2018年度改定対応を乗り切る!病院ダッシュボードχで学ぶ「GHC病院経営データ分析塾」開催



Pocket

 グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC)は5月から8月にかけて、病院の経営部門関係者向け勉強会「2018年度改定対応を乗り切る!病院ダッシュボードχで学ぶ『GHC病院経営データ分析塾』」を東京・大阪・愛知の3大都市で開催します。2017年に開催し、大好評を博したシリーズのため、2018年も継続開催することが決定しました。現在、お申し込み受付中です。(申し込みページはこちら

 今回は開催場所を3大都市に拡大したほか、勉強会を受講するにあたり、さらに基本的な内容を講義する「プレスクール」を同時開催。病院の経営改善に興味のある、より幅広い方々が安心して受講できる内容にしました。

3大都市に拡大、プレスクールも

 「2018年度改定対応を乗り切る!病院ダッシュボードχで学ぶ『GHC病院経営データ分析塾』」は、入職・異動間もない医事課、経営企画(戦略室)、診療情報管理室、診療部門・技術部門で実際にデータを扱う病院職員に向けて、医療情報分析の基礎を学ぶための勉強会。経営改善に欠かせない知識を身に付け、使えるデータ分析資料を作成できるようになることが目的です。すべての会に参加する必要はなく、ご希望の会のみ受講することも可能です。

 セミナー申し込みページ、好評だったシリーズの前回記事、おすすめする対象者、セミナー概要を以下に記しますので、是非、ご参加をご検討ください。

◆申し込みサイトはこちら

シリーズの前回記事

こんな方にオススメです

◆プレスクール(5月・7月の分析塾と同日開催)
・分析塾の内容だけでなく、もっと基本的な操作を知りたい方
・操作に不安がある方
◆分析塾
・経営改善の成果を出す必要のある方
・経営課題は分かっているが、分析方法・改善方法が分からない方
・部門長、経営企画や医事部門のリーダーの方

開催概要

◆セミナー名称
 2018年度改定対応を乗り切る!
 病院ダッシュボードχで学ぶ「GHC病院経営データ分析塾」

◆テーマ
 5月:機能評価係数Ⅰ・Ⅱ向上
 6月:看護必要度Ⅰ・Ⅱ重症度向上(※オプション機能の看護必要度分析を使用)
 7月:現場を動かす資料作成術
 8月:Ⅱ群昇格、Ⅱ群維持(※オプション機能の手術分析・外来分析を使用)

◆開催日・会場
 5月15日(火)東京(リージャス新宿イーストサイドスクエア)
 5月22日(火)愛知(TKP名駅東口カンファレンスセンター)
 5月29日(火)大阪(JEC日本研修センター江坂)

 6月12日(火)大阪(JEC日本研修センター江坂)
 6月19日(火)東京(リージャス新宿イーストサイドスクエア)
 6月26日(火)愛知(ウインクあいち)

 7月10日(火)東京(リージャス新宿イーストサイドスクエア)
 7月24日(火)大阪(JEC日本研修センター江坂)

 8月21日(火)東京(リージャス新宿イーストサイドスクエア)

※留意事項※
  病院の実データを見ながらの参加をご希望の場合には、
  下記のご対応が必要となります。
   ①DPCデータ等の必要なデータのご提出
   ② データ保護に関する覚書の取り交わし
  詳細に関しましては、お申込み後、別途ご案内いたします。

◆所要時間
 *プレスクール
   12:30~13:30(受付開始は12:00~)
    ※5月・7月の分析塾と同日開催
 *分析塾
   13:30~16:30(受付開始は13:00~)
 *意見交換会
   分析塾終了後、17:00頃~2時間ほど(予定)
    場所:開催日が近くなりましたら、別途ご連絡いたします。

◆対象
 *プレスクール
   病院ダッシュボードχ ユーザー病院のみご参加いただけます。
 *分析塾、意見交換会
   どなた様でもご参加いただけます。
    ※企業関係者のお申し込みはご遠慮ください。

◆参加費
 *プレスクール
   病院ダッシュボードχユーザー病院: 無料(1病院2人まで)
 *分析塾
   病院ダッシュボードχユーザー病院: 無料(1病院2人まで)
   それ以外の方: 5,000円/人
 *意見交換会
   4,000円/人

◆申し込みサイトはこちら

解説を担当したコンサルタント 八木 保(やぎ・たもつ)

yagi 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのコンサルティング部門アソシエイトマネジャー。理学療法士、中小企業診断士。
名古屋大学医学部保健学科理学療法学専攻卒業。大手商社にてヘルスケア業界におけるマーケティング商品開発、中小企業のコンサルティングを経て、入社。リハビリの質と生産性向上、コスト削減、財務分析、DPC分析などを得意とする。多数の医療機関のコンサルティングを行うとともに、社内のCS向上チームや社外のCQI(Cancer Quality Initiative)研究会のサポートなどでも精力的に活動する(諏訪中央病院の事例紹介はこちら、津島市民病院の事例紹介はこちら)。
Pocket