出産、育児、介護などで医療現場を離れていた医師向けに、都立病院が復職支援―東京都



Pocket

 「出産、育児、介護などで長期間、医療現場を離れていたが、都内の医療機関で復職したい」と希望する医師を対象に、東京都立病院において、▼臨床能力の向上▼最新知見の習得—のための復職支援プログラム「東京医師アカデミー・復職支援プログラム」を東京都がスタートさせます。9月12日から、申込が随時受け付けられています(都のサイトはこちらこちら)。
 

都立病院で、臨床能力向上や最新知見修得のための復職支援研修を開始

 東京医師アカデミーは、都立病院・公社病院が一体となった「専門医取得のための組織的な後期臨床研修システム」で、もちろん今年(2018年)4月から全面スタートした新専門医制度にも対応しています。

 今般、都病院局は、「出産、育児、介護などで長期間、医療現場を離れていたが、都内の医療機関で復職したい」と希望する医師(性別、医歴不問)を対象に、「東京医師アカデミー」を運営する都立病院において、▼臨床能力の向上▼最新知見の習得—のための復職支援プログラムをスタートさせます。

 医療・医学、科学技術の進展は目覚ましく、また医療を取り巻く諸制度も大きく変化しているため、「従前と同じ診療領域に復職したいが、最近の動向などが良く分からない」といった医師の不安に応えるため、研修内容は、定型的なものではなく、「本人の希望に沿った内容で、オーダーメイド型の研修を実施する」としています。例えば、▼麻酔科領域における「手術室での麻酔管理」研修▼放射線科領域における「CT、MRIなどの読影診断」研修▼精神科領域における「外来診療業務、病棟診療業務」研修—などが考えられるでしょう。

 復職支援プログラムによって、医師の研修を実施するのは次の8病院です。

(1)広尾病院(渋谷区)
 ▼呼吸器科▼救急診療科▼腎臓内科▼神経内科▼外科▼皮膚科▼産婦人科▼眼科▼麻酔科▼内視鏡科

(2)大塚病院(豊島区)
▼内科▼外科▼産婦人科▼耳鼻咽喉科▼麻酔科▼診療放射線科▼病理診断科▼リウマチ膠原病科▼小児科▼皮膚科▼泌尿器科▼眼科▼リハビリテーション科▼口腔科

(3)駒込病院(文京区)
▼内科(循環器)▼内科(脳神経)▼内科(血液)▼内科(肝臓)▼内科(糖尿病・内分泌内科)▼小児科▼外科(食道)▼骨軟部腫瘍科▼腎泌尿器外科▼耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍外科▼感染症科▼麻酔科▼内科(消化器)▼内科(呼吸器)▼内科(腎臓)▼内科(膠原病)▼総合診療科▼外科(肝胆膵)▼外科(乳腺)▼ 整形外科▼眼科▼歯科口腔外科▼診療放射線科(診断部)▼診療放射線科(治療部)▼内視鏡科

(4)墨東病院(墨田区)
▼内科▼循環器科▼胸部心臓血管外科▼皮膚科▼耳鼻咽喉科▼リハビリテーション科▼リウマチ膠原病科▼診療放射線科▼麻酔科▼歯科口腔外科▼感染症科▼救急診療科▼病理診断科▼小児科▼外科▼泌尿器科▼新生児科▼産婦人 科▼眼科▼総合診療科▼内視鏡科▼輸血科

(5)多摩総合医療センター(府中市)
▼感染症科▼血液内科▼循環器内科▼眼科▼リウマチ膠原病科▼診療放射線科▼救急総合診療センター(ER)▼腎臓内科▼緩和ケア科▼外科▼整形外科▼脳神経外科▼形成外科▼泌尿器科▼産婦人科▼耳鼻咽喉科・頭頸部外科▼リハビ リテーション科▼麻酔科

(6)神経病院(府中市)
▼脳神経内科

(7)小児総合医療センター(府中市)
▼総合診療科▼循環器科▼内分泌・代謝科▼血液・腫瘍科▼腎臓内科▼呼吸器科▼結核科▼感染症科▼消化器科▼アレルギー科▼臨床遺伝科▼外科▼心臓血管外科▼泌尿器科▼整形外科▼形成外科▼脳神経外科▼眼科▼耳鼻咽喉科▼臓器移植科▼診療放射線科▼麻酔科▼集中治療科▼救命救急科▼新生児科▼心理・福祉科▼心療内科▼神経内科▼小児歯科▼児童・思春期精精神科

(8)松沢病院(世田谷区)
▼精神科▼内科

医師側の希望と病院の状況を調整し、研修医療機関が決まります。研修期間中は、病院と雇用契約を結ぶことになり(当該病院の勤務医となる)、都の規定に基づく手当が支給されます。

 これらの病院で研修を受け、最新の知見等を習得した後、都立病院を含む地域医療機関で活躍することが期待されます。
東京医師アカデミー復職支援プログラム 180912の図表

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

広尾病院・大塚病院は広域基幹型を、駒込病院はがん医療の専門性向上などを目指す―東京都
都立8病院は地方独法へ移行し、経営基盤の強化を図れ―東京都・都立病院経営委員会
8都立病院・6公社病院の診療データ活用し、医療水準の向上や臨床研究・治験の推進目指す―東京都
東京都、2025年には現在よりも8000床多い病床が必要だが、直ちに増床はしない―都地域医療構想説明会

Pocket