維持期リハを介護保険へ完全移行、19年9月までに医療機関が介護保険指定求めれば「4月に遡及」して指定―介護報酬改定疑義解釈(9)



Pocket

 この3月(2019年3月)まで「医療保険の維持期・生活期の疾患別リハビリテーション料」を算定していた医療機関が、4月以降、「介護保険の(介護予防)訪問リハビリ事業所や(介護予防)通所リハビリ事業所」の指定を受けようとする場合、2019年9月30日までの間は「2019年4月1日に遡及し、指定があった」ものとみなすことができる。「介護給付費の算定に係る体制等に関する届け出」についても同様である―。

厚生労働省は3月15日に、2018年度介護報酬改定に関するQ&AのVol.9(疑義解釈その9)を公表し、こうした点を明らかにしました(厚労省のサイトはこちら)。

医療機関の介護保険事業所のみなし指定、2019年9月までは4月に遡及して指定可

メディ・ウォッチでもお伝えしているとおり、原則として、要介護・要支援者に対する「医療保険の維持期・生活期の疾患別リハビリ料」(▼脳血管疾患等リハビリ料▼廃用症候群リハビリ料▼運動器リハビリ料―)がこの3月(2019年3月)で終了し、介護保険の(介護予防)訪問リハビリ・(介護予防)通所リハビリに移行することになります。ただし、医師が「医療保険のリハビリ継続が必要」と判断した場合や「外傷性の肩関節腱板損傷」「高次脳機能障害」などの場合には、従前どおり医療保険のリハビリを受けることができます(関連記事はこちらこちら)。

医療機関は「介護保険における医療系サービスの指定事業所」とみなされ(みなし指定)、必要な構造設備・人員配置等の基準を満たした上で、介護保険の(介護予防)訪問リハビリ・(介護予防)通所リハビリサービスを提供することが可能です。同じ施設(医療機関)でリハビリを継続できることは、患者・利用者の安心につながるため、多くの医療機関で介護保険リハビリを提供することが期待されます。

この「みなし指定」について特段の申請等は必要ないのですが、(介護予防)通所リハビリと短期入所療養介護については、構造設備・人員配置等の基準を満たしているかを確認する必要があることから、市町村(介護保険の保険者)に届け出(介護給付費の算定に係る体制等に関する届け出)を行う必要があります。

今般の疑義解釈では、医療保険から介護保険への円滑な移行を促進する観点から、医療機関が介護保険の指定を受けようとする場合、▼2019年9月30日までの間、「2019年4月1日までに指定があった」とみなして差し支えない▼「介護給付費の算定に係る体制等に関する届け出」等についても2019年4月時点で算定要件を満たしていれば、同様の取扱いをして差し支えない▼こうした取扱いで指定を遡及した場合のリハビリ提供に係る介護報酬について、サービス提供から2年間は請求可能である―旨を明らかにしました。

2019年9月まで、介護保険の通所リハビリ「1時間未満」も提供可能

 さらに今般の疑義解釈では、医療保険の維持期・生活期の疾患別リハビリ料を2019年3月まで算定していた医療機関が、4月以降に新たに通所リハビリ事業所の指定を受け介護保険リハビリを提供する場合、「2019年9月30日までの間は、実際の提供時間が1時間以上2時間未満を満たさない場合でも、1時間以上2時間未満の単位数を算定することが可能」であることも明らかにされました。医療保険のリハビリは「20分を1単位」として提供しており、例えば2単位(40分)のリハビリを提供されてきた要介護者・要支援者に、突然「介護保険では1時間以上のリハビリが必要となります、今日から頑張ってください」などと求めることは酷な場合もあると考えられるためです。

 いずれも、医療保険リハから介護保険リハへの円滑な移行を下支えし、サービスの隙間をなくすための配慮と言えるでしょう。

診療報酬でも、医療保険リハから介護保険リハへの円滑以降をサポート

なお、医療保険分野(診療報酬)では、医療保険リハビリから介護保険リハビリへの円滑な移行を促進するために、「2019年3月中に医療保険の維持期・生活期リハビリ料を算定している要介護・要支援者」が、別の介護保険事業所等で介護保険の(予防)訪問リハビリ・通所リハビリを同一月に併用する場合には、「介護保険のリハビリ利用開始日を含む月の翌々月」まで引き続き医療保険の維持期・生活期リハビリ料を1か月当たり7単位まで算定する取扱いとしています(従前は1か月当たり13単位まで)。
中医協総会(1)の4 190306
 
要介護・要支援者にとって、ある日を境に、別の介護事業所でリハビリを受けなければならなくなることは「大きな不安」であることから、中央社会保険医療協議会委員や厚生労働省保険局医療課の森光敬子課長が「配慮が必要」と考えたものです。

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

要介護高齢者への維持期リハは4月から介護保険へ移行、迅速なケアプラン見直しを―厚労省
要介護高齢者への維持期「疾患別リハ料」は2019年3月末で終了、介護保険への移行完了―中医協総会(1)

外来から入院、退院後の在宅医療までをマネジメントするPFM、さまざまなメリットが!
鈴木医務技監・迫井医療課長がGHC改定セミナーに登壇!「重症患者受け入れ」に軸足を置いた入院報酬に!

200床以上で看護必要度II要件を満たさない場合、急性期一般入院料2・3は届出可能か―厚労省
DPCのEF統合ファイル用いる看護必要度II、選択可能な病院の条件を提示―厚労省

2018年度診療報酬改定、答申内容を一部訂正―厚労省
【2018年度診療報酬改定答申・速報6】がん治療と仕事の両立目指し、治療医と産業医の連携を診療報酬で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報5】在総管と施設総管、通院困難患者への医学管理を上乗せ評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
【2018年度診療報酬改定答申・速報3】かかりつけ機能持つ医療機関、初診時に80点を加算
【2018年度診療報酬改定答申・速報2】入院サポートセンター等による支援、200点の【入院時支援加算】で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報1】7対1と10対1の中間の入院料、1561点と1491点に設定

要介護者への維持期リハ、介護保険への完全移行「1年延期」へ―中医協総会(2)

要介護・維持期リハビリ、介護保険への移行を促すため、診療報酬での評価やめるべきか—中医協・介護給付費分科会の意見交換(1)

2016年度診療報酬改定で新設されたリハビリの目標設定等支援・管理料、介護保険サイドからの調査も―介護給付費分科会
2018年度同時改定での「維持期リハの介護保険移行」見据え、患者像やリハ内容などを調査―介護給付費分科会・研究委員会

廃用症候群のリハ、脳血管疾患等リハから独立させ、対象患者を見直し―中医協総会

 
訪問リハ、事業所医師と他医療機関医師が情報連携してリハ計画作成した場合には報酬を減算―介護報酬改定疑義解釈(8)
生活援助が多数回のケアプラン、「作成」段階で市町村に届け出を―介護報酬改定疑義解釈(7)
「多数回の生活援助」を盛り込んだケアプランの届出、サービス利用制限を目指していない―厚労省
生活援助サービス、要介護2では1か月34回以上の場合、市町村に届け出を―厚労省
生活援助の介護人材育てるも、報酬下げの可能性―介護給付費分科会(1)
生活援助中心の訪問介護、給付切り下げに賛否両論—介護給付費分科会(2)
軽度者への生活援助サービス、総合事業への移行は時期尚早―社保審・介護保険部会(2)
「軽度者への生活援助」の地域支援事業への移行、要支援者の状況検証が先―介護保険部会(1)

介護療養から介護医療院へ転換、サービス提供体制強化加算の「常勤職員」は継続カウント可能か―介護報酬改定疑義解釈(6)
介護療養の精神科作業療法専用施設、機能訓練室等との兼用も可能―介護報酬改定疑義解釈(5)
居宅療養管理指導における「単一建物居住者」、より詳しい考え方を提示―介護報酬改定疑義解釈(4)の2
ICT活用した訪問介護と外部リハビリとの連携を生活機能向上連携加算(I)として評価―介護報酬改定疑義解釈(4)の1
居宅療養管理指導に導入された「単一建物居住者」、詳細を明示―介護報酬改定疑義解釈(3)
介護医療院、I・II型の併設可能だが、各々でサービス費の種類は揃えよ―介護報酬改定疑義解釈(2)
訪問看護の【看護体制強化加算】、介護施設の【排せつ支援加算】などの詳細を解説―介護報酬改定疑義解釈(1)

通所介護におけるアウトカム評価【ADL維持等加算】の詳細を通知―厚労省

【18年度介護報酬改定答申・速報8】グループホーム入居者の「入院・再入居」を円滑に
【18年度介護報酬改定答申・速報7】医療ニーズに対応できる特定施設を手厚く評価
【18年度介護報酬改定答申・速報6】特養配置医が活躍し、看取りまで対応できる体制に
【18年度介護報酬改定答申・速報5】老健の報酬体系再編、在宅復帰機能「超強化型」を創設
【18年度介護報酬改定答申・速報4】ケアマネに新加算設け、医療機関との連携を促進
【18年度介護報酬改定答申・速報3】介護医療院への早期転換を「1日93単位の加算」で促進
【18年度介護報酬改定答申・速報2】看護体制強化加算に上位区分―介護給付費分科会
【18年度介護報酬改定答申・速報1】長時間の通所リハなど、基本報酬引き下げ―介護給付費分科会
医療機関併設型の小規模な介護医療院、人員基準を緩く―介護給付費分科会 第157回(1)

Pocket