有床診の減少スピード加速続く、2019年9月に9万床を、19年末に6500施設を割る可能性大―医療施設動態調査(2019年4月)



Pocket

 有床診療所の減少スピードは、昨年(2018年)9-11月分のデータを見る限り「鈍化」が伺えたが、2018年12月-今年(2019年)4月分のデータを見ると、確実に「減少スピードが再びアップ」している。現在のペースが続けば、2019年9月にベッド数9万床を切り、19年末に施設数は6500を割る可能性が高い—。

 こうした状況が、厚生労働省が6月27日に公表した医療施設動態調査(2019年4月末概数)から明らかになりました(厚労省のサイトはこちら)。
医療施設動態調査(2019年4月)1 190627
 

有床診の施設数、1か月当たり30施設程度のペースで減少

 厚労省は、毎月末の病院・診療所の施設数・病床数を「医療施設動態調査」として公表しています(前月末の状況はこちら、前々月末の状況はこちら、さらにその前の月末の状況はこちら)。

 今年(2019年)4月末の状況を見ると、全国の医療施設は17万9110施設で、前月末から61施設の増加となりました。うち病院の施設数は、前月末から15施設減少し、8327施設となりました。病院の種類別に見てみると、▼一般病院:7272施設(前月から15施設減少)▼精神科病院:1055施設(同増減なし)—などという状況です。また一般病院のうち、「療養病床を有する病院」は3688施設で前月末から15施設減少、「地域医療支援病院」は576施設で前月末からの1施設増加しています。

なお地域医療支援病院については、現在、厚労省の「特定機能病院及び地域医療支援病院のあり方に関する検討会」において承認要件見直し論議が進められており、「地域(都道府県)の判断で、医師の少ない地域への医師派遣実施などのプラスアルファ要件を追加できる」方向が固まっています(関連記事はこちら)。

 
 一方、医科診療所は10万2298施設で、前月末から96施設増加しています。無床の医科診療所は増加(前月末から140施設増加)している一方で、有床診療所は前月末から44施設減少し、6730施設となりました。
 
 有床診療所の施設数は、2年前(2017年4月末)には7426(厚労省のサイトはこちら)、1年前(2018年4月末)には7095(厚労省のサイトはこちら)であったことから、2017年4月末から2018年4月末までの1年間で331施設減少、さらに今年(2019年)4月末までの1年間で365施設減少しています。有床診療所の施設数は、2018年4月末以降、次のように推移しています。

▼2018年4月末:7095施設

 ↓(21施設減)

▼2018年5月末:7074施設

 ↓(78施設減、再集計後)

▼2018年6月末:6996施設(再集計後)

 ↓(28施設減)

▼2018年7月末:6968施設

 ↓(20施設減)

▼2018年8月末:6948施設

 ↓(14施設減)

▼2018年9月末:6934施設

 ↓(25施設減)

▼2018年10月末:6909施設

 ↓(16施設減)

▼2018年11月末:6893施設

 ↓(26施設減)

▼2018年12月末:6867施設

 ↓(31施設減)

▼2019年1月末:6836施設

 ↓(30施設減)

▼2019年2月末:6806施設

 ↓(32施設減)

▼2019年3月末:6774施設

↓(44施設減)

▼2019年4月末:6730施設

 
 この1年間は、1か月当たり「30施設強」のペースで減少が続いています。2018年9-11月では減少スピードが一時落ちましたが、2018年11月以降、再度減少スピードアップしていることが確認できます。このペースが続くと仮定すれば、今年(2019年)12月末に6500施設を割る計算です(先月までと同じ減少ペース)。

有床診のベッド数、1か月当たり410床程度のペースで減少

 次に医療施設の病床数(ベッド数)に目を移してみましょう。

医療施設全体のベッド数は、今年(2019年)4月末には162万7346床で、前月末から4400床の大幅減少となりました。うち病院の病床数は153万5358床で、前月末から3731床の大幅減となっています。

医療法上の病床種類別に見ると、▼一般病床:88万9430床(前月末から857床減少)▼療養病床:31万1735床(同2352床減少)▼精神病床:32万7839床(同327床減)—などとなりました。

療養病床の大幅減の背景には、2018年度の介護報酬改定で単位数や構造設備基準・人員配置基準などが設けられた「介護医療院」(医療・介護・住まいの3機能を併せ持つ新たな介護保険施設)への転換などが関係していると考えられます。ただし、今年(2019年)3月末までに医療療養から介護医療院へ転換した病床数(病院)は1555床にとどまっており、詳しく分析する必要があるでしょう(関連記事はこちら)。

 
 また有床診療所の病床数は前月末から669床減少し、9万1930床となりました。2年前(2017年4月末)には10万873床(厚労省のサイトはこちら)、1年前(2018年4月末)には9万6856床(厚労省のサイトはこちら)であったことから、2017年4月末から2018年4月末までの1年間で4017床減少、さらに今年(2019年)4月末までの1年間で4926床減少しています。2018年4月末以降、有床診のベッド数は次のように推移しています。

▼2018年4月末:9万6856床

 ↓(276床減)

▼2018年5月末:9万6580床

 ↓(969床減、再集計後)

▼2018年6月末:9万5611床(再集計後)

 ↓(296床減)

▼2018年7月末:9万5315床

 ↓(286床減)

▼2018年8月末:9万5029床

 ↓(176床減)

▼2018年9月末:9万4853床

 ↓(352床減)

▼2018年10月末:9万4501床

 ↓(231床減)

▼2018年11月末:9万4270床

 ↓(374床減)

▼2018年12月末:9万3896床

 ↓(379床減)

▼2019年1月末:9万3517床

 ↓(448床減)

▼2019年2月末:9万3069床

 ↓(470床減)

▼2019年3月末:9万2599床

 ↓(669床減)

▼2019年4月末:9万1930床

 
 この1年間では、1か月当たり410床強のペースで減少が続いており、減少ペースが再度アップしていることが分かります。このペースが継続すると仮定すれば、今年(2019年)9月末には9万床を切ることになります(先月までと同じペース)。

 
 厚労省は、2018年度の診療報酬・介護報酬同時改定論議において、有床診療所を(1)専門特化型(2)地域包括ケア型―の大きく2類型に分け、後者の「地域包括ケア型」について「過疎地などにおける入院医療の重要な支え手(地域包括ケアシステムの重要な担い手)であるものの、経営が厳しく、存続が困難」といった課題に直面していることを重視。

この課題を解決し、有床診の経営を下支えするために、次のような報酬見直しを行いました(関連記事はこちらこちら)。
 
▼診療報酬での対応:介護サービスを提供する有床診では、高い入院基本料(入院基本料1-3)の要件を緩和し、さらに要介護者の受け入れを【介護連携加算】(新設、1日につき38点または192点)として評価する
 
▼介護報酬での対応:利用者専用病床を1床確保すれば、看護小規模多機能型居宅介護の「宿泊室」の設備基準を満たしているものとみなす
 
 2018年9-11月分のデータからは、2018年度改定の効果が現れ、有床診の減少に「若干のブレーキ」がかかったように見えました(関連記事はこちらこちらこちら)。しかし、2018年12月-2019年4月分データでは「ブレーキが外れ、さらにアクセルが踏まれた」と考えられます(関連記事はこちらこちらこちらこちら)。

有床診の重要性は上記のとおりですが、経営を下支えするために診療報酬等で何ができるのか、こうしたデータも踏まえ、2020年度の次期診療報酬改定に向けて中央社会保険医療協議会でさまざまな角度から議論していくことが必要でしょう。

病院病床の減少ペースがさらに加速
病院病床の減少ペースがさらに加速
療養病床の減少ペースも加速
療養病床の減少ペースも加速

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

有床診の減少スピードさらに加速、2019年9月にも9万床を割る可能性―医療施設動態調査(2019年3月)
有床診の減少スピードアップ、2019年10月にも9万床を割る可能性大―医療施設動態調査(2019年2月)
有床診の減少スピードが再び上昇、2019年11月には9万床を割る可能性大―医療施設動態調査(2019年1月)
有床診の減少スピード、再び上昇に転じる―医療施設動態調査(2018年12月)
有床診減少スピードは確実に鈍化、2018年度改定の効果か―医療施設動態調査(2018年11月)
有床診の減少スピードにやはりブレーキ、2018年度改定の効果か―医療施設動態調査(2018年10月)
有床診、2018年度改定の効果か、2018年9月末には減少スピードに若干のブレーキ―医療施設動態調査(2018年9月)
有床診、2018年8月末で6948施設に、19年10月には6500施設割れの可能性も―医療施設動態調査(2018年8月)
有床診、実は2018年6月末で7000施設を割っていた―医療施設動態調査(2018年7月)
有床診の減少スピードがアップ、7043床・9万6134床に―医療施設動態調査(2018年6月)
有床診の減少止まらず、すでに7000施設を割っている可能性も、療養病床も減少傾向―医療施設動態調査(2018年5月)
新年度に入り有床診の減少ペース早まる、2018年8月には7000施設を割る可能性―医療施設動態調査(2018年4月)
有床診の減少、ベッド減少ペースは若干緩むが、施設減少ペース変わらず―医療施設動態調査(2018年3月)
有床診、2018年1月末から2月末にかけ28施設・380床の減少―医療施設動態調査(2018年2月)
有床診、2018年1月末で7194施設・9万8111床に減少―医療施設動態調査(2018年1月)
有床診、2017年末で7218施設・9万838床に減少―医療施設動態調査(2017年12月)
有床診療所の減少続く、2018年度同時改定で歯止めがかかるのか―医療施設動態調査(2017年11月)
有床診療所の減少が加速、病床数は9万8843床に―医療施設動態調査(2017年10月)
有床診療所の減少に歯止めかからず、2018年度改定の効果に期待集まる―医療施設動態調査(2017年9月)
有床診療所、ついに集計結果でも10万床を割る―医療施設動態調査(2017年8月)
有床診療所は10万19床、現時点で10万床割れは確実―医療施設動態調査(2017年7月)
有床診療所、現時点で10万床を割っている可能性大―医療施設動態調査(2017年6月)
有床診、2017年5月末に10万466床、7月に10万床切るペースで減少―医療施設動態調査(2017年5月)
有床診、新年度から減少ペース早まり、今年(2017年)7月に10万床切る―医療施設動態調査(2017年4月)
有床診、現在の減少ペース続けば、今年(2017年)8月に10万床切る―医療施設動態調査(2017年3月)
2017年2月、有床診は7500施設を切り7485施設に、ベッド数は10万1697床に―医療施設動態調査(2017年2月)
2016年以降、有床診は月間26施設・320床のペースで減少―医療施設動態調査(2017年1月)
有床診療所、前月に比べて施設数は25、ベッド数は287減少―医療施設動態調査(2016年12月)
有床診療所、前月に比べて施設数は30、ベッド数は367減少―医療施設動態調査(2016年11月)
一般病床数、療養病床数ともに2か月連続で3桁の減少―医療施設動態調査(2016年10月)
一般病床数、療養病床数ともに3桁の減少―医療施設動態調査(2016年9月)
有床診療所の施設数・ベッド数の減少ペースがやや鈍化―医療施設動態調査(2016年8月)
一般病床数は前月比336床増加の一方で、療養病床数は252床減少―医療施設動態調査(2016年7月)
一般病床の平均在院日数は16.5日、病床利用率は75.0%に―2015年医療施設動態調査
一般病床数は前月比977床の大幅増、精神病床は237床減―医療施設動態調査(2016年5月)
一般病床数は前月比379床増、精神病床は551床減、2016年度改定との関連の分析が必要―医療施設動態調査(2016年4月)
一般病床数が前月比1135床減、2か月連続で千床台の大幅減―医療施設動態調査(2016年3月)
一般病床数が前月から1299床の大幅減、今後の動向に注目集まる―医療施設動態調査(2016年2月)
病院の一般病床数が前月から726床減少、無床のクリニックも減少―医療施設動態調査(2016年1月)
有床診の減少止まらず7864施設に、2016年度診療報酬改定の効果のほどは?―医療施設動態調査(15年12月)
有床診の減少止まらず、2015年11月には7905施設・10万6890床に―医療施設動態調査(15年11月)
有床診の減少、依然続く、2015年10月には7927施設・10万7210床に―医療施設動態調査(15年10月)
有床診の減少止まらず、2016年度改定での対応に注目集まる―医療施設動態調査(15年9月)
有床診療所、ついに8000施設を切る―医療施設動態調査(15年8月)
病院の病床数、15年5月には156万7636床に―医療施設動態調査

内科などの有床診療所、より柔軟に介護サービス提供可能に―中医協総会(2)
「有床診の介護参入」や「療養病床の転換」促す運営基準見直し案を了承―第154回介護給付費分科会(1)
病床過剰地域での有床診開設特例、調整会議で事前審査を―地域医療構想・在宅医療ワーキング(1)

 
2020年度診療報酬改定に向け、「医師働き方改革」等のテーマ別や患者の年代別に課題を議論―中医協総会
東日本大震災を受けた診療報酬の被災地特例、福島では継続するが、宮城・岩手は最長2021年3月で終了―中医協総会(2)

 
介護医療院は2019年3月末で150施設・1万28床、大型施設の転換も―厚労省

 
特定機能病院に「第三者評価受審と指摘事項の公表」求めてはどうか、特定機能病院側は「厳しい」と反論―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(2)
地域医療支援病院、「医師の少ない地域」支援をプラスアルファ要件として設定可能に―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(1)
特定機能病院、国と異なる「プロフェッショナルの第三者」視点での評価受審を義務化してはどうか―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(2)
医師派遣機能、地域医療支援病院の「すべて」には求めるべきではない―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(1)
特定機能病院に第三者評価を義務付けるべきか―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(2)
すべての地域医療支援病院が医師派遣等の医師少数区域支援機能を持つべき―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(1)
地域医療支援病院、「在宅医療支援」「医師派遣」等の機能をどう要件化すべきか―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会
地域医療支援病院の承認要件見直しへ議論開始―厚労省・検討会

 
医師偏在対策を了承、各都道府県で2019年度に医師確保計画を策定し、20年度から実行―医療従事者の需給検討会
医師偏在対策まとまる、2019年度に各都道府県で「医師確保計画」定め、2020年度から稼働―医師需給分科会(2)
産科医が最少の医療圏は北海道の北空知(深川市等)と留萌、小児科では埼玉県の児玉(本庄市等)―医師需給分科会(1)
2036年の医療ニーズ充足には、毎年、内科2946名、外科1217名等の医師養成が必要―医師需給分科会(3)
2036年には、各都道府県・2次医療圏でどの程度の医師不足となるのか、厚労省が試算―医師需給分科会(2)
最も医師少数の2次医療圏は「北秋田」、最多数は「東京都区中央部」で格差は10.9倍―医師需給分科会(1)

「将来においても医師少数の都道府県」、臨時定員も活用した地域枠等の設置要請が可能―医師需給分科会(3)
医師数順位が下位3分の1の地域を「医師少数区域」とし、集中的に医師派遣等進める―医師需給分科会(2)
「医師少数区域等での勤務」認定制度、若手医師は連続6か月以上、ベテランは断続勤務も可―医師需給分科会(1)
外来医師が多い地域で新規開業するクリニック、「在宅医療」「初期救急」提供など求める―医師需給分科会
将来、地域医療支援病院の院長となるには「医師少数地域等での6-12か月の勤務」経験が必要に―医師需給分科会
入試要項に明記してあれば、地域枠における地元の「僻地出身者優遇」などは望ましい―医師需給分科会(2)
医師多数の3次・2次医療圏では、「他地域からの医師確保」計画を立ててはならない―医師需給分科会(1)
「必要な医師数確保」の目標値達成に向け、地域ごとに3年サイクルでPDCAを回す―医師需給分科会(2)
2036年に医師偏在が是正されるよう、地域枠・地元枠など設定し医師確保を進める―医師需給分科会
新たな指標用いて「真に医師が少ない」地域を把握し、医師派遣等を推進―医師需給分科会

 
地域医療構想・医師偏在対策・医師働き方改革は相互に「連環」している―厚労省・吉田医政局長

Pocket