がん患者等への「人生の最終段階の医療」、満足度は高いが、痛み等が除去されないケースも―国がん



Pocket

 がんや心疾患などで亡くなられた患者の「遺族」の8割程度は、患者へ提供された医療内容などに満足しているが、「痛みが除去されなかった」ケース(3割程度)、「療養場所について十分な話し合いがなされなかった」ケース(2割程度)、「遺族による介護負担が重かった」ケース(4割程度)もあり、さらなる「医療の質」向上に向けた取り組みが期待される―。

 国立がん研究センター(国がん)が12月26日に公表した「患者が亡くなる前に利用した医療や療養生活の実態」に関する予備調査結果から、こうした状況が明らかになりました(国がんのサイトはこちら(予備調査報告書)こちら(プレスリリース))。

 がん患者の「人生の最終段階における苦痛」や「療養状況」に関する全国的な遺族調査は、我が国では初の試みです。

5割程度の遺族は「痛みの除去」や「療養場所」に満足しているが、不満を覚えるケースも

 人生の最終段階において、「貴重な時間を、可能な限りその人が望むようにより良く過ごすことができる」ような医療提供が求められています。そうした中で国がんは、「2016年に▼がん▼心疾患▼脳血管疾患▼肺炎▼腎不全―で亡くなられた患者」の遺族(有効回答2295名)を対象に、遺族から見た「医療やケアの質」「亡くなる前1か月間の患者の療養生活の質」「亡くなる1週間前の時点での患者の痛みや苦痛」「家族の介護負担やその後の精神的な負担」などをアンケート方式で調べています。

 患者の疾患構成は、▼がん:1630名(有効回答の71.0%)▼心疾患:131名(同5.7%)▼脳血管疾患:157名(同6.8%)▼肺炎:198名(同8.6%)▼腎不全:178名(同7.8%)―です。

 まず「亡くなる前1か月間の患者の療養生活の質」については、遺族の目線で▼痛みなく過ごせたか▼穏やかな気持ちで過ごせたか▼望んだ場所で過ごせたか▼家族や友人と十分に時間を過せたか―などを調査。次のような状況が明らかになりました。

[痛みなく過ごせた患者の割合]
▼がん:51.8%▼心疾患:49.6%▼脳血管疾患:47.1%▼肺炎:50.0%▼腎不全:52.3%
がん患者等の人生の最終段階の医療に関する予備調査(国がん)1 181226
 
[穏やかな気持ちで過ごせた患者の割合]
▼がん:52.6%▼心疾患:55.7%▼脳血管疾患:49.0%▼肺炎:53.5%▼腎不全:57.9%

[望んだ場所で過ごせた患者の割合]
▼がん:55.9%▼心疾患:45.8%▼脳血管疾患:39.5%▼肺炎:50.0%▼腎不全:53.9%
がん患者等の人生の最終段階の医療に関する予備調査(国がん)2 181226
 
[家族や友人と十分に時間を過せた患者の割合]
▼がん:60.9%▼心疾患:56.5%▼脳血管疾患:46.5%▼肺炎:50.5%▼腎不全:58.4%

 半数程度の患者が、「痛みなく、希望する場所での療養」が可能となっていましたが、死亡前1か月の間▼3割程度の患者は「痛みがある状態で過ごしていた」▼4割程度の患者は「痛みを含めた身体の苦痛がある状態で過ごしていた」―ことなども明らかとなりました。

 また療養場所(病院か、自宅か、など)によっても状況が若干異なり、例えばがん患者では、「病院での療養よりも、施設での療養のほうが『痛みを感じなかった』患者の割合が多い」、「病院での療養よりも、施設、さらに自宅での療養のほうが『穏やかな気持ちで過ごせた』患者の割合が多い」「自宅での療養では9割の患者が『希望する場所で療養できた』と感じているが、病院・施設での療養では3割程度にとどまる」ことなども分かりました。ただし「痛み」については、症状が安定した患者において施設等での療養が可能となることなども考慮した分析が必要です。

8割程度の遺族は医療提供内容に満足、ただし疾患により違いなども

次に「亡くなる前に受けた医療の構造・プロセス」に関しては、▼医療者が患者の苦痛症状に速やかに対応していたか▼医療者が患者の不安・心配を和らげるように努めていたか▼医師の患者への病状・治療内容の説明は十分だったか▼医療に対し全般的に満足したか―などを調べており、次のような状況が分かりました。

[医療者が患者の苦痛症状に速やかに対応していたと考える遺族の割合]
▼がん:83.7%▼心疾患:72.5%▼脳血管疾患:72.0%▼肺炎:79.3%▼腎不全:80.3%
がん患者等の人生の最終段階の医療に関する予備調査(国がん)3 181226
 
[医療者が患者の不安・心配を和らげるように努めていたと考える遺族の割合]
▼がん:83.1%▼心疾患:74.1%▼脳血管疾患:74.5%▼肺炎:77.8%▼腎不全:83.7%
がん患者等の人生の最終段階の医療に関する予備調査(国がん)4 181226
 
[医師の患者への病状・治療内容の説明は十分だったと考える遺族の割合]
▼がん:78.2%▼心疾患:67.2%▼脳血管疾患:63.7%▼肺炎:68.7%▼腎不全:80.3%
がん患者等の人生の最終段階の医療に関する予備調査(国がん)5 181226
 
[医療に対し全般的に満足した遺族の割合]
▼がん:76.2%▼心疾患:62.6%▼脳血管疾患:64.3%▼肺炎:74.8%▼腎不全:78.7%
がん患者等の人生の最終段階の医療に関する予備調査(国がん)6 181226
 
医療提供について、多くの遺族は高く評価していることが分かりました。ただし、疾患による違いもあり、例えば、がんや腎不全では、療養場所に関わらず「質の高い医療が提供されていた」と感じる遺族が大多数ですが、心疾患や脳血管疾患では、病院・自宅で療養する場合、医療提供内容に不満を感じる遺族が4割近くなっています。

さらなる医療の質向上に向けて、「満足度が低い理由」などを詳細に分析し、対応策を検討・実施していくことが期待されます。

 
また、「最後の療養場所の希望」に関して主治医との話し合いが十分になされた割合を見ると、▼がん:65.8%▼心疾患:47.8%▼脳血管疾患:43.3%▼肺炎:50.0%▼腎不全:61.5%—と疾患によって相当程度異なっていることが分かりました。上述のように、「療養場所によって満足度等が異なる」ことを踏まえ、十分な話し合いがなされることが期待されます。

4割の遺族が介護負担、2割の遺族が悲嘆を感じている

一方、疾患に関わらず、「介護負担感」については4割程度の遺族が「負担が大きかった」と答え、「抑うつ」については1割程度の遺族が感じている、「複雑性悲嘆(離別の苦痛)」を2割程度の遺族が感じている、ことなども明らかになりました。公的介護保険の活用に関する説明等が十分になされているか、グリーフケアが十分に実施されているか、などを再点検することが期待されます。
がん患者等の人生の最終段階の医療に関する予備調査(国がん)7 181226
 
なお、自宅療養において「介護負担感がある」と答えた遺族の割合は、病院・施設での療養と大差ありません。自宅での療養に置いては、介護保険サービスが相当程度利用されていることなども考えられ、より詳細な調査・分析が待たれます。

 
調査結果を踏まえ、国がんでは「予備調査の対象者数は限られており、場所別・疾患別結果は参考値とすべき」との前提を置いたうえで、▼医療に対する満足度が高い一方で、必ずしも全ての人の苦痛が十分に取り除かれていない▼患者や家族の苦痛を和らげるための緩和ケアは、あらゆる人と場所に届けられる基本的ケアであり、さらなる改善に取り組むことが重要―とコメントしています。

さらに国がんでは、予備調査結果を踏まえて、本年(2019年)に5万名の遺族を対象とする「本調査」を実施する予定です。予備調査では、「家族の死亡を思い出すことがつらい」「設問が多い」との理由で回答拒否となるケースもあり、改善・工夫が求められます。
 
 

 がん医療の質向上に向けては、「自院」と「全国のがん診療連携拠点病院等」の比較も重要でしょう。「CQI(Cancer Quality Initiative)研究会」(代表世話人:望月泉:八幡平市病院事業管理者・岩手県立病院名誉院長)では、DPCデータをもとに会員病院間でベンチマーク分析を実施し、「がん医療の質向上」に向けた研究を行っています(グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンがデータ分析等を担当)(関連記事はこちら)。

   
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

2014年のがん罹患率、男性は胃がんの72.0、女性は乳がんの82.9が最高—国がん
がんの「3年生存率」を初公表、病期・部位により3年・5年・10年の生存率推移に特徴―国がん
がんの5年生存率、全体で65.8%、乳がんで92.7%、肝臓がんで39.6%―国がん

がん標準治療が浸透しているが、乳房切除後の乳がん患者への放射線照射は7割未満―国がん
10歳代までは白血病、20歳代は胚細胞腫瘍・性腺腫瘍、30歳代では乳がんが多い―国がん
がんの5年生存率・10年生存率は前年調査より若干低下、乳がんでは向上―国がん
2013年のがん罹患率、前年に続き減少し361.9、地域特性を踏まえたがん対策を—国がん
がんの5年生存率、全体で65.2%、乳がんで92.7%、肺がんで39.1%―国がん
がんの5年生存率、前立腺や乳がんでは9割超えるが、膵がんでは9.2%にとどまる―国がん
2014年のがん登録、最多は大腸がんで9万4596件―国立がん研究センター
今年(2016年)のがん罹患者は101万2000例、がんでの死亡は37万4000人―国立がん研究センター
2012年の人口10万人当たりがん患者は365.6、男性では胃がん、女性では乳がんが最多―国立がん研究センター
標準的がん治療の実施率にバラつき、「胃がんへの術後S-1療法98.8%」「リンパ節転移乳がんへの術後放射線照射61.7%」など―国がん研究センター
患者の免疫状態を正確に測定する新手法開発、抗体薬の効率的開発に期待―国立がん研究センター
乳がん・肺がん・肝臓がん、5年生存率に比べて10年生存率は大きく低下―国立がん研究センター
治療抵抗性の乳がん患者に対する新治療法、治験を開始―国立がん研究センター
がん罹患数98万例、死亡者数は37万人に―国立がん研究センター15年推計

希少がんの「四肢軟部肉腫」を適切に治療できる施設リストを公開―国がん
がん医療の内容、実績、クリニカルパスを他院と比較し、がん医療の質向上を目指す―CQI研究会

「正しいがん医療情報の提供」、第4期がん対策推進基本計画の最重要テーマに―がん対策推進協議会
第3期がん対策推進基本計画の中間評価を2020年度に実施、評価指標の検討始まる―がん対策推進協議会
第3期がん対策推進基本計画の中間評価を2020年度に実施、評価指標の検討始まる―がん対策推進協議会
第3期がん対策推進基本計画の中間評価を2020年度に実施、評価指標の検討始まる―がん対策推進協議会
地域がん診療連携拠点病院、機能・実績に応じ「高度型」「特殊型」など3分類に―がん診療提供体制検討会
がん携拠点病院の新要件固まる、2019年4月から新要件に基づくがん体制始まる―がん診療提供体制検討会
地域がん拠点病院、2019年から機能や実績に応じて3区分に―がん拠点病院指定要件ワーキング
拠点病院にABCの区分設け、補助金などに反映―拠点病院の指定要件ワーキング

第3期がん対策推進基本計画を閣議決定、ゲノム医療推進や希少・難治がん対策など打ち出す
病院にピアサポーターが必要な本当の理由、がん患者を支える非医療職の実像

【2018年度診療報酬改定答申・速報6】がん治療と仕事の両立目指し、治療医と産業医の連携を診療報酬で評価
第3期がん対策基本計画案を了承、2020年までに受動喫煙をゼロにする—がん対策推進協議会
がんゲノム医療を提供できる中核病院を、本年度(2017年度)中に7-10施設指定—がんゲノム医療懇談会
第3期がん対策の素案、予防・医療充実・共生・基盤整備すべてを重点分野に—がん対策推進協議会
がんゲノム医療、当面は新設する「がんゲノム医療中核拠点病院」で提供―がんゲノム医療懇談会
第3期がん対策基本計画、「がんの克服」をスローガンに掲げる—がん対策推進協議会
「免疫療法」の推進、科学的根拠のない免疫細胞療法と峻別し、がん対策基本計画に明記を―がん対策推進協議会
次期がん対策基本計画の全体目標、「予防」「治療」「共生」を軸に調整―がん対策推進協議会

千葉県がんセンター、4月から都道府県拠点病院に復帰―がん拠点病院指定検討会
同一医療圏で複数のがん拠点病院を指定する場合、明確な「相乗効果」が必要―がん拠点病院指定検討会

がんの地域連携パスを活用し、拠点病院単独でなく地域全体でがん患者を支えよ―がん診療提供体制検討会(2)
がん医療の均てん化を進めるが、粒子線治療やゲノム医療など一部は集約化も必要―がん診療提供体制検討会(1)
がん拠点病院の指定要件、2018年1月目途に「医療安全」項目の追加など根本的見直し―がん診療提供体制検討会
がん診療連携拠点病院におけるステージ別症例数や人員体制など、国民に分かりやすく情報提供―がん診療提供体制検討会
第3期がん対策推進基本計画、ゲノム医療や希少・小児がん対策などを柱の1つに―がん対策推進協議会
第3期がん対策推進基本計画の策定に向け、集中的に議論を重ね早ければ年内に骨子案策定―がん対策推進協議会
がん対策基本計画の中間評価まとまる、「死亡率20%減」は達成できず―がん対策推進協議会
がん対策推進基本計画の中間評価、6月10日の協議会で報告書とりまとめへ―がん対策推進協議会
がん対策の最大目標「死亡率の20%減少」、達成困難な状況に危機感―がん対策推進協議会

自治体独自のがん拠点病院として、東京新宿メディカルセンターと東海大八王子病院を指定—東京都

第3期がん対策推進基本計画を閣議決定、ゲノム医療推進や希少・難治がん対策など打ち出す

特定機能病院や臨床研究中核病院、「医療安全管理部門の設置」などを承認要件に追加―厚労省
特定機能病院に医療安全管理体制強化や外部監査委設置などの要件追加―厚労省
特定機能病院に、「監査委員会」設置や「医療安全担当の副院長」配置を義務付け―厚労省
特定機能病院への集中立入検査を6月から実施、目的は「実態把握」―厚生労働省
女子医大病院と群馬大病院の特定機能病院の承認取り消し決定、特定機能病院の承認要件見直しも検討―塩崎厚労相

医療安全のピアレビュー、抗菌薬の適正使用推進を評価する加算を新設―疑義解釈1【2018年度診療報酬改定】(2)

胸部食道がん、平均値では胸腔鏡手術のほうが開胸手術よりも術後日数が長い―CQI研究会
ベンチマークと臨床指標でがん医療の均てん化を推進―CQI研究会、8月開催
大腸がんの在院日数、短縮傾向もなお病院格差-CQI研究会が経年分析
乳がんの治療法、放射線実施率など格差鮮明―CQI研究会、臨床指標20項目を調査
前立腺がん手術、在院日数最短はダヴィンチ、合併症発生率は?―第10回CQI研究会
拠点病院は現場の使命感で支えられている、今こそ「医療の質評価」の普及を――九がん・藤院長

ステージ3Bの医療経済学者、がんで逝った友への鎮魂歌控除対象外消費税問題、「診療報酬で補填の上、個別に過不足を申告する」仕組みを提言―三師会・四病協
2014年度消費税対応改定の補填率調査に誤り、特定機能病院は6割補填にとどまる―消費税分科会

異なるベンダー間の電子カルテデータ連結システムなどの導入経費を補助―厚労省・財務省

Pocket