2型糖尿病治療薬メトホルミン含有製剤(メトグルコ等)、中等度の腎機能障害患者へ【慎重投与】可能に―厚労省



Pocket

 メトホルミンを含有する2型糖尿病治療薬(メトグルコ錠、グリコラン錠、メトアナ配合錠、イニシンク配合錠、メタクト配合錠、エクメット配合錠、ほか後発品多数)について、従前、【禁忌】とされていた「中等度の腎機能障害患者」について、最高投与量の減量や定期検査などを条件に【慎重投与】とする―。

 厚生労働省は6月18日に通知「『使用上の注意』の改訂について」を発出し、こうした情報提供を行いました(厚労省のサイトはこちら)。厚労省は製薬メーカーに対して速やかに「使用上の注意」を改訂するよう指示しました。

 
 今般、「使用上の注意」改訂が求められた、メトホルミンを含有する2型糖尿病治療薬は次の6種類です。治療の選択肢が広がったこととなり、薬剤部から院内各部門へ、また調剤薬局から処方元医療機関等へ十分な情報提供を行うことなどが重要です。

 
(1)2型糖尿病の治療に用いる「メトホルミン塩酸塩」(1日最高投与量が2250mgである製剤)(販売名:メトグルコ錠250mg、同500mg、ほか後発品多数)

▽【禁忌】の患者を、▼乳酸アシドーシスの既往がある▼重度の腎機能障害(eGFR:30mL/min/1.73平米未満)がある、または透析(腹膜透析を含む)を実施▼重度の肝機能障害がある▼心血管系、肺機能に高度の障害(ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等)がある、およびその他の低酸素血症を伴いやすい状態にある患者▼脱水症、または脱水状態が懸念される(下痢、嘔吐等の胃腸障害、経口摂取が困難等)▼過度のアルコール摂取―と改める

▽新たに中等度の腎機能障害のある患者について【用法・用量に関する使用上の注意】の項を設け、eGFRが「45mL/min/1.73平米以上、60mL/min/1.73平米未満」の患者では1日最高投与量の目安を1500mgとするとともに、eGFRが「30mL/min/1.73平米以上、45mL/min/1.73平米未満」の患者では1日最高投与量の目安を750mg未満とし、「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合」にのみ投与すること、などを規定する

▽【慎重投与】について、従前は「軽度の腎機能障害」患者とされていたところを、「軽度-中等度の腎機能障害」患者とする

▽【重要な基本的注意】の項について、新たに▼重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、そのリスク因子として「腎機能障害」「肝機能障害」「低酸素血症を伴いやすい状態」「脱水(利尿作用を有する薬剤の併用を含む)」「過度のアルコール摂取」「感染症」「高齢者」等が知られており、特に、脱水、過度のアルコール摂取等により患者の状態が急変することもある▼本剤投与開始前・投与中は定期的に腎機能(eGFR等)・肝機能を確認するとともに、患者の状態に十分注意して投与の適否・投与量の調節を検討する。高齢者等、特に慎重な経過観察が必要な場合には、より頻回に確認する▼発熱、下痢、嘔吐、食事摂取不良等の「体調不良」(シックデイ)の時は脱水状態が懸念され、いったん服用を中止し、医師に相談する▼乳酸アシドーシスの症状(胃腸障害、倦怠感、筋肉痛、過呼吸等)が現れた場合には、直ちに受診する―ことなどを追記する

▽新たな【併用禁忌】:アルコール(過度の摂取)

 
 
(2)2型糖尿病の治療に用いる「メトホルミン塩酸塩」(1日最高投与量が750mgである製剤)(販売名:グリコラン錠250mg、ほか後発品多数)

▽【警告】の項に、従前からの「重篤な乳酸アシドーシス」に関する記述に加え、新たに「腎機能障害・肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与する。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断する」旨の記載を追加する

▽【禁忌】の患者を、▼乳酸アシドーシスの既往がある▼重度の腎機能障害(eGFR:30mL/min/1.73平米未満)がある、または透析(腹膜透析を含む)を実施▼重度の肝機能障害がある▼心血管系、肺機能に高度の障害(ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等)がある、およびその他の低酸素血症を伴いやすい状態にある患者▼脱水症、または脱水状態が懸念される(下痢、嘔吐等の胃腸障害、経口摂取が困難等)▼過度のアルコール摂取―と改め、「高齢者」を削除する(慎重投与とする)

▽新たに【用法・用量に関する使用上の注意】の項を設け、▼eGFRが「30mL/min/1.73平米以上、45mL/min/1.73平米未満」の患者では「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合」にのみ投与する▼効果不十分な場合は1日最高投与量を750mgまで増量できるが、効果を観察しながら徐々に増量し、1日量を1日2-3回に分割投与する▼投与は少量より開始する―ことなどを規定する

▽新たに【慎重投与】の項を設け、▼軽度-中等度の腎機能障害▼軽度-中等度の肝機能障害▼高齢者―を対象とする

▽【重要な基本的注意】の項について、新たに▼重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、そのリスク因子として「腎機能障害」「肝機能障害」「低酸素血症を伴いやすい状態」「脱水(利尿作用を有する薬剤の併用を含む)」「過度のアルコール摂取」「感染症」「高齢者」等が知られており、特に、脱水、過度のアルコール摂取等により患者の状態が急変することもある▼本剤投与開始前・投与中は定期的に腎機能(eGFR等)・肝機能を確認するとともに、患者の状態に十分注意して投与の適否・投与量の調節を検討する。高齢者等、特に慎重な経過観察が必要な場合には、より頻回に確認する▼発熱、下痢、嘔吐、食事摂取不良等の「体調不良」(シックデイ)の時は脱水状態が懸念され、いったん服用を中止し、医師に相談する▼乳酸アシドーシスの症状(胃腸障害、倦怠感、筋肉痛、過呼吸等)が現れた場合には、直ちに受診する―ことなどを追記する

▽新たな【併用禁忌】:アルコール(過度の摂取)

▽【高齢者への投与】の項において、乳酸アシドーシスに関する記述に加え、新たに▼投与開始前・投与中は定期的に、特に慎重な経過観察が必要な場合(75歳以上など)にはより頻回に腎機能や肝機能を確認するなど十分に観察しながら慎重に投与する▼腎機能や脱水症状等患者の状態に十分注意して投与の中止や減量を検討する。とくに75歳以上高齢者では乳酸アシドーシスが多く報告され、予後も不良なことが多いため、本剤投与の適否をより慎重に判断する▼血清クレアチニン値が正常範囲内であっても、年齢によっては実際の腎機能が低下していることがあり、eGFR等も考慮して、慎重に患者の状態を観察する―旨を追記する

 
 
(3)2型糖尿病の治療に用いる「アナグリプチン・メトホルミン塩酸塩」(販売名:メトアナ配合錠LD、同HD)

▽【禁忌】の患者を、▼乳酸アシドーシスの既往がある▼重度の腎機能障害(eGFR:30mL/min/1.73平米未満)がある、または透析(腹膜透析を含む)を実施▼重度の肝機能障害がある▼心血管系、肺機能に高度の障害(ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等)がある、およびその他の低酸素血症を伴いやすい状態にある患者▼脱水症、または脱水状態が懸念される(下痢、嘔吐等の胃腸障害、経口摂取が困難等)▼過度のアルコール摂取―と改める

▽新たに中等度の腎機能障害のある患者について【用法・用量に関する使用上の注意】の項を設け、eGFRが「45mL/min/1.73平米以上、60mL/min/1.73平米未満」の患者では1日最高投与量の目安を1500mgとするとともに、eGFRが「30mL/min/1.73平米以上、45mL/min/1.73平米未満」の患者では1日最高投与量の目安を750mg未満とし、「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合」にのみ投与すること、などを規定する

▽【慎重投与】について、従前は「軽度の腎機能障害」患者とされていたところを、「軽度-中等度の腎機能障害」患者とする

▽【重要な基本的注意】の項について、新たに▼重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、そのリスク因子として「腎機能障害」「肝機能障害」「低酸素血症を伴いやすい状態」「脱水(利尿作用を有する薬剤の併用を含む)」「過度のアルコール摂取」「感染症」「高齢者」等が知られており、特に、脱水、過度のアルコール摂取等により患者の状態が急変することもある▼本剤投与開始前・投与中は定期的に腎機能(eGFR等)・肝機能を確認するとともに、患者の状態に十分注意して投与の適否・投与量の調節を検討する。高齢者等、特に慎重な経過観察が必要な場合には、より頻回に確認する▼発熱、下痢、嘔吐、食事摂取不良等の「体調不良」(シックデイ)の時は脱水状態が懸念され、いったん服用を中止し、医師に相談する▼乳酸アシドーシスの症状(胃腸障害、倦怠感、筋肉痛、過呼吸等)が現れた場合には、直ちに受診する―ことなどを追記する

▽新たな【併用禁忌】:アルコール(過度の摂取)

 
 
(4)2型糖尿病の治療に用いる「アログリプチン安息香酸塩・メトホルミン塩酸塩」(販売名:イニシンク配合錠)

▽【禁忌】の患者を、▼乳酸アシドーシスの既往がある▼重度の腎機能障害(eGFR:30mL/min/1.73平米未満)がある、または透析(腹膜透析を含む)を実施▼重度の肝機能障害がある▼心血管系、肺機能に高度の障害(ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等)がある、およびその他の低酸素血症を伴いやすい状態にある患者▼脱水症、または脱水状態が懸念される(下痢、嘔吐等の胃腸障害、経口摂取が困難等)▼過度のアルコール摂取―と改める

▽新たに【効能・効果に関する使用上の注意】の項をに、「中等度の腎機能障害のある患者(eGFR:30mL/min/1.73平米以上、60mL/min/1.73平米未満)では腎機能の程度に応じて減量するなど慎重な投与が必要であるため、本剤を使用せず、各単剤の併用を検討する」旨を追記する

▽【重要な基本的注意】の項について、新たに▼重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、そのリスク因子として「腎機能障害」「肝機能障害」「低酸素血症を伴いやすい状態」「脱水(利尿作用を有する薬剤の併用を含む)」「過度のアルコール摂取」「感染症」「高齢者」等が知られており、特に、脱水、過度のアルコール摂取等により患者の状態が急変することもある▼本剤投与開始前・投与中は定期的に腎機能(eGFR等)・肝機能を確認するとともに、患者の状態に十分注意して投与の適否・投与量の調節を検討する。高齢者等、特に慎重な経過観察が必要な場合には、より頻回に確認する▼発熱、下痢、嘔吐、食事摂取不良等の「体調不良」(シックデイ)の時は脱水状態が懸念され、いったん服用を中止し、医師に相談する▼乳酸アシドーシスの症状(胃腸障害、倦怠感、筋肉痛、過呼吸等)が現れた場合には、直ちに受診する―ことなどを追記する

▽新たな【併用禁忌】:アルコール(過度の摂取)

 
 
(5)2型糖尿病の治療に用いる「ピオグリタゾン塩酸塩・メトホルミン塩酸塩」(販売名:メタクト配合錠LD、同HD)

▽【警告】の項に、従前からの「重篤な乳酸アシドーシス」に関する記述に加え、新たに「腎機能障害・肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与する。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断する」旨の記載を追加する

▽【禁忌】の患者を、▼乳酸アシドーシスの既往がある▼重度の腎機能障害(eGFR:30mL/min/1.73平米未満)がある、または透析(腹膜透析を含む)を実施▼重度の肝機能障害がある▼心血管系、肺機能に高度の障害(ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等)がある、およびその他の低酸素血症を伴いやすい状態にある患者▼脱水症、または脱水状態が懸念される(下痢、嘔吐等の胃腸障害、経口摂取が困難等)▼過度のアルコール摂取―と改め、「高齢者」を削除する(慎重投与とする)

▽新たに中等度の腎機能障害のある患者について【用法・用量に関する使用上の注意】の項を設け、eGFRが「45mL/min/1.73平米以上、60mL/min/1.73平米未満」の患者では1日最高投与量の目安を1500mgとするとともに、eGFRが「30mL/min/1.73平米以上、45mL/min/1.73平米未満」の患者では1日最高投与量の目安を750mg未満とし、「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合」にのみ投与すること、などを規定する

▽新たに【慎重投与】の項を設け、▼軽度-中等度の腎機能障害▼軽度-中等度の肝機能障害▼高齢者―を対象とする

▽【重要な基本的注意】の項について、新たに▼重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、そのリスク因子として「腎機能障害」「肝機能障害」「低酸素血症を伴いやすい状態」「脱水(利尿作用を有する薬剤の併用を含む)」「過度のアルコール摂取」「感染症」「高齢者」等が知られており、特に、脱水、過度のアルコール摂取等により患者の状態が急変することもある▼本剤投与開始前・投与中は定期的に腎機能(eGFR等)・肝機能を確認するとともに、患者の状態に十分注意して投与の適否・投与量の調節を検討する。高齢者等、特に慎重な経過観察が必要な場合には、より頻回に確認する▼発熱、下痢、嘔吐、食事摂取不良等の「体調不良」(シックデイ)の時は脱水状態が懸念され、いったん服用を中止し、医師に相談する▼乳酸アシドーシスの症状(胃腸障害、倦怠感、筋肉痛、過呼吸等)が現れた場合には、直ちに受診する―ことなどを追記する

▽新たな【併用禁忌】:アルコール(過度の摂取)

▽【高齢者への投与】の項において、乳酸アシドーシスに関する記述に加え、新たに▼投与開始前・投与中は定期的に、特に慎重な経過観察が必要な場合(75歳以上など)にはより頻回に腎機能や肝機能を確認するなど十分に観察しながら慎重に投与する▼腎機能や脱水症状等患者の状態に十分注意して投与の中止や減量を検討する。とくに75歳以上高齢者では乳酸アシドーシスが多く報告され、予後も不良なことが多いため、本剤投与の適否をより慎重に判断する▼血清クレアチニン値が正常範囲内であっても、年齢によっては実際の腎機能が低下していることがあり、eGFR等も考慮して、慎重に患者の状態を観察する―旨を追記する

 
 
(6)2型糖尿病の治療に用いる「ビルダグリプチン・メトホルミン塩酸塩」(販売名:エクメット配合錠LD、同HD)

▽【禁忌】の患者を、▼乳酸アシドーシスの既往がある▼重度の腎機能障害(eGFR:30mL/min/1.73平米未満)がある、または透析(腹膜透析を含む)を実施▼心血管系、肺機能に高度の障害(ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等)がある、およびその他の低酸素血症を伴いやすい状態にある患者▼脱水症、または脱水状態が懸念される(下痢、嘔吐等の胃腸障害、経口摂取が困難等)▼過度のアルコール摂取―と改める

▽新たに【効能・効果に関する使用上の注意】の項に、「中等度の腎機能障害のある患者(eGFR:30mL/min/1.73平米以上、60mL/min/1.73平米未満)では腎機能の程度に応じて減量するなど慎重な投与が必要であるため、本剤を使用せず、各単剤の併用を検討する」旨を追記する

▽【重要な基本的注意】の項について、新たに▼重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、そのリスク因子として「腎機能障害」「肝機能障害」「低酸素血症を伴いやすい状態」「脱水(利尿作用を有する薬剤の併用を含む)」「過度のアルコール摂取」「感染症」「高齢者」等が知られており、特に、脱水、過度のアルコール摂取等により患者の状態が急変することもある▼本剤投与開始前・投与中は定期的に腎機能(eGFR等)・肝機能を確認するとともに、患者の状態に十分注意して投与の適否・投与量の調節を検討する。高齢者等、特に慎重な経過観察が必要な場合には、より頻回に確認する▼発熱、下痢、嘔吐、食事摂取不良等の「体調不良」(シックデイ)の時は脱水状態が懸念され、いったん服用を中止し、医師に相談する▼乳酸アシドーシスの症状(胃腸障害、倦怠感、筋肉痛、過呼吸等)が現れた場合には、直ちに受診する▼肝機能障害(肝炎を含む)が現れることがあり、投与前・投与後1年間は少なくとも3か月ごとに、肝機能検査を行う―ことなどを追記する

▽新たな【併用禁忌】:アルコール(過度の摂取)

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

ゲル充填人工乳房の使用患者が悪性リンパ腫を発症、リスクの説明とフォローアップを―厚労省
画期的な抗がん剤オプジーボとキイトルーダで「結核」の重大な副作用―厚労省
乳がん治療薬の「ベージニオ錠」、間質性肺炎の重大な副作用で死亡症例も―厚労省
多くの糖尿病治療薬で「外陰部・会陰部の壊死性筋膜炎(フルニエ壊疽)」、画期的な抗がん剤オプジーボで「下垂体機能障害」の重大な副作用―厚労省
タケキャプ錠にSJS等の副作用、果糖など含有の点滴を果糖不耐症患者に投与する低血糖や肝・腎不全など誘発の恐れ―厚労省
タミフルとゾフルーザに「出血」の副作用、ワルファリンとの併用に注意を―厚労省
画期的抗がん剤のオプジーボやキイトルーダに「血球貪食症候群」の副作用―厚労省
エクリズマブ(遺伝子組換え)製剤、二次性血栓性微小血管症の患者には有効性・安全性が未確立―厚労省
抗菌剤クラビット錠等に大動脈瘤や大動脈解離の、C型肝炎治療薬のスンベプラ等に急性腎障害などの副作用―厚労省
乾燥弱毒生水痘ワクチンに「無菌性髄膜炎」発症の可能性、接種から数年後に発症した事例も―厚労省
甲状腺がん等の治療に用いるレンビマカプセル、気胸に注意し、肺転移患者には慎重投与を―厚労省
メバロチンとリポクリンなど、やむを得ない場合、腎機能悪化に注意の上で併用投与認める―厚労省
抗菌剤のビクシリン注射用等において、「急性汎発性発疹性膿疱症」の副作用―厚労省
インフルエンザ治療薬、異常行動に十分注意した処方を!タミフルは未成年者に解禁―厚労省
肺炎治療等に用いるロセフィンに痙攣等の、乾癬治療薬のオテズラに重度下痢の副作用―厚労省
アトピー治療剤のプロトピックや免疫抑制剤のプログラフ、妊婦には催奇形性リスク考慮した使用を―厚労省
ピロリ菌感染の治療等に用いるボノピオン等、肝機能障害が現れることがある―厚労省
キイトルーダ、「硬化性胆管炎」が現れることがあるため、十分な観察を―厚労省
統合失調症治療薬やアドレナリン、【禁忌】事項などを見直し―厚労省
ウプトラビ錠とプラビックス錠等は併用禁忌、サムスカ錠に急性肝不全の副作用―厚労省
造影剤のイオヘキソールとイオメプロールに「急性汎発性発疹性膿疱症」の副作用—厚労省
MRI造影剤の「脳への残存」を危惧、検査の必要性を慎重に判断せよ—厚労省
輸血には感染症伝播のリスク、患者観察などを徹底せよ―厚労省
サワシリンに血小板減少、病院で広く使われる消毒薬にアナフィラキシーの副作用—厚労省
RSウイルスによる新生児下気道疾患治療薬「シナジス筋注液」に血小板減少症の副作用―厚労省
アデムパス投与で有害事象・死亡が多く、ワーファリンに難治性皮膚疾患の副作用―厚労省
画期的抗がん剤のオプジーボ、硬化性胆管炎の副反応―厚労省
肺炎球菌ワクチンのニューモバックス、注射部位壊死・潰瘍の重大な副反応―厚労省
悪性黒色腫・非小細胞肺がん治療に用いるキイトルーダ、心筋炎の副作用―厚労省
精神神経用剤のデパス、抗不安剤のソラナックス、メイラックスなど、薬物依存に注意―厚労省
神経症における不安・緊張などを和らげるアタラックス、急性汎発性発疹性膿疱症の副作用―厚労省
多発性骨髄腫治療に用いるレブラミド、B型肝炎ウイルスの再活性化を促す副作用―厚労省
うつ病治療に用いるデュロキセチン塩酸塩など、自動車運転などの際には十分な注意を―厚労省
胃潰瘍治療などに用いるポラプレジンク、銅欠乏症による汎血球減少や貧血の副作用―厚労省
ワルファリンとミコナゾールは併用禁忌、オプジーボに心筋炎などの副作用―厚労省
多発性硬化症治療薬のタイサブリに急性網膜壊死などの副作用―厚労省
ボルタレンに消化管狭窄・閉塞、ハーボニー錠に高血圧・脳血管障害の副作用―厚労省
てんかんの部分発作治療に用いるオクスカルバゼピン、重篤な皮膚障害に留意を―厚労省
抗てんかん剤レベチラセタなど7医薬品、新たに「重大な副作用」-厚労省
ハーボニー錠などC型肝炎治療薬、B型肝炎ウイルスを活性化させる恐れあり慎重投与を―厚労省
タミフルに「虚血性大腸炎」、ラピアクタに「アナフィラキシー」の副作用判明―厚労省
ロキソニン錠に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」の副作用判明―厚労省
乳がん治療薬のエリブリンメシル酸塩、スティーブンス・ジョンソン症候群の副作用判明―厚労省
皮膚T細胞リンパ腫治療薬のベキサロテン製剤、脂質異常や膵炎などの副作用に留意―厚労省
血圧降下剤のアジルサルタン、横紋筋融解症などの重大な副作用が判明―厚労省
新たに保険収載されたC型慢性肝炎治療薬の「ヴィキラックス配合錠」、肝不全の副作用―厚労省
画期的な抗悪性腫瘍剤のニボルマブ、重症筋無力症や大腸炎の副作用―厚労省、PMDA
大腸がん治療薬のパニツムマブ、中毒性表皮壊死融解症の重大な副作用―厚労省

Pocket