上司の指示や制裁等がなく、勤務医自らが申し出て行う研鑽は労働時間外―厚労省



Pocket

 勤務医が自らの技能向上などのために、所定労働時間外に行う「研鑽」は、本来業務等と直接の関連性なく、かつ、上司の指示なく、自発的に行われる場合には労働時間に該当しない。その旨を明確にするために、各医療機関で「研鑽の手続き」などを定めておくことが求められる。また、明示・黙示を問わず、上司の指示があれば本来業務等と直接関連のない研鑽であっても労働時間に該当する―。

 厚生労働省は7月1日に通知「医師の研鑽に係る労働時間に関する考え方について」を発出し、こうした点を明らかにしました。

上司の指示等があれば、本来業務の関連性ない研鑽も労働時間に該当する

 厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」(検討会)が3月末(2019年3月末)に報告書をとりまとめ、次のような方針を明確にしました(関連記事はこちら)。

▽2024年4月から「医師の時間外労働上限」を適用し、原則として年間960時間以下とする(すべての医療機関で960時間以下を目指す)(いわゆるA水準)

▽ただし、「3次救急病院」や「年間に救急車1000台以上を受け入れる2次救急病院」など地域医療確保に欠かせない機能を持つ医療機関で、労働時間短縮等に限界がある場合には、期限付きで医師の時間外労働を年間1860時間以下までとする(いわゆるB水準)

▽また研修医など短期間で集中的に症例経験を積む必要がある場合には、時間外労働を年間1860時間以下までとする(いわゆるC水準)

▽2024年4月までの5年間、全医療機関で「労務管理の徹底」(いわゆる36協定の適切な締結など)、「労働時間の短縮」(タスク・シフティングなど)を進める
医師働き方改革検討会1 190328

医師働き方改革検討会2 190328

 
 ところで、医師・医療における特殊性の1つとして「日々進歩する技術を、医師個人が獲得していかなければならない」という点があり、「労働」と「自己研鑽」とが混在している実態があります。これを放置し「労働と研鑽」を一体として労働時間にカウントしてしまえば、▼意欲の高い医師の研鑽が制限されてしまう▼医療機関にとっては十分な労働力を確保できなくなる―などのさまざまな弊害があります。

 そこで検討会では、▼勤務医が時間外に行う症例検討や術式の検討などについて、労働か研鑽かを明確にする▼研鑽について、外形的にも「研鑽中」と判断できるように、例えば上司が「研鑽を行う」旨を確認した上で「通常と異なる場で研鑽を行う」「白衣の着用を避ける」などし、「労働時間」との混同を避けるような取り組みを考える―方針を決定(関連記事はこちら)。厚労省がこの方針に沿い、今般、具体的な考え方を示したものです。

 まず、所定労働時間「内」に、勤務医が、使用者に指示された勤務場所(院内等)で研鑽を行う場合、その研鑽時間は「労働時間」となります。

 問題となるのは、所定労働時間「外」の研鑽の取り扱いです。この点、厚労省は次のような一般的な考え方を示しました。

▽診療等の本来業務と直接の関連性なく、かつ、上司の指示(明示・黙示を問わず、以下同)なく行われる限り、在院して行う場合であっても、一般的に労働時間に該当しない

▽研鑽が、上司の指示によって行われる場合には、所定労働時間外でも、診療等の本来業務と直接の関連性なく行われるものでも、一般的に労働時間に該当する

 
 さらに、具体的な研鑽の類型ごとに「労働時間に該当するのか、しないのか」の考え方を次のように示しています。

(1)一般診療における新たな知識、技能の習得のための学習(診療ガイドラインの勉強、新治療法や新薬の勉強、自らが術者等である手術や処置等の予習や振り返り、シミュレーターを用いた手技の練習など)

→▼業務上必須ではない行為を▼自由な意思に基づき▼所定労働時間外に▼自ら申し出て▼上司の指示なく―行う時間は、在院して行う場合でも、一般的に労働時間に該当しない。

ただし、「診療の準備」「診療に伴う後処理として不可欠なもの」は 労働時間に該当する。

 
(2)学位取得するための研究・論文作成や、専門医取得のための症例研究・論文作成(学会や外部勉強会への参加・発表準備、院内勉強会への参加・発表準備、本来業務とは区別された臨床研究に係る診療データの整理・症例報告の作成・論文執筆、大学院の受験勉強、専門医の取得や更新に係る症例報告作成・講習会受講等など)

→「上司や先輩医師から論文作成等を奨励されている」などの事情があっても、▼業務上必須ではない行為を▼自由な意思に基づき▼所定労働時間外に▼自ら申し出て▼上司の指示なく―行う時間は、在院して行う場合でも、一般的に労働時間に該当しない。

ただし、「研鑽の不実施につい不利益(就業規則上の制裁など)が課され、実施を余儀なくされている場合」や「研鑽が業務上必須である場合」「上司が指示して行わせる場合」は、労働時間に該当する

【労働時間に該当しないケース例】(上司等から症例されていても自由意思による研鑽と考えられるケース)
▼勤務先の医療機関が主催する勉強会だが、自由参加である
▼学会等への参加・発表や論文投稿が勤務先の医療機関に割り当てられているが、勤務医個人への割当はない
▼研究を本来業務としない勤務医が、院内の臨床データ等を利用し、院内で研究活動を行っているが、その研究は、上司に命じられておらず自主的に行っている

 
(3)手技向上のための手術見学(手術・処置等の見学の機会の確保や症例経験を蓄積するために、所定労働時間外に見学を行うこと、見学の延長上で診療・診療の補助を行う場合など)

→「上司や先輩である医師から奨励されている」などの事情があっても、▼業務上必須ではない見学を▼自由な意思に基づき▼所定労働時間外に▼自ら申し出て▼上司の指示なく―行う場合、当該見学やそのための待機時間は、在院して行っていても、一般的に労働時間に該当しない。

 ただし、「見学中に診療を行った」場合は、当該診療を行った時間は労働時間に該当し、また「見学中に診療を行うことが慣習化、常態化している」場合は、「見学の時間すべて」が労働時間に該当する。

労働時間に該当しない研鑽を行う場合の手続きなど、医療機関で明確化を

 また医療機関には、「研鑽が労働時間に該当するのか、しないのか」を明確にするために▼手続き▼環境―を整備することが求められます。1つ1つの研鑽を、都度「労働か否か」と判断するのではなく、「こういった場合には労働時間に該当する」「こういう手続きを踏んでいれば労働時間に該当しない」と事前に労働者である勤務医に示しておく必要があるのです。

まず「研鑽」について、▼業務との関連性▼制裁等の不利益の有無▼上司の指示の範囲―を明確化する手続きを講じておくことが求められます。

厚労省は、「勤務医が労働に該当しない研鑽を行う」場合には、勤務医が自らその旨を上司に申し出るとともに、上司はその勤務医との間で、その研鑽に関し▼本来業務および本来業務に不可欠な準備・後処理のいずれにも該当しない▼研鑽を行わなくとも制裁等の不利益はない▼上司は研鑽を行うよう指示しておらず、かつ、研鑽開始時点で「本来業務および本来業務に不可欠な準備・後処理」は終了しており、勤務医はそれらの業務から離れてよい―ことを確認する、ことなどが考えられると例示しています。

さらに、こうした手続きが適切に運用されるよう、医療機関は、次のような措置を講じることが望まれます。

▽突発的な必要性が生じた場合を除き、診療等の通常業務への従事を指示しない

▽▼院内に勤務場所と別に「労働に該当しない研鑽を行う場所」を設ける▼「労働に該当しない研鑽を行う場合は、白衣を着用せずに行うこととする―などにより、「通常勤務でないことが外形的に明確に見分けられる」措置を講ずる。また、「手術・処置の見学」などででは、その性質上、場所や服装が限定されるが、こうした場合は「研鑚を行う医師が診療体制に含まれていない」ことを明確化しておくことが求められる

▽医療機関ごとに、▼研鑽に対する考え方▼所定労働時間外に、在院して「労働に該当しない研鑽を行う」ための手続き▼「労働に該当しない研鑽を行う場合には診療体制に含めない」などの取扱いを明確化し、書面等に示す―ことが求められる

▽上記書面等を、上司のみでなく、研鑽を行うことが考えられる勤務医、他職種も含めた院内職員に周知し、必要な手続きの履行を確保する

▽こうした手続きをとった場合、▼勤務医本人からの申出への確認▼当該勤務医への指示―に関する記録を保存する(労働基準法では、労働関係に関する重要書類を3年間保存することが求められていることを参考にする)

 
なお、厚労省は同日に通知「医師等の宿日直許可基準及び医師の研鑽に係る労働時間に関する考え方についての運用に当たっての留意事項について」も発出しており、そこでは、▼上司は、研鑽と業務との関連性を判断するに当たり、その勤務医の経験、担当する外来業務や入院患者等に係る診療の状況、その勤務医に求められる医療提供の水準等を踏まえ、現在の業務上必須かどうかを対象勤務医ごとに個別に判断する▼手続きは、勤務医があらかじめ月間の研鑽計画を作成して上司の承認を得ておき、日々の管理は通常の残業申請と一体的に「計画に基づいた研鑽を行うために在院する」旨を申請する形で行うことも考えられる▼手続きは、「勤務医からの申し出を事務職が担当者として受け入れ、上司の確認を得る」形も考えられる▼学会出席等のための「旅費等の支弁」は、労働時間該当性の判断に直接関係しない▼研修や勉強会へ医師以外の職種が参加する場合であっても、労働時間該当性の判断に直接関係しない―ことなどを示しています。
 

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

医師働き方の改革内容まとまる、ただちに全医療機関で労務管理・労働時間短縮進めよ―医師働き方改革検討会

医師の時間外労働上限、医療現場が「遵守できる」と感じる基準でなければ実効性なし―医師働き方改革検討会
研修医等の労働上限特例(C水準)、根拠に基づき見直すが、A水準(960時間)目指すわけではない―医師働き方改革検討会(2)
「特定医師の長時間労働が常態化」している過疎地の救急病院など、優先的に医師派遣―医師働き方改革検討会(1)

研修医や専攻医、高度技能の取得希望医師、最長1860時間までの時間外労働を認めてはどうか―医師働き方改革検討会(2)
救急病院などの時間外労働上限、厚労省が「年間1860時間以内」の新提案―医師働き方改革検討会(1)
勤務員の健康確保に向け、勤務間インターバルや代償休息、産業医等による面接指導など実施―医師働き方改革検討会(2)
全医療機関で36協定・労働時間短縮を、例外的に救急病院等で別途の上限設定可能―医師働き方改革検討会(1)
勤務医の時間外労働上限「2000時間」案、基礎データを精査し「より短時間の再提案」可能性も―医師働き方改革検討会
地域医療構想・医師偏在対策・医師働き方改革は相互に「連環」している―厚労省・吉田医政局長
勤務医の年間時間外労働上限、一般病院では960時間、救急病院等では2000時間としてはどうか―医師働き方改革検討会
医師働き方改革論議が骨子案に向けて白熱、近く時間外労働上限の具体案も提示―医師働き方改革検討会
勤務医の働き方、連続28時間以内、インターバル9時間以上は現実的か―医師働き方改革検討会
勤務医の時間外労働の上限、健康確保策を講じた上で「一般則の特例」を設けてはどうか―医師働き方改革検討会
勤務医の時間外行為、「研鑽か、労働か」切り分け、外形的に判断できるようにしてはどうか―医師働き方改革検討会
医師の健康確保、「労働時間」よりも「6時間以上の睡眠時間」が重要―医師働き方改革検討会
「医師の自己研鑽が労働に該当するか」の基準案をどう作成し、運用するかが重要課題―医師働き方改革検討会(2)
医師は応召義務を厳しく捉え過ぎている、場面に応じた応召義務の在り方を整理―医師働き方改革検討会(1)
「時間外労働の上限」の超過は、応召義務を免れる「正当な理由」になるのか―医師働き方改革検討会(2)
勤務医の宿日直・自己研鑽の在り方、タスクシフトなども併せて検討を―医師働き方改革検討会(1)
民間生保の診断書様式、統一化・簡素化に向けて厚労省と金融庁が協議―医師働き方改革検討会(2)
医師の労働時間上限、過労死ライン等参考に「一般労働者と異なる特別条項」等設けよ―医師働き方改革検討会(1)

医師の働き方改革、「将来の医師の資質」なども勘案した議論を―社保審・医療部会(1)
勤務医の時間外労働上限、病院経営や地域医療確保とのバランスも考慮―医師働き方改革検討会 第7回(2)
服薬指導や診断書の代行入力、医師でなく他職種が行うべき―医師働き方改革検討会 第7回(1)
業務移管など「勤務医の労働時間短縮策」、実施に向けた検討に着手せよ―厚労省

【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
医師事務作業補助体制加算、より実効ある「負担軽減」策が要件に―中医協総会 第387回(2)
非常勤医師を組み合わせて「常勤」とみなす仕組みを拡大へ—中医協総会(2)

医師の労働時間規制、働き方を変える方向で議論深める―医師働き方改革検討会(2)
勤務医の負担軽減目指し、業務移管など緊急に進めよ―医師働き方改革検討会(1)
タスク・シフティングは段階的に進める方向で議論―医師働き方改革検討会
医師の勤務実態を精緻に調べ、業務効率化方策を検討―医師働き方改革検討会
罰則付き時間外労働規制、応召義務踏まえた「医師の特例」論議スタート—医師働き方改革検討会
医師への時間外労働規制適用に向けて検討開始、診療報酬での対応も視野に—厚労省
医師も「罰則付き時間外労働の上限規制」の対象とするが、医療の特殊性も検討―働き方改革

医療・介護従事者の意思なども反映した供給体制の整備を—働き方ビジョン検討会

 
医師偏在対策を了承、各都道府県で2019年度に医師確保計画を策定し、20年度から実行―医療従事者の需給検討会
医師偏在対策まとまる、2019年度に各都道府県で「医師確保計画」定め、2020年度から稼働―医師需給分科会(2)
産科医が最少の医療圏は北海道の北空知(深川市等)と留萌、小児科では埼玉県の児玉(本庄市等)―医師需給分科会(1)
2036年の医療ニーズ充足には、毎年、内科2946名、外科1217名等の医師養成が必要―医師需給分科会(3)
2036年には、各都道府県・2次医療圏でどの程度の医師不足となるのか、厚労省が試算―医師需給分科会(2)
最も医師少数の2次医療圏は「北秋田」、最多数は「東京都区中央部」で格差は10.9倍―医師需給分科会(1)

「将来においても医師少数の都道府県」、臨時定員も活用した地域枠等の設置要請が可能―医師需給分科会(3)
医師数順位が下位3分の1の地域を「医師少数区域」とし、集中的に医師派遣等進める―医師需給分科会(2)
「医師少数区域等での勤務」認定制度、若手医師は連続6か月以上、ベテランは断続勤務も可―医師需給分科会(1)
外来医師が多い地域で新規開業するクリニック、「在宅医療」「初期救急」提供など求める―医師需給分科会
将来、地域医療支援病院の院長となるには「医師少数地域等での6-12か月の勤務」経験が必要に―医師需給分科会
入試要項に明記してあれば、地域枠における地元の「僻地出身者優遇」などは望ましい―医師需給分科会(2)
医師多数の3次・2次医療圏では、「他地域からの医師確保」計画を立ててはならない―医師需給分科会(1)
「必要な医師数確保」の目標値達成に向け、地域ごとに3年サイクルでPDCAを回す―医師需給分科会(2)
2036年に医師偏在が是正されるよう、地域枠・地元枠など設定し医師確保を進める―医師需給分科会
新たな指標用いて「真に医師が少ない」地域を把握し、医師派遣等を推進―医師需給分科会

 
公立病院等、診療実績踏まえ「再編統合」「一部機能の他病院への移管」を2019年夏から再検証―地域医療構想ワーキング
公立病院等の機能、▼代表的手術の実績▼患者の重症度▼地理的状況―の3点で検討・検証せよ―地域医療構想ワーキング
CT・MRIなどの高額機器、地域の配置状況を可視化し、共同利用を推進―地域医療構想ワーキング(2)
主要手術の公民比率など見て、構想区域ごとに公立・公的等病院の機能を検証―地域医療構想ワーキング(1)
公立・公的病院の機能分化、調整会議での合意内容の適切性・妥当性を検証―地域医療構想ワーキング
地域医療構想調整会議、多数決等での機能決定は不適切―地域医療構想ワーキング
大阪府、急性期度の低い病棟を「地域急性期」(便宜的に回復期)とし、地域医療構想調整会議の議論を活性化—厚労省・医療政策研修会
地域医療構想調整会議、本音で語り合うことは難しい、まずはアドバイザーに期待―地域医療構想ワーキング(2)
公立・公的病院と民間病院が競合する地域、公立等でなければ担えない機能を明確に―地域医療構想ワーキング(1)
全身管理や救急医療など実施しない病棟、2018年度以降「急性期等」との報告不可―地域医療構想ワーキング(2)
都道府県ごとに「急性期や回復期の目安」定め、調整会議の議論活性化を―地域医療構想ワーキング(1)

都道府県担当者は「県立病院改革」から逃げてはいけない―厚労省・医療政策研修会

学識者を「地域医療構想アドバイザー」に据え、地域医療構想論議を活発化―地域医療構想ワーキング(2)
再編・統合も視野に入れた「公立・公的病院の機能分化」論議が進む―地域医療構想ワーキング(1)
2018年度の病床機能報告に向け、「定量基準」を導入すべきか―地域医療構想ワーキング
2025年に向けた全病院の対応方針、2018年度末までに協議開始―地域医療構想ワーキング
公的病院などの役割、地域医療構想調整会議で「明確化」せよ—地域医療構想ワーキング
急性期病棟、「断らない」重症急性期と「面倒見のよい」軽症急性期に細分―奈良県
「入院からの経過日数」を病棟機能判断の際の目安にできないか―地域医療構想ワーキング(1)
急性期の外科病棟だが、1か月に手術ゼロ件の病棟が全体の7%—地域医療構想ワーキング(2)
公的病院や地域医療支援病院、改革プラン作成し、今後の機能など明確に—地域医療構想ワーキング(1)
新規開設や増床など、許可前から機能などを把握し、開設時の条件などを検討—地域医療構想ワーキング
本年度(2017年度)の病床機能報告から、患者数の報告対象期間を1年間に延長—地域医療構想ワーキング(3)
大学病院の一部、「3000点」が高度急性期の目安と誤解、機能を勘案した報告を—地域医療構想ワーキング(2)
7対1病棟は高度急性期・急性期、10対1病棟は急性期・回復期との報告が基本に—地域医療構想ワーキング(1)
地域医療構想出揃う、急性期の必要病床数は40万632床、回復期は37万5246床—地域医療構想ワーキング(3)
病院の急性期度をベンチマーク分析できる「急性期指標」を報告—地域医療構想ワーキング(2)
循環器内科かつ高度急性期にも関わらず、PTCAを1度も実施していない病院がある—地域医療構想ワーキング(1)

医師の働き方改革、診療報酬で対応できる部分も少なくない。医師増員に伴う入院基本料引き上げも検討を―四病協
オンコール時間を労働時間に含めるのか、副業等の労働時間をどう扱うのか、早急に明確化を―日病・相澤会長(1)

2020年度診療報酬改定に向け、「医師働き方改革」等のテーマ別や患者の年代別に課題を議論―中医協総会

日病が「特定行為研修を修了した看護師」の育成拡大をサポート―日病・相澤会長(2)
医師の働き方改革に向け、特定行為研修修了看護師の拡充や、症例の集約など進めよ―外保連

Pocket