専門医制度、「専門医の質確保」(高度な研修)と「地域医療の確保」は両立可能―医師専門研修部会(2)



Pocket

 専門医制度の在り方を議論する際には、「地域医療の確保」という視点ももちろん重要であるが、「教育・研修レベルの確保」が絶対要件となり、両者は「両立可能」な関係にある―。

 5月14日に開催された医道審議会・医師分科会の「医師専門研修部会」(以下、専門研修部会)では、こういった議論も行われました。

 今後の具体的な「サブスペシャリティ領域」論議をする際に、重要な視点となるでしょう。

5月14日に開催された、「令和元年 第1回 医道審議会 医師分科会 医師専門研修部会」
5月14日に開催された、「令和元年 第1回 医道審議会 医師分科会 医師専門研修部会」
 

内科領域、専攻医1人当たりの症例数は長野・山口・鳥取・静岡で多く、濃密研修が可能

 専門医資格は、従前、各学会が独自に養成・認定を行っていました。しかし、学会が乱立し、それぞれに専門医養成を行っていることから、「国民に分かりにくくなっている」「質が担保されているか不明確である」との批判を受け、2018年度から、各学会と日本専門医機構が協働して養成プログラムを作成し、統一的な基準で認定する仕組みへと改められました。

 具体的には、19の「基本領域」(1階部分)と「サブスペシャリティ領域」(2階部分)の2層構造となっており、「基本領域のみの専門医資格を取得する」ことも、「基本領域とサブスペシャリティ領域の専門医資格を取得する」ことも可能です。

【基本領域】(1)内科(2)外科(3)小児科(4)産婦人科(5)精神科(6)皮膚科(7)眼科(8)耳鼻咽喉科(9)泌尿器科(10)整形外科(11)脳神経外科(12)形成外科(13)救急科(14)麻酔科(15)放射線科(16)リハビリテーション科(17)病理(18)臨床検査(19)総合診療—の19領域
医師専門研修部会(1)1 190322
 
このうち、内科・外科・放射線科の各基本領域学会では、社会的意義や国民への認知の程度などを踏まえ、以下の23学会・領域を「サブスペシャリティ領域とすべき」と推薦し、日本専門医機構でもこれを認定しています。

【内科領域】
▼消化器病▼循環器▼呼吸器▼血液▼内分泌代謝▼糖尿病▼腎臓▼肝臓▼アレルギー▼感染症▼老年病▼神経内科▼リウマチ▼消化器内視鏡▼がん薬物療法―

【外科領域】
▼消化器外科▼呼吸器外科▼心臓血管外科▼小児外科▼乳腺▼内分泌外科―

【放射線領域】
▼放射線治療▼放射線診断―議論
医師専門研修部会1 190222
 
また内科・外科領域については、一定の症例について「基本領域での経験症例」と「サブスペシャリティ領域での経験症例」との重複カウントを可能とし、より早期に「基本領域とサブスペシャリティ領域の資格を保有する専門医」を養成する「連動研修」が計画されていました。しかし、専門研修部会では▼サブスペシャリティ領域の中には、国民に分かりにくいものもある(消化器内視鏡など)▼連動研修は地域医療の確保を阻害する恐れもある―という意見が多数出され、「この4月(2019年4月)からの連動研修スタート」に待ったがかかっています(関連記事はこちらこちらこちら)。

例えば、基本領域である内科において「A病院・B病院・C病院を循環する」という研修プログラムが組まれていたとします。「地域医療の確保」という各方面からの強い要請を受け、例えば「基幹病院のみで完結させない」などの配慮・工夫が凝らされています。

しかし、サブスペシャリティ領域との連動研修となった場合、「B病院には当該サブスペシャリティ領域の指導医がいないので、A病院とC病院のみで研修を完結させ、B病院での研修(勤務)を行わない」という事態が生じてしまう可能性が指摘されています。この場合、B病院の所在する地域において、医師確保に困難が生じるなど「地域医療への悪影響」が生じる可能性を否定できないためです。
医師専門研修部会(1)2 190322
 
こうした「待った」がかかった状況の中、医師専門研修部会の遠藤久夫部会長(国立社会保障・人口問題研究所所長)は「一度、専門医制度の在り方について根本に戻った整理・議論を行う必要がある」と判断。基本に立ち返った議論を委員および厚生労働省当局に要請しました。

まず、厚労省は専門医制度を検討する際には、冒頭に述べた過去の反省に立ち、▼国民へ分かりやすいものである▼医療提供体制・医療計画に資するものである―こととの2つの視点を提示。前者の「分かりやすさ」は、例えば、一般の国民・患者が医師や医療機関を探す際に「専門家でなければ正確に理解できない資格」では困る、というもので、専門研修部会はもちろん、社会保障審議会・医療部会などでも何度も確認されている視点です。

また後者は、当然のことですが「専門医も地域医療の1プレイヤーである」ことを確認する視点です。地域医療は、都道府県の定める医療計画(5疾病5事業及び在宅医療など)に沿って進められ、そこには2020年度からスタートする「医師確保計画」も組み込まれます。したがって、「一部の地域・一部の診療科に専門医が集中し、他地域では医師が極端に不足する」という事態は避けなければなりません。

この視点に立って厚労省は、専門医制度を議論するにあたり、(1)国で専門医制度を議論する意義は「専門的医療を、できるだけ公平に国民に提供する」点にある(2)診療内容と専門医資格とが一致することが原則である(3)都道府県レベルで養成が困難な「希少疾患に対応する専門医」は、ブロック単位(東北ブロック、関東ブロックなど)での養成も検討する―という論点も提示しています。

このうち(1)は、「専門医の在り方」について、大きく2つの側面があることを意味しています。学会・日本専門医機構は「専門医には、専門的な知識・技術を習得しなければならない」という側面からアプローチして専門医制度を検討・構築することが求められ、一方、国(専門研修部会も含めて)は「専門医には、習得した質の高い専門的医療を、公平に国民に提供しなければならない」という側面からアプローチすることが求められるというイメージです。

どちらの側面も重要で、学会・専門医機構のアプローチが十分でなければ「質の高い医療の確保」が不可能になり、国のアプローチが不十分であれば「医療にアクセスする機会」が阻害されてしまいます。5月15日の専門研修部会でも、この点が再確認されました。

地域医療確保に責任を持つ自治体の立場で参画する立谷秀清委員(全国市長会会長、相馬市長)は「地域枠・地元枠出身の医師が新専門医制度のプログラム制(定められた医療機関で定められた年限、研修する仕組み)で置いて行かれることにないよう、カリキュラム制(年限を定めず、一定の症例を経験する仕組み)の充実を要望してきた。日本専門医機構・学会・全国医学部長病院長会議・国・医師会が連携し、地域医療を確保してほしい」と強調。

また同じく自治体の立場で参画する阿部守一委員(長野県知事)は、「地域枠医師が専門医資格更新で不利益にならないような配慮」「希少疾患に対応する専門医も、すべての都道府県において一定期間は連携病院として研修がなされるような枠組み」を要望しています。

両委員の意見は、後者の「専門的医療を公平に国民に提供する」という側面を重視したものと言えるでしょう。

 
この意見への反論はもちろん出ていませんが、山内英子委員(聖路加国際病院副院長・ブレストセンター長・乳腺外科部長)や片岡仁美委員(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科地域医療人材育成講座教授)らは、前者の「専門的な知識・技術の習得」という側面を「絶対的条件」として強調します。片岡委員は「『医師の不足する地域なので研修はほどほどでよい』ことなどがあってはいけない。日本内科学会ではJ-OSLERシステムで研修実績を把握し、質の担保を図っている。各学会や大学病院が、専攻医をバックアップする仕組みが必要である」と指摘しました。

また山内委員は、この点に関連して「研修医(専門医資格の取得を目指す専攻医も含めて)時代に地域医療に携わる考え方もあるが、例えば研修を受け一人前の知識・技術を身に着けてから地域医療に携わるほうが、より地域医療にとってプラスではないか」との考えも示しています。医師偏在対策について議論した「医療従事者の需給に関する検討会・医師需給分科会」では、ベテラン医師による断続的な「医師少数の地域」での勤務を認定する仕組み(医師派遣機能を持つ地域医療支援病院の「管理者(院長)要件」などとして活用)も設けており、山内委員の考えはすでに厚労省も取り入れていると考えることができそうです。

 
 なお、日本内科学会からは「J-OSLERシステムによれば、専攻医1人当たりの経験症例数が多い(言わば、濃密な研修を実施している)都道府県は、長野県・山口県・鳥取県・静岡県などで、都市部の専攻医がより多くの症例を経験しているというわけではない」ことが報告されています。これは、「勤務地(研修地)」と「研修の質」とは、必ずしもトレードオフの関係(言わば「どちらかを重視すれば、他方をあきらめなければならない」という関係)にはないことの証左と言えるでしょう。

 「専門医の質確保」と「地域医療の確保」とを両立する(日本内科学会報告を踏まえれば実際に両立可能である)という視点で、今後、サブスペシャリティ領域の在り方などを議論していくことになります。

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

新専門医制度の専攻医、2020年度から都道府県別・診療科別必要医師数踏まえたシーリング設定―医師専門研修部会(1)
診療科別の必要医師数踏まえ、2020年度以降の専攻医シーリングを設定―日本専門医機構
新専門医制度の採用枠、新たに診療科別・都道府県別の必要医師数をベースに考えてはどうか―医師専門研修部会(2)
内科・外科の連動研修の4月スタート見送り、ただし単位の遡及認定等で専攻医の不利益を回避―医師専門研修部会(1)
消化器内視鏡など23学会・領域のサブスペ認定に理解を求める、専攻医は安心して連動研修実施を―日本専門医機構
消化器内視鏡や老年病、新専門医制度のサブスペシャリティ領域認証に「待った」―医師専門研修部会
新専門医制度、プログラム制の研修にも関わらず2・3年目の勤務地「未定」が散見される―医師専門研修部会
新専門医制度、「シーリングの遵守」「迅速な情報提供」「カリキュラム制の整備」など徹底せよ―医師専門研修部会
新専門医制度、2019年度の専攻医登録を控えて「医師専門研修部会」議論開始

90学会・領域がサブスペシャリティ領域を希望、2019年9月には全体像固まる見込み―日本専門医機構
カリキュラム制での新専門医研修、必要な単位数と経験症例を基本領域学会で設定―日本専門医機構
新専門医制度、サブスペシャリティ領域は事前審査・本審査を経て2019年9月に認証―日本専門医機構
2019年度からの新専門医目指す専攻医の登録は順調、1次登録は11月21日まで―日本専門医機構
新専門医制度、2019年4月から研修始める「専攻医」募集を正式スタート―日本専門医機構
東京都における2019年度の専攻医定員、外科など除き5%削減を決定―日本専門医機構
2019年度新専門医研修、「東京のみ」「東京・神奈川のみ」で完結する研修プログラムの定員を削減―日本専門医機構
2019年度、東京都の専攻医定員数は2018年度から5%削減―日本専門医機構
日本専門医機構、新理事長に帝京大の寺本民生・臨床研究センター長が就任
がん薬物療法専門医、サブスペシャリティ領域として認める―日本専門医機構
2019年度の専攻医登録に向け、大阪や神奈川県の状況、診療科別の状況などを詳細分析―日本専門医機構
東京の専攻医、1年目に207名、2年目に394名、4年目に483名が地方勤務―日本専門医機構
新専門医制度、東京で専攻医多いが、近隣県を広くカバーする見込み―日本専門医機構

新専門医制度によって医師の都市部集中が「増悪」しているのか―医師養成と地域医療検討会
新専門医制度、偏在対策の効果検証せよ―医師養成と地域医療検討会
医学生が指導医の下で行える医行為、医学の進歩など踏まえて2017年度に再整理―医師養成と地域医療検討会

新専門医制度、専門研修中の医師の勤務地を把握できる仕組みに―日本専門医機構
地域医療構想調整会議での議論「加速化」させよ―厚労省・武田医政局長
新専門医制度で医師偏在が助長されている可能性、3県では外科専攻医が1名のみ—全自病
新専門医制度の専攻医採用、大都市部の上限値などの情報公開を―四病協

新専門医制度、東京で専攻医多いが、近隣県を広くカバーする見込み―日本専門医機構
新専門医制度、現時点で医師偏在は助長されていない―日本専門医機構

新専門医制度のサブスペシャリティ領域、国民目線に立ち「抑制的」に認証すべき―四病協

新専門医制度、専攻医の1次登録は10月10から11月15日まで—日本専門医機構
新専門医制度、都道府県協議会・厚労省・検討会で地域医療への影響を監視—医師養成と地域医療検討会
新専門医制度、地域医療への影響を厚労省が確認し、問題あれば対応—塩崎厚労相
2018年度からの新専門医制度に備え、10月から専攻医の仮登録—日本専門医機構
新専門医研修プログラム、都道府県協議会で地域医療を確保する内容となっているか確認―厚労省
専門医機構、地域医療への配慮について「必ず」都道府県協議会の求めに応じよ—厚労省検討会
新整備指針の見直し、総合診療専門医の研修プログラム整備基準を決定—日本専門医機構
専門医整備指針、女性医師に配慮した柔軟な対応などを6月2日の理事会で明記—厚労省検討会
地域医療へ配慮し、国民に分かりやすい専門医制度を目指す—日本専門医機構がQ&A
専門医取得が義務でないことやカリキュラム制の設置、新整備指針の中で対応—日本専門医機構
新専門医制度、整備指針を再度見直し「専門医取得は義務でない」ことなど明記へ―厚労省検討会

新専門医制度、見直しで何が変わったのか、地域医療にどう配慮するのかを分かりやすく示す―日本専門医機構
必要な標準治療を集中的に学ぶため、初の基本領域での研修は「プログラム制」が原則―日本専門医機構
新専門医制度、東京・神奈川・愛知・大阪・福岡では、専攻医上限を過去3年平均に制限―日本専門医機構
専門医制度新整備指針、基本理念に「地域医療への十分な配慮」盛り込む―日本専門医機構
地域医療に配慮した、専門医制度の「新整備指針」案を大筋で了承―日本専門医機構
消化器内科や呼吸器外科など、基本領域とサブスペ領域が連動した研修プログラムに―日本専門医機構
総合診療専門医、2017年度は「日本専門医機構のプログラム」での募集は行わず
新専門医制度、18基本領域について地域医療への配慮状況を9月上旬までにチェック―日本専門医機構
【速報】専門医、来年はできるだけ既存プログラムで運用、新プログラムは2018年目途に一斉スタート―日本専門医機構
新専門医制度、学会が責任もって養成プログラムを作成、機構が各学会をサポート―日本専門医機構
【速報】新専門医制度、7月20日に「検討の場」、25日の総会で一定の方向示す見込み―日本専門医機構
新専門医制度、各学会がそろって同じ土俵に立ってスタートすることが望ましい―日本専門医機構・吉村新理事長
【速報】新専門医制度、日本専門医機構の吉村新理事長「7月中に方向性示す」考え

新専門医制度で地域の医師偏在が進まないよう、専門医機構・都道府県・国の3層構造で調整・是正―専門医の在り方専門委員会
新専門医制度、懸念払しょくに向けて十分な議論が必要―社保審・医療部会

2016年末、人口10万人当たり医師数は240.1人、総合内科専門医が大幅増―医師・歯科医師・薬剤師調査―2014年医師・歯科医師・薬剤師調査

専門研修修了医(certified doctor)と臨床経験を十分に積んだ専門医(specialist)は区別すべき―四病協

 
医師偏在対策を了承、各都道府県で2019年度に医師確保計画を策定し、20年度から実行―医療従事者の需給検討会
医師偏在対策まとまる、2019年度に各都道府県で「医師確保計画」定め、2020年度から稼働―医師需給分科会(2)
産科医が最少の医療圏は北海道の北空知(深川市等)と留萌、小児科では埼玉県の児玉(本庄市等)―医師需給分科会(1)
2036年の医療ニーズ充足には、毎年、内科2946名、外科1217名等の医師養成が必要―医師需給分科会(3)
2036年には、各都道府県・2次医療圏でどの程度の医師不足となるのか、厚労省が試算―医師需給分科会(2)
最も医師少数の2次医療圏は「北秋田」、最多数は「東京都区中央部」で格差は10.9倍―医師需給分科会(1)

 
医師働き方の改革内容まとまる、ただちに全医療機関で労務管理・労働時間短縮進めよ―医師働き方改革検討会
医師の時間外労働上限、医療現場が「遵守できる」と感じる基準でなければ実効性なし―医師働き方改革検討会
研修医等の労働上限特例(C水準)、根拠に基づき見直すが、A水準(960時間)目指すわけではない―医師働き方改革検討会(2)
「特定医師の長時間労働が常態化」している過疎地の救急病院など、優先的に医師派遣―医師働き方改革検討会(1)

Pocket