地域包括ケア病棟の在宅復帰先から老健施設を除外、ベッド稼働率が如実に悪化―日慢協・武久会長



Pocket

 2018年度の診療報酬改定で、地域包括ケア病棟からの「在宅復帰先」として指定介護老人保健施設(老健施設)が除外されるなどの見直しが行われた。老健施設では、在宅強化型が超強化型でも経営が厳しくなっており、とくに「地方で開設する単独型」の老健施設は非常に厳しい。制度的な手当てを考えていく必要がある―。

日本慢性期医療協会の武久洋三会長は、8月9日の定例記者会見でこう訴えました。

8月9日の定例記者会見に臨んだ、日本慢性期医療協会の武久洋三会長
8月9日の定例記者会見に臨んだ、日本慢性期医療協会の武久洋三会長
 

地方・単独型の老健施設でとくに経営が悪化、2021年度の介護報酬改定で手当てを

冒頭に述べたように、2018年度の診療報酬改定では、地域包括ケア病棟の「在宅復帰」先から老健施設が除外されました。これは、「病院から老健施設へ」という患者の流れを変える恐れがあり、現場からは「病院から入所者(退院患者)が来なくなってしまった。一方で、在宅復帰には力を入れなければならず、ベッドの稼働率が低下し、経営が厳しくなっている」との悲鳴が上がっているといいます。

少し分解して整理してみましょう。

老健施設は、もととも1986年に「病院と自宅との中間施設」として設置され、2000年度から介護保険施設の1つに位置付けられています。老健施設に入所する前の居場所、つまり「入所者は、どこから老健施設に来ているのか」を見ると、強化型では▼自宅等51.7%▼医療施設43.0%―、加算型では▼自宅等39.1%▼医療施設56.0%―、従来型では▼自宅等29.3%▼医療施設65.1%―という状況で、「医療施設(病院や診療所)からの入所者」が相当部分を占めていることが分かります。

老健施設の入所者の相当部分は医療施設からの退院患者(水色部分)で占められている
老健施設の入所者の相当部分は医療施設からの退院患者(水色部分)で占められている
 
しかし、2018年度改定で地域包括ケア病棟からの「在宅復帰」先から外れた(従前は後述する強化型・加算型は在宅復帰先にカウントされていた)ため(関連記事はこちらこちら)、在宅復帰率を確保したい病院は、患者の退院先を「老健施設以外」にシフトすると考えられます。これは、老健施設サイドからみると「新規入所者の供給が大きく減少する」ことを意味します。
2018年度の診療報酬改定で、地域包括ケア病棟の在宅復帰先から老健施設(強化型・加算型であっても)は除外された(上段)
2018年度の診療報酬改定で、地域包括ケア病棟の在宅復帰先から老健施設(強化型・加算型であっても)は除外された(上段)

一方、老健施設は、そもそもの成り立ちが「中間施設」、つまり「在宅復帰を目指す施設」という位置づけであることを踏まえ、前回の同時改定(2012年度改定)で「在宅復帰に力を入れる施設の基本報酬を高く評価する」(在宅復帰率等に応じて▼基本報酬の高い「強化型」▼基本報酬はそのままに加算を算定できる「加算型」▼基本報酬がそのままの「従来型」—に区分)こととなりました。2018年度改定では、さらにリハビリ提供機能(これも在宅復帰に向けた重要な要素である)なども勘案し、▼超強化型▼在宅強化型▼加算型▼基本型▼その他型―に細分化。報酬の高い「超強化型」や「在宅強化型」を目指すには、在宅復帰率を高めていくことが求められます。

2018年度の介護報酬改定において、老健施設は在宅復帰率や機能に応じて細分化された
2018年度の介護報酬改定において、老健施設は在宅復帰率や機能に応じて細分化された
 
もっとも「在宅復帰率を高める」ことは「入所者を減らす」ことにつながり、これは「収益の悪化」を意味します。単純な在宅復帰率の向上は経営悪化を招いてしまうのです。

したがって、メディ・ウォッチでもたびたびお伝えしていますが、「在宅復帰率の向上」を進める(病院では平均在院日数の短縮)と同時に、「新規入所者の獲得」策を強化しなければならないのです。しかし、前述のように「新規入所者の獲得が難しい」ため、老健施設の多くで「経営悪化」が指摘されているのです。

 
この点について、日慢協が会員施設を対象に調査を行ったところ(150施設、定員1万3364人)、次のように「非常に厳しい経営状況にある老健施設が多い」ことが分かりました。

▽2015年度時点と比べて、全体では39.8%でベッドの稼働率が落ちている(▼超強化型:23.0%▼在宅強化型:50.0%▼加算型:50.0%▼基本型:34.2%▼その他型:60.0%▼介護療養型(転換型):50.0%—)

▽2013年度時点と比べて、全体では46.1%で収支が悪化している(▼超強化型:31.6%▼在宅強化型:100.0%▼加算型:48.1%▼基本型:50.0%▼その他型:0.0%▼介護療養型(転換型):50.0%—)

 
日慢協会員の開設する老健施設には、「職員配置(とくにリハビリスタッフ)が手厚い」「在宅復帰率が高い」といった特徴がありますが、それでも経営が悪化しています。とくに強化型では、「老健施設が在宅復帰先としてカウントされなくなり、稼働が悪化している」状況のようです。また、介護報酬(基本報酬)を2012年度と2018年度で比較すると、超強化型以外は低下しており、これも経営悪化に追い打ちをかけていると日慢協は分析しています。

武久会長は、「都市部に設置していたり、病院に併設している老健施設ではまだしも、地方に設置する、単独型の老健施設では経営が非常に厳しくなっている。老健施設は37万床あり、『病院に併設しているか否か』『他の介護施設(特養ホーム等)に併設しているか否か』『設置の地域(都市部か、地方部か)』などの違いから、一律に考えることは難しいのではないか。地方で、質の高いサービスを提供する単独型の老健施設でも、適切に運営できるようにする必要がある」と強調し、2021年度に予定される次期介護報酬改定に向けて調査・分析を深めていく考えを述べています。

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

「特定行為研修を修了した看護師」のスキルアップ・地位向上に向けた協会を設立―日慢協・武久会長

日慢協が武久会長を再任、「高度慢性期医療」の提供を目指す
医療療養から介護医療院へ転換進めるため、介護保険も「都道府県化を保険者」とせよ―日慢協・武久会長
一般病棟の長期入院患者、療養病棟入院基本料でなく「特別入院基本料」を算定せよ―日慢協・武久会長
25対1医療療養の5割超が20対1医療療養へ、介護療養の5割弱が介護医療院Iの1へ―日慢協調査

慢性期病院、介護療養から新類型への転換やリハ機能充実で大幅収益改善も―日慢協・武久会長

回復期リハ病棟1の「実績指数37」要件、摂食や排泄リハ推進のメッセージ―日慢協・武久会長
回復期リハ病棟のリハ専門職を急性期病棟に派遣し、早期リハを目指せ―日慢協・武久会長
療養病棟の死亡退院率を「半減させよ」―日慢協・武久会長
療養病床の入院患者に居住費相当の自己負担を求めるのは「理由なき差別」―日慢協・武久会長
一般・療養の区分を廃止し、連続的な診療報酬上の評価を―日慢協・武久会長
特養ホームでの適切な医療提供や、医療機関からの訪問看護の評価充実を―日慢協
人工呼吸器装着患者などに高度な慢性期医療を担う「慢性期治療病棟」を2018年度改定で創設せよ—日慢協
病棟看護師の大半は薬剤師などの病棟配置に期待、入院基本料での評価が必要—日慢協・武久会長
薬剤師など多職種の病棟配置、看護師と併せて入院基本料の中で評価せよ―日慢協・武久会長
急性期病院における栄養・水分補給の充実で、回復期・慢性期の入院期間短縮を—日慢協・武久会長
2018年度の同時改定でリハビリ革命を、急性期早期リハは報酬を2倍に引き上げよ―日慢協・武久会長
軽度な後期高齢入院患者は療養病棟などへ転院し、年間3兆円超の医療費縮減を行うべき―日慢協・武久会長
介護療養からの新たな転換先、現在の介護療養よりも収益性は向上する可能性―日慢協試算
リハビリ能力の低い急性期病院、入院から20日までに後方病院に患者を送るべき―日慢協・武久会長

削減する病床を、特定看護師を施設長とする「病院内施設」へ転換せよ―日慢協の武久会長

介護医療院、利用者の個別ニーズに合わせたサービス提供が極めて重要―日本介護医療院協会

看護必要度II、3月・9月中に切り替える場合は実績期間も前倒し可能―疑義解釈7【2018年度診療報酬改定】
一般の病床が満床で差額ベッドのみ空床の場合、懇切丁寧な説明と同意あれば差額ベッド代徴収は従前通り可能―疑義解釈6【2018年度診療報酬改定】
看護必要度II、一覧に記載された薬剤の「類似薬」も評価対象に―疑義解釈5【2018年度診療報酬改定】
看護必要度II、投薬・注射・手術・麻酔の薬剤のみ評価対象―疑義解釈4【2018年度診療報酬改定】
自院で介護保険訪問看護を実施していれば、地域包括1・3の選択基準満たす―疑義解釈3【2018年度診療報酬改定】
7対1病院が急性期一般1を算定する場合、9月までは特段の届け出不要―疑義解釈2【2018年度診療報酬改定】
保険診療上の【オンライン診療料】、実施指針よりも厳格に運用―疑義解釈1【2018年度診療報酬改定】(3)
医療安全のピアレビュー、抗菌薬の適正使用推進を評価する加算を新設―疑義解釈1【2018年度診療報酬改定】(2)
看護必要度IIの詳細、入院時支援加算における専従・専任看護師の規定など解説―疑義解釈1【2018年度診療報酬改定】(1)

外来から入院、退院後の在宅医療までをマネジメントするPFM、さまざまなメリットが!
鈴木医務技監・迫井医療課長がGHC改定セミナーに登壇!「重症患者受け入れ」に軸足を置いた入院報酬に!

200床以上で看護必要度II要件を満たさない場合、急性期一般入院料2・3は届出可能か―厚労省
DPCのEF統合ファイル用いる看護必要度II、選択可能な病院の条件を提示―厚労省

2018年度診療報酬改定、答申内容を一部訂正―厚労省
【2018年度診療報酬改定答申・速報6】がん治療と仕事の両立目指し、治療医と産業医の連携を診療報酬で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報5】在総管と施設総管、通院困難患者への医学管理を上乗せ評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
【2018年度診療報酬改定答申・速報3】かかりつけ機能持つ医療機関、初診時に80点を加算
【2018年度診療報酬改定答申・速報2】入院サポートセンター等による支援、200点の【入院時支援加算】で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報1】7対1と10対1の中間の入院料、1561点と1491点に設定

Pocket