがあります。一方で、患者は多くの医療機関に「分散」しているため、極端に言えば「手術のたびに、患者にフィットする医療機器を卸が医療機関に運ぶ」といった事態も生じかねません。当然、流通コストは高くなります。

「コスト」を重視すれば支払側の幸野委員側に、「患者の医療へのアクセス」を重視すれば、診療側の城守委員側に意見が傾きそうです。

しかし、医療提供体制の在り方を考えるとき、その要素は「コスト」と「アクセス」だけではありません。ここに「医療の質」を考慮するとどうなるでしょう。

米国メイヨ―クリニック、スタンフォード大学とグローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(メディ・ウォッチ運営社)との共同研究では、「症例数と医療の質は相関する」、つまり「症例数の分散は、医療の質を下げてしまう」ことが分かっています。

膝関節置換術において、症例数と合併症発生率との間には逆相関がある
膝関節置換術において、症例数と合併症発生率との間には逆相関がある
 
逆に考えれば、支払側の幸野委員が指摘する「症例の集約」は、コストの削減だけでなく、「医療の質を向上させる」可能性もあるのです。

もちろん「症例の集約」には、「医療提供体制の偏在をもたらし、患者の医療へのアクセスを阻害してしまう」などのデメリットもあり、単純に進めることはできません。アクセス等に配慮し、トータルで医療の質を向上させるような「症例の集約」について検討していく必要があるのかもしれません。

中医協で、このテーマを正面から議論することは困難です(かつて診療報酬には「手術症例が少ない場合に、手術点数を減算する」仕組みがあったが、弊害が大きく廃止)。ただし、地域においては人口減少が進み、また医師の働き方改革等が求められる中では、「病院の再編・統合」が重要なテーマとなっています。こうした点も考慮すると、将来は、例えば「医療の質を高めるために症例の集約も一定程度、検討すべきではないか、これを診療報酬でどう進めていくべきか」という切り口での議論も一考に値するでしょう。幸野委員の指摘は、将来に向けて極めて重要であると考えられます。

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

市販後データ踏まえ医療材料の有用性等を再評価する「チャレンジ申請」、2020年度改定で拡大しては―中医協・材料専門部会
2020年度の薬価・材料価格制度改革に向けて、中医協で本格議論スタート―中医協、薬価・材料専門部会

 
2020年度診療報酬改定に向けた議論整理、地域医療構想の実現・働き方改革・オンラン診療などで意見対立―中医協総会
スタッフの8割以上が理学療法士の訪問看護ステーション、健全な姿なのか―中医協総会
2040年にかけて人口が70%減少する地域も、医療提供体制の再構築に向け診療報酬で何ができるのか―中医協総会
CT・MRIの共同利用、医療被曝防止に向けたガイドライン活用などを診療報酬でどう進めるか―中医協総会(2)
ポリファーマシー対策を診療報酬でどう進めるか、フォーミュラリの報酬評価には慎重意見―中医協総会(1)
新規の医療技術、安全性・有効性のエビデンス構築を診療報酬で促し、適切な評価につなげよ―中医協総会(2)
オンライン診療、「有効性・安全性のエビデンス」に基づき算定要件などを議論―中医協総会(1)
医師の働き方改革、入院基本料や加算の引き上げなどで対応すべきか―中医協総会(2)
がんゲノム医療の推進に向け、遺伝子パネル検査を6月から保険収載―中医協総会(1)
外来医療の機能分化に向け、「紹介状なし患者の定額負担」「かかりつけ医機能の評価」など議論―中医協総会(2)
画期的な白血病治療薬「キムリア」を保険収載、薬価は3349万円―中医協総会(1)
高齢者へのフレイル・認知症・ポリファーマシ―対策、診療報酬でどうサポートすべきか―中医協総会(3)
診療報酬で生活習慣病の重症化予防、治療と仕事の両立をどう進めていくか―中医協総会(2)
遺伝子パネル検査の保険収載に向けた検討進む、C-CATへのデータ提出等を検査料の算定要件に―中医協総会(1)
「院内助産」「外来での妊産婦対応」を診療報酬でどう支援していくべきか―中医協総会(2)
2020年度改定論議スタート、小児疾患の特性踏まえた診療報酬体系になっているか―中医協総会(1)
2020年度診療報酬改定に向け、「医師働き方改革」等のテーマ別や患者の年代別に課題を議論―中医協総会
東日本大震災を受けた診療報酬の被災地特例、福島では継続するが、宮城・岩手は最長2021年3月で終了―中医協総会(2)
要介護高齢者への維持期「疾患別リハ料」は2019年3月末で終了、介護保険への移行完了―中医協総会(1)

 
妊産婦の診療に積極的な医師、適切な要件下で診療報酬での評価に期待―妊産婦保健医療検討会
 
 
鈴木医務技監・迫井医療課長がGHC改定セミナーに登壇!「重症患者受け入れ」に軸足を置いた入院報酬に!

200床以上で看護必要度II要件を満たさない場合、急性期一般入院料2・3は届出可能か―厚労省
DPCのEF統合ファイル用いる看護必要度II、選択可能な病院の条件を提示―厚労省

2018年度診療報酬改定、答申内容を一部訂正―厚労省
【2018年度診療報酬改定答申・速報6】がん治療と仕事の両立目指し、治療医と産業医の連携を診療報酬で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報5】在総管と施設総管、通院困難患者への医学管理を上乗せ評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
【2018年度診療報酬改定答申・速報3】かかりつけ機能持つ医療機関、初診時に80点を加算
【2018年度診療報酬改定答申・速報2】入院サポートセンター等による支援、200点の【入院時支援加算】で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報1】7対1と10対1の中間の入院料、1561点と1491点に設定

 
療養病棟に入院する医療区分3の患者、退院患者の8割弱が「死亡」退院―入院医療分科会(2)
入退院支援加算1の「病棟への入退院支援スタッフ配置」要件、緩和すべきか―入院医療分科会(1)
介護医療院の整備など進め、患者・家族の「退院後の介護不安」解消を図るべき―入院医療分科会(2)
急性期一般1では小規模病院ほど認知症入院患者が多いが、看護必要度への影響は―入院医療分科会(1)
看護必要度IとIIとで重症患者割合に大きな乖離、要因を詳しく分析せよ―中医協・基本小委
自院の急性期患者の転棟先として、地域包括ケア病棟を選択することは「問題」なのか―入院医療分科会(2)
7対1から急性期2・3への移行は3%強にとどまる、看護必要度IIの採用は2割弱―入院医療分科会(1)
2020年度改定、入院医療では「救急」や「認知症対策」なども重要論点に—入院医療分科会(2)
DPC対象病院の要件を見直すべきか、入院日数やDPC病床割合などに着目して検討―入院医療分科会(1)
2018年度改定で新設された【急性期一般入院料1】を選択する理由はどこにあるのか―入院医療分科会
2020年度の次期診療報酬改定に向け、急性期一般入院料や看護必要度などを調査―入院医療分科会

 
公立・公的等病院の「再編・統合」、地域医療提供体制の在り方全体をまず議論せよ―地域医療構想ワーキング
公立・公的病院等の再編・統合、国が「直接支援」する重点地域を2019年夏に策定―厚労省・医療政策研修会
公立・公的病院等の機能改革、「医師働き方改革」「医師偏在対策」と整合する形で進めよ―地域医療構想ワーキング(1)
公立病院等、診療実績踏まえ「再編統合」「一部機能の他病院への移管」を2019年夏から再検証―地域医療構想ワーキング
公立病院等の機能、▼代表的手術の実績▼患者の重症度▼地理的状況―の3点で検討・検証せよ―地域医療構想ワーキング
CT・MRIなどの高額機器、地域の配置状況を可視化し、共同利用を推進―地域医療構想ワーキング(2)
主要手術の公民比率など見て、構想区域ごとに公立・公的等病院の機能を検証―地域医療構想ワーキング(1)
公立・公的病院の機能分化、調整会議での合意内容の適切性・妥当性を検証―地域医療構想ワーキング
地域医療構想調整会議、多数決等での機能決定は不適切―地域医療構想ワーキング
大阪府、急性期度の低い病棟を「地域急性期」(便宜的に回復期)とし、地域医療構想調整会議の議論を活性化—厚労省・医療政策研修会
地域医療構想調整会議、本音で語り合うことは難しい、まずはアドバイザーに期待―地域医療構想ワーキング(2)
公立・公的病院と民間病院が競合する地域、公立等でなければ担えない機能を明確に―地域医療構想ワーキング(1)
全身管理や救急医療など実施しない病棟、2018年度以降「急性期等」との報告不可―地域医療構想ワーキング(2)
都道府県ごとに「急性期や回復期の目安」定め、調整会議の議論活性化を―地域医療構想ワーキング(1)

都道府県担当者は「県立病院改革」から逃げてはいけない―厚労省・医療政策研修会

 
1860時間までの時間外労働可能なB水準病院等、どのような手続きで指定(特定)すべきか―医師働き方改革推進検討会
医師・看護師等の宿日直、通常業務から解放され、軽度・短時間業務のみの場合に限り許可―厚労省
上司の指示や制裁等がなく、勤務医自らが申し出て行う研鑽は労働時間外―厚労省

医師働き方の改革内容まとまる、ただちに全医療機関で労務管理・労働時間短縮進めよ―医師働き方改革検討会

医師の時間外労働上限、医療現場が「遵守できる」と感じる基準でなければ実効性なし―医師働き方改革検討会
研修医等の労働上限特例(C水準)、根拠に基づき見直すが、A水準(960時間)目指すわけではない―医師働き方改革検討会(2)
「特定医師の長時間労働が常態化」している過疎地の救急病院など、優先的に医師派遣―医師働き方改革検討会(1)

Pocket