「特定医師の長時間労働が常態化」している過疎地の救急病院など、優先的に医師派遣―医師働き方改革検討会(1)



Pocket

 医師の働き方改革に関する議論が、厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」(以下、検討会)で大詰めを迎えています。

 3月13日の検討会では厚労省から、これまでの提案・議論を整理した「報告書」案が示され、これに基づいた議論を行いました。医師の時間外労働上限のうち、「地域医療確保のために必要な特例水準」(いわゆるB水準)については依然、賛否両論が出ており、3月中の取りまとめに向けて、集中的な調整が進められます。

3月13日に開催された、「第20回 医師の働き方改革に関する検討会」
3月13日に開催された、「第20回 医師の働き方改革に関する検討会」
 

B水準の1860時間には依然、賛否両論

この4月(2019年4月)より「時間外労働の限度を、1か月当たり45時間、かつ1年当たり360時間とする原則を設け、これに違反した場合には、特例の場合を除いて罰則を課す」「労使が合意して協定を結ぶ場合においても、上回ることができない時間外労働時間(特例)を年720時間(=月平均60時間)とする」といった改正労働基準法が適用されます(看護師などにも適用される)。

医師(勤務医)については応召義務などの特殊性があることから、今年(2019年)3月までに「規制の在り方」を検討会で固め、2024年4月から適用することになります。

これまでに検討会では、医師の労働時間を的確に把握・管理し、労働時間短縮(例えば、医師でなくとも実施可能な業務を、他職種に移譲していくことや、労働と研鑽の切り分けを明確化していく、など)を進めた上で、次のような時間外労働の上限(労使が合意したとしても超過できない)を設定してはどうか、といった提案が厚労省からなされています(関連記事はこちらこちら)。

【原則】(A水準)
▽年間960時間以下・月100時間未満
▽やむを得ず月100時間を超える場合には「産業医等による面接に基づく必要な措置(就労制限など)をとる」ことを義務化し、あわせて連続勤務28時間以内・勤務間インターバル9時間以上などの努力義務を課す

【地域医療を確保するための特例】(B水準、地域医療確保暫定特例水準)
▽年間1860時間以内
▽連続勤務28時間以内・勤務間インターバル9時間以上などを義務化するとともに、やむを得ず月100時間を超える場合には「産業医等による面接に基づく必要な措置(就労制限など)をとる」ことを義務とする

【技能向上のための特例】(C水準)
▽年間1860時間以内
▽連続勤務28時間以内・勤務間インターバル9時間以上などを義務化するとともに、やむを得ず月100時間を超える場合には「産業医等による面接に基づく必要な措置(就労制限など)をとる」ことを義務とし、さらに初期臨床研修医(C1)については更なる配慮を行う
医師働き方改革検討会(1)の1 190313
 
 このうち、特に争点となっているのが「B水準」「C水準」です。本稿ではB水準に関する議論を紹介し、C水準論議については別稿でお伝えします。

 まず1860時間という時間設定については、労働組合を代表する立場で参画している村上陽子構成員(日本労働組合総連合会総合労働局長)が、依然として明確に「反対」を表明。

しかし、病院経営者代表である岡留健一郎構成員(日本病院会副会長)は、「1860時間でも医療界全体が全力で取り組まなければ実現できない厳しい水準だ。早急に、1860時間を目標に据えて、労働時間管理・労働時間短縮に取り組むべきではないか」と指摘。

また救急医療に従事する赤星昂己構成員(東京女子医科大学東医療センター救急医)も、「数字だけからは長く見えるが、救急医療の現場からの実感として『短すぎる。実現できるか』と感じる。『守れないルール』(より短い上限時間)をつくれば、隠れたサービス残業などが横行してしまう。まず『守れるルール』を設定する必要がある。」と述べ、厚労省案を妥当なものと評価しています。

 検討会では、意見を一本化することが求められており(両論併記は好ましくない)、今後、さらなる調整が進められます。

 
 また、B水準の上限時間が段階的に短縮し、2035年度末には廃止する方針が示されています(2036年度からはA水準とC水準の2本立てとすることを目指す)。医師の健康を確保するために極めて重要な仕組みですが、村上構成員や赤星構成員、森本正宏構成員(全日本自治団体労働組合総合労働局長)らは、「2035年度末でB水準を廃止する」ことをより明確にすべき(例えば厚労省への義務とする)と要望しています。ただし、B水準の廃止(つまり医師の働き方改革実現)は、医師の地域偏在対策や地域医療構想の実現(医療機能の分化・連携の強化)と連環するとともに、地域医療に悪影響が出ていないかを検証することなども必要となるため、現時点で「厳格なスケジュール」を立てることは難しそうです。
医師働き方改革検討会(1)の2 190313
 

B水準医療機関の対象、厚労省が追加で新提案を行ったが、、、

ところで、B水準の医療機関となるためには、「労働時間の短縮策を進めてもなおA水準(960時間)が満たせず、かつ地域医療に必要な医療機関」として都道府県知事に特定される必要があります。さらに、B水準医療機関でも、「B水準が適用される業務と医師を36協定締結時に特定する」(どの業務に携わる、どの医師がA水準(960時間)を超えた労働時間が可能になるのか)必要があります。

「地域医療に必要な医療機関」について、厚労省は(1)3次救急医療機関(2)▼救急医療に大きな労力を費やしている2次救急医療機関(3)在宅医療で特に積極的な役割を担う医療機関(4)都道府県知事が地域医療の確保のために必要と認める医療機関(小児救急医療機関や、へき地の中核医療機関など)(5)特に専門的な知識・技術や高度かつ継続的な疾病治療・管理が求められ、代替することが困難な医療を提供する医療機関(高度がん治療、移植医療等極めて高度な手術・病棟管理、児童精神科等)―などを例示しています。今般、(2)について、▼2次救急▼年間救急車受け入れ1000台以上、または年間の夜間・休日・時間外入院500件以上▼医療計画で5疾病5事業確保に必要と位置づけ―の3要件をすべて満たすこととしてはどうか、(4)について「特に患者が集中する精神科救急対応医療機関」を例示してはどうか、との考えも示しました。

(1)から(4)のうち、労働時間短縮を進めてもなおA水準を満たせない施設は全国で1500施設((1)3次医療機関の9割+(2)から(4)の7割)になると推計されます。もっとも病院団体からは、「救急車受け入れ台数は、病院の規模によって異なる。一律の台数基準ではなく、100床当たりの受け入れ台数などとしてはどうか」との指摘も出ており、今後、調整される可能性もありそうです。

 
なお、一度B水準医療機関として特定されたとしても、追加的健康確保措置(連続勤務時間制限や勤務間インターバル確保など)を実施していないことなどが明らかになれば、「特定の取り消し」などが検討されます。しかし、地域によっては「当該病院しか救急患者を受け入れる施設がない。また医師確保も難しく、救急患者対応のためにはインターバル確保が困難である」などの特殊性も考えられ、これは1医療機関で解決することはできません。こうした場合、地域の医療提供体制の再構築(救急対応を行う病院へ、地域の医師を集結させるなど)など、広域的な解決策を探ることになります。今村聡構成員(日本医師会副会長)や福島通子構成員(塩原公認会計士事務所特定社会保険労務士)は、「医療機関は、望んで法(労働基準法など)に違反しているわけではなく、地域医療確保との狭間で苦悩している」と述べ、「違反、即、B水準取り消し」とならないよう強く求めています。

特定医師の長時間労働が常態化する医療機関へ、医師派遣等を優先的に実施

 ところで、過疎地の病院等では「救急医療に従事する医師」が限られていることから、「特定の医師が、長期間にわたって1860時間近い時間外労働をせざるを得ない」ことが生じそうです。そこでは、産業医等が面接を行い「業務へのドクターストップ」をかけたとしても、当該医師は「自分が業務につかなければ、患者が死亡してしまう」との強い責任感から、業務を継続することになるでしょう。

 こうした場合に、上述のような「地域医療提供体制の再構築が進むまで我慢してほしい」と期待することは酷で、その間に健康・生命への被害が発生する可能性もあります。これを放置することは許されないため、厚労省は新たに「医師偏在対策において優先的な対応を行う」考えを示しています。

 医師偏在対策の一環として、「医師少数区域・都道府県」と「医師多数区域・都道府県」を定め、後者(医師多数)から前者(医師少数)へ医師派遣等を促す仕組みが構築されます(2019年度に各都道府県で「医師確保計画」を策定し、2020年度から実行)。その際、医師少数区域の中でも、「特定の医師において長時間労働が常態化している医療機関」に最優先で医師派遣等を行うことになります。「医師が派遣されてくる」ことが分かれば、上記の救急医のドクターストップ要請を受け入れやすくなるでしょう(関連記事はこちらこちらこちらこちらこちら)。
医師働き方改革検討会(1)の3 190313
 
 このためには都道府県が、個別医療機関の状態を十分に把握していることが前提となることから、都道府県と各医療機関との極めて緊密な連携が必要となります。

 また、医師派遣要請等が円滑・迅速に行われるよう、厚労省は「どの地域・医療機関に、どういった経歴の医師がいるのか」が把握できるようなデータベースを構築する考えも示しており、期待が集まります(どの医療機関に「医師を派遣してほしい」と要請すればよいかが把握しやすくなる)。

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

研修医や専攻医、高度技能の取得希望医師、最長1860時間までの時間外労働を認めてはどうか―医師働き方改革検討会(2)
救急病院などの時間外労働上限、厚労省が「年間1860時間以内」の新提案―医師働き方改革検討会(1)
勤務員の健康確保に向け、勤務間インターバルや代償休息、産業医等による面接指導など実施―医師働き方改革検討会(2)
全医療機関で36協定・労働時間短縮を、例外的に救急病院等で別途の上限設定可能―医師働き方改革検討会(1)
勤務医の時間外労働上限「2000時間」案、基礎データを精査し「より短時間の再提案」可能性も―医師働き方改革検討会
地域医療構想・医師偏在対策・医師働き方改革は相互に「連環」している―厚労省・吉田医政局長
勤務医の年間時間外労働上限、一般病院では960時間、救急病院等では2000時間としてはどうか―医師働き方改革検討会
医師働き方改革論議が骨子案に向けて白熱、近く時間外労働上限の具体案も提示―医師働き方改革検討会
勤務医の働き方、連続28時間以内、インターバル9時間以上は現実的か―医師働き方改革検討会
勤務医の時間外労働の上限、健康確保策を講じた上で「一般則の特例」を設けてはどうか―医師働き方改革検討会
勤務医の時間外行為、「研鑽か、労働か」切り分け、外形的に判断できるようにしてはどうか―医師働き方改革検討会
医師の健康確保、「労働時間」よりも「6時間以上の睡眠時間」が重要―医師働き方改革検討会
「医師の自己研鑽が労働に該当するか」の基準案をどう作成し、運用するかが重要課題―医師働き方改革検討会(2)
医師は応召義務を厳しく捉え過ぎている、場面に応じた応召義務の在り方を整理―医師働き方改革検討会(1)
「時間外労働の上限」の超過は、応召義務を免れる「正当な理由」になるのか―医師働き方改革検討会(2)
勤務医の宿日直・自己研鑽の在り方、タスクシフトなども併せて検討を―医師働き方改革検討会(1)
民間生保の診断書様式、統一化・簡素化に向けて厚労省と金融庁が協議―医師働き方改革検討会(2)
医師の労働時間上限、過労死ライン等参考に「一般労働者と異なる特別条項」等設けよ―医師働き方改革検討会(1)

医師の働き方改革、「将来の医師の資質」なども勘案した議論を―社保審・医療部会(1)
勤務医の時間外労働上限、病院経営や地域医療確保とのバランスも考慮―医師働き方改革検討会 第7回(2)
服薬指導や診断書の代行入力、医師でなく他職種が行うべき―医師働き方改革検討会 第7回(1)
業務移管など「勤務医の労働時間短縮策」、実施に向けた検討に着手せよ―厚労省

【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
医師事務作業補助体制加算、より実効ある「負担軽減」策が要件に―中医協総会 第387回(2)
非常勤医師を組み合わせて「常勤」とみなす仕組みを拡大へ—中医協総会(2)

医師の労働時間規制、働き方を変える方向で議論深める―医師働き方改革検討会(2)
勤務医の負担軽減目指し、業務移管など緊急に進めよ―医師働き方改革検討会(1)
タスク・シフティングは段階的に進める方向で議論―医師働き方改革検討会
医師の勤務実態を精緻に調べ、業務効率化方策を検討―医師働き方改革検討会
罰則付き時間外労働規制、応召義務踏まえた「医師の特例」論議スタート—医師働き方改革検討会
医師への時間外労働規制適用に向けて検討開始、診療報酬での対応も視野に—厚労省
医師も「罰則付き時間外労働の上限規制」の対象とするが、医療の特殊性も検討―働き方改革

医療・介護従事者の意思なども反映した供給体制の整備を—働き方ビジョン検討会

 
医師偏在対策まとまる、2019年度に各都道府県で「医師確保計画」定め、2020年度から稼働―医師需給分科会(2)
産科医が最少の医療圏は北海道の北空知(深川市等)と留萌、小児科では埼玉県の児玉(本庄市等)―医師需給分科会(1)
2036年の医療ニーズ充足には、毎年、内科2946名、外科1217名等の医師養成が必要―医師需給分科会(3)
2036年には、各都道府県・2次医療圏でどの程度の医師不足となるのか、厚労省が試算―医師需給分科会(2)
最も医師少数の2次医療圏は「北秋田」、最多数は「東京都区中央部」で格差は10.9倍―医師需給分科会(1)

「将来においても医師少数の都道府県」、臨時定員も活用した地域枠等の設置要請が可能―医師需給分科会(3)
医師数順位が下位3分の1の地域を「医師少数区域」とし、集中的に医師派遣等進める―医師需給分科会(2)
「医師少数区域等での勤務」認定制度、若手医師は連続6か月以上、ベテランは断続勤務も可―医師需給分科会(1)
外来医師が多い地域で新規開業するクリニック、「在宅医療」「初期救急」提供など求める―医師需給分科会
将来、地域医療支援病院の院長となるには「医師少数地域等での6-12か月の勤務」経験が必要に―医師需給分科会
入試要項に明記してあれば、地域枠における地元の「僻地出身者優遇」などは望ましい―医師需給分科会(2)
医師多数の3次・2次医療圏では、「他地域からの医師確保」計画を立ててはならない―医師需給分科会(1)
「必要な医師数確保」の目標値達成に向け、地域ごとに3年サイクルでPDCAを回す―医師需給分科会(2)
2036年に医師偏在が是正されるよう、地域枠・地元枠など設定し医師確保を進める―医師需給分科会
新たな指標用いて「真に医師が少ない」地域を把握し、医師派遣等を推進―医師需給分科会

 
公立病院等の機能、▼代表的手術の実績▼患者の重症度▼地理的状況―の3点で検討・検証せよ―地域医療構想ワーキング
CT・MRIなどの高額機器、地域の配置状況を可視化し、共同利用を推進―地域医療構想ワーキング(2)
主要手術の公民比率など見て、構想区域ごとに公立・公的等病院の機能を検証―地域医療構想ワーキング(1)
公立・公的病院の機能分化、調整会議での合意内容の適切性・妥当性を検証―地域医療構想ワーキング
地域医療構想調整会議、多数決等での機能決定は不適切―地域医療構想ワーキング
大阪府、急性期度の低い病棟を「地域急性期」(便宜的に回復期)とし、地域医療構想調整会議の議論を活性化—厚労省・医療政策研修会
地域医療構想調整会議、本音で語り合うことは難しい、まずはアドバイザーに期待―地域医療構想ワーキング(2)
公立・公的病院と民間病院が競合する地域、公立等でなければ担えない機能を明確に―地域医療構想ワーキング(1)
全身管理や救急医療など実施しない病棟、2018年度以降「急性期等」との報告不可―地域医療構想ワーキング(2)
都道府県ごとに「急性期や回復期の目安」定め、調整会議の議論活性化を―地域医療構想ワーキング(1)

都道府県担当者は「県立病院改革」から逃げてはいけない―厚労省・医療政策研修会

学識者を「地域医療構想アドバイザー」に据え、地域医療構想論議を活発化―地域医療構想ワーキング(2)
再編・統合も視野に入れた「公立・公的病院の機能分化」論議が進む―地域医療構想ワーキング(1)
2018年度の病床機能報告に向け、「定量基準」を導入すべきか―地域医療構想ワーキング
2025年に向けた全病院の対応方針、2018年度末までに協議開始―地域医療構想ワーキング
公的病院などの役割、地域医療構想調整会議で「明確化」せよ—地域医療構想ワーキング
急性期病棟、「断らない」重症急性期と「面倒見のよい」軽症急性期に細分―奈良県
「入院からの経過日数」を病棟機能判断の際の目安にできないか―地域医療構想ワーキング(1)
急性期の外科病棟だが、1か月に手術ゼロ件の病棟が全体の7%—地域医療構想ワーキング(2)
公的病院や地域医療支援病院、改革プラン作成し、今後の機能など明確に—地域医療構想ワーキング(1)
新規開設や増床など、許可前から機能などを把握し、開設時の条件などを検討—地域医療構想ワーキング
本年度(2017年度)の病床機能報告から、患者数の報告対象期間を1年間に延長—地域医療構想ワーキング(3)
大学病院の一部、「3000点」が高度急性期の目安と誤解、機能を勘案した報告を—地域医療構想ワーキング(2)
7対1病棟は高度急性期・急性期、10対1病棟は急性期・回復期との報告が基本に—地域医療構想ワーキング(1)
地域医療構想出揃う、急性期の必要病床数は40万632床、回復期は37万5246床—地域医療構想ワーキング(3)
病院の急性期度をベンチマーク分析できる「急性期指標」を報告—地域医療構想ワーキング(2)
循環器内科かつ高度急性期にも関わらず、PTCAを1度も実施していない病院がある—地域医療構想ワーキング(1)

Pocket