国民に理解される公正・公平な入試制度の実現を目指す―医学部長病院長会議



Pocket

 全国医学部長病院長会議(会長:山下英俊・山形大学医学部長)は10月13日に、「公平 ・公正な医学部入試の在り方の検討」に向けて声明を発表しました。

 一部の大学医学部において、学生の選考にあたり女学生や浪人生を不利に扱っていることが明らかになっています。また医師偏在の是正に向けて、医療法・医師法の改正にあたり、国会が「地域枠の改善」を求める付帯決議を行うなど、医学部入試の在り方が問われています。

そうした中で全国医学部長病院長会議では、「国民に理解される公正・公平な入試制度の実現」を目指し、文部科学省による「医学部入試の実態」把握に協力するとともに、(1)▼性別▼浪人年数▼内部進学▼地域枠—など「様々な入学枠に関する公平性」の考え方(2)募集要項など「受験生への事前の情報提供」の在り方—などの自律的な検討を開始しました。具体的には、全国医学部長病院長会議に「大学医学部入学試験制度検討小委員会」(委員長:嘉山孝正・山形大学参与)を新設し、本年度(2018年度)内に結論を出すこととしています。

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

医学部卒業前の「臨床実習」強化、「医学生の医行為」の法的位置づけ明確に―医学部長病院長会議
医学部教育における「臨床実習」が年々充実、3000時間近い医学部も―医学部長病院長会議
初期臨床研修をゼロベースで見直し、地方大学病院の医師確保を—医学部長病院長会議
論理的に考え、患者に分かりやすく伝える能力を養うため、専門医に論文執筆は不可欠—医学部長病院長会議

Pocket