大規模な院内感染を引き起こすCDI、鑑別診断のための検査法を2019年4月から保険収載—厚労省



Pocket

 CDI(クロストリジオイデス・ディフィシル感染症)の診断補助を行うために、糞便中の「クロストリジオイデス・ディフィシルのトキシンB遺伝子検出」を、D23【微生物核酸同定・定量検査】の1項目として保険収載する―。

厚生労働省は3月31日に通知「検査料の点数の取扱いについて」を発出し、こういった点を明らかにしました(厚労省のサイトはこちら(通知)こちら(中医協資料))。今年(2019年)4月1日から保険適用されています。

感染防止対策加算1等の取得医療機関において、新検査の実施を保険診療上認める

 CDI(Clostridioides difficile infection)は高齢者に多い感染症で、▼下痢▼腹痛▼発熱▼白血球増多―などを症状とし、重篤になれば▼中毒性巨大結腸▼イレウス▼消化管穿孔―により死に至ることもあります。抗菌薬適正使用を含めた感染管理が充分に行われていない医療現場で頻繁に認められ、しばしば大規模な院内感染を引き起こすこともあります。

このため的確な鑑別診断が重要となりますが、今般、糞便中の「クロストリジオイデス・ディフィシルのトキシンB遺伝子検出」より、良好にCDIの鑑別診断が行えることが中央社会保険医療協議会総会(3月27日開催)で確認され、保険収載が認められました(関連記事はこちら)。

具体的には、以下の基準の「すべて」を満たす入院患者に対し、日本化学療法学会・日本感染症学会の定める指針(Clostridioides(Clostridium)difficile感染症診療ガイドライン)に基づいてクロストリジオイデス・ディフィシルのトキシンB遺伝子検出を行った場合、D023-12【微生物核酸同定・定量検査】の「12」のうちの「ブドウ球菌メチシリン耐性遺伝子検出」の所定点数(450点)に準じて検査料を算定することが可能となります。本検査の実施にあたっては、▼下痢症状▼本検査を行う前の「CD抗原」「CDトキシン」の検査結果―を、診療録に記載することが求められます。

▽Clostridium difficile(CD)感染症を疑う場合で、D012【感染症免疫学的検査】の12「クロストリジウム・ディフィシル抗原定性検査」によって、「CD抗原陽性」かつ「CDトキシン陰性」である

▽2歳以上で、Bristol Stool Scale5以上の下痢症状がある

▽24 時間以内に3回以上、または平常時より多い便回数がある

 
また本検査は、D026【検体検査判断料】のうち、▼検体検査管理加算(II)▼検体検査管理加算(III)▼検体検査管理加算(IV)―のいずれか、およびA234-2【感染防止対策加算】の1「感染防止対策加算1」の施設基準を届け出ている保険医療機関でのみ実施することが認められ(当該施設基準を届け出ていない場合、本検査を実施しても検査料を請求することができない)、多くの医療機関において適切な感染防止体制を順次構築していくことが期待されます。

例えば、院内に感染防止対策部門を設け(院内安全管理部門都の重複可能)、そこに▼感染症対策経験3年以上の専任の常勤医師▼感染管理従事経験5年以上で、「感染管理に係る適切な研修」を修了した専任の看護師▼病院勤務経験3年以上の感染防止対策にかかわる専任の薬剤師▼病院勤務経験3年以上の専任の臨床検査技師―で構成される「感染制御チーム」を設置し(医師または看護師のうち1名は専従)、感染防止に係る日常業務を実施したり、チームによる定期的な感染管理の院内研修を実施することなどが必要です。

 
 なお、本検査とD023【微生物核酸同定・定量検査】の15「細菌核酸・薬剤耐性遺伝子同時検出」(1700点)を併せて測定した場合には、それぞれの点数が算定可能です。
 
 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

2020年度診療報酬改定に向け、「医師働き方改革」等のテーマ別や患者の年代別に課題を議論―中医協総会

 
急性白血病等の治療法選択に当たり、新たな遺伝子検査を、2019年2月から保険収載—厚労省
「膀胱がんの再発」「褐色細胞腫」を診断する新たな検査を、2019年1月から保険収載—厚労省
「画期的な抗がん剤」治療の効果を確認する遺伝子検査を12月から保険収載—厚労省
ヒト精巣上体蛋白4や淋菌核酸検出など、11月から新たな検査手法を保険診療に追加—厚労省
天疱瘡と水疱性類天疱瘡との鑑別診断補助のための新検査を10月から保険収載—厚労省
骨粗鬆症治療における薬剤治療方針の選択に当たり、新検査を9月から保険収載—厚労省
大腸がんの治療法選択等に重要なBRAF遺伝子検査、8月から保険収載—厚労省
肝臓の線維化ステージ診断のためのオートタキシン検査、6月から保険収載—厚労省
カルニチン欠乏症診断のための検査、2月から保険収載—厚労省
肺生検困難ながん患者のEGFR遺伝子検査、1月から初回治療前でも算定可能に―厚労省
潰瘍性大腸炎の診断補助する新検査法を12月から保険収載—厚労省
ヒトT細胞白血病ウイルス感染の有無を判断する新検査方法を11月から保険収載—厚労省
非小細胞肺がんのリンパ節転移診断を補助する検査などを10月から保険収載—厚労省
急速進行性糸球体腎炎の治療方針決定のため、新検査方法を9月から保険収載―厚労省
肺生検困難な肺がん患者について、血漿による遺伝子検査を7月から保険収載―厚労省
肺がん患者に抗がん剤「クリゾチニブ」投与が有効か調べる遺伝子検査、6月から保険収載―厚労省
ビタミンD欠乏性くる病・骨軟化症診断の新検査法を5月1日から保険収載―厚労省
卵巣腫瘍が悪性か良性かを診断する「ヒト精巣上体蛋白4」を4月1日から保険収載―厚労省
急性腎障害の早期診断を行う尿中NGAL検査を2月1日から保険収載―厚労省
慢性好酸球性白血病患者、適切な治療法選択のための遺伝子検査を12月1日から保険収載―厚労省
百日咳の診断補助を行う新たな臨床検査を11月1日から保険収載―厚労省
2018年度改定に向けて、入院患者に対する「医師による診察(処置、判断含む)の頻度」などを調査―中医協総会
皮膚筋炎の診断補助を行う新たな臨床検査を10月1日から保険収載―厚労省

Pocket