有床診、2017年末で7218施設・9万838床に減少―医療施設動態調査(2017年12月)



Pocket

 昨年(2017年)11月末から12月末にかけて、病院の病床数は1065床も減少。有床診療所は、前月から18施設・149床減少し、7218施設・9万8388床となった―。

 このような状況が、厚生労働省が2月28日に公表した医療施設動態調査(2017年12月末概数)から明らかになりました(厚労省のサイトはこちら)。有床診は、このペースで減少すると今年(2018年)8月には7000床を切ってしまいます。

有床診療所は施設数・病床数減少はとどまるところを知らないが、病院病床数が全体に大きく減少している点が気になる
有床診療所は施設数・病床数減少はとどまるところを知らないが、病院病床数が全体に大きく減少している点が気になる

有床診、「月28施設弱」のペースで減少、2018年8月には7000施設を切る見通し

 厚生労働省は、毎月末における全国の病院・診療所数の増減を「医療施設動態調査」として公表しています(前月末の状況はこちら、前々月末の状況はこちら、さらにその前の月末の状況はこちら)。

 昨年(2017年)12月末の状況を見ると、全国の医療施設は計17万9171施設で、前月末から143施設減少しました。このうち病院の施設数は、前月末から7施設減少して8404施設となりました。病院の種類別に見ると、▼一般病院:7347施設(前月比7施設減)▼精神科病院:1057施設(同増減なし)—という状況です。一般病院のうち、「療養病床を有する病院」は3787施設で前月末から3施設減少、「地域医療支援病院」は557施設で前月から変更ありません。

 一方、医科診療所は10万1903施設で前月から78施設減少しました。うち有床診療所は、前月から18施設減少し、7218施設となりました。

 なお、前月と比べて無床の医科診療所が60施設、歯科診療所が58施設減少した点も気になります。今後の動向などを踏まえる必要があるでしょう。

 
 有床診療所は、2年前(2015年12月末)には7864施設(厚労省のサイトはこちら)、1年前(2016年12月末)には7550施設(厚労省のサイトはこちら)であったので、2015年12月末から16年12月末までの1年間で314施設、さらに昨年(2017年)12月末までの次の1年間で332施設減少しています。有床診療所の施設数は、2016年12月末以降、次のように推移しています。

▼2016年12月末:7550施設

 ↓(27施設減)

▼2017年1月末:7523施設

 ↓(38施設減)

▼2017年2月末:7485施設

 ↓(21施設減)

▼2017年3月末:7464施設

 ↓(38施設減)

▼2017年4月末:7426施設

 ↓(29施設減)

▼2017年5月末:7397施設

 ↓(17施設減)

▼2017年6月末:7380施設

 ↓(17施設減)

▼2017年7月末:7363施設

 ↓(21施設減)

▼2017年8月末:7342施設

 ↓(25施設減)

▼2017年9月末:7317施設

 ↓(56施設減)

▼2017年10月末:7261施設

 ↓(25施設減)

▼2017年11月末:7236施設

 ↓(18施設減)

▼2017年11月末:7218施設

 この1年間は、1か月当たり28施設弱のペースで減少が続いています。このペースで進めば、今年(2018年)8月には7000施設を切ることになります。

有床診病床は前月から149床減、病院病床は1065床減

 医療施設の病床数(ベッド数)に目を移してみましょう。

医療施設全体では昨年(2017年)12月末で165万3544床となり、前月末から1214床も減少しました。このうち病院の病床数は155万5092床で、前月末から1065床減少しています。病床種類別に見ると、▼一般病床:89万1144床(前月比465床減)▼療養病床:32万5373床(同486床減)▼精神病床:33万1528床(同136床減)—などという状況です。原因を詳しく見ていく必要があるでしょう。

 一方、有床診療所の病床数は前月末から149床減少し、9万8388床となりました。2年前(2015年12月末)には10万6294床(厚労省のサイトはこちら)、1年前(2016年12月末)には10万2450床(厚労省のサイトはこちら)であったことから、2016年12月末までの1年間で3844床、昨年(2017年)12月末までの次の1年間で4062床減少しています。2016年12月末以降、有床診のベッド数は次のように推移しています。

▼2016年12月末:10万2450床

 ↓(305床減)

▼2017年1月末:10万2145床

 ↓(448床減)

▼2017年2月末:10万1697床

 ↓(335床減)

▼2017年3月末:10万1362床

 ↓(489床減)

▼2017年4月末:10万873床

 ↓(407床減)

▼2017年5月末:10万466床

 ↓(226床減)

▼2017年6月末:10万240床

 ↓(221床減)

▼2017年7月末:10万19床

 ↓(282床減)

▼2017年8月末:9万9737床

 ↓(206床減)

▼2017年9月末:9万9531床

 ↓(688床減)

▼2017年10月末:9万8843床

 ↓(306床減)

▼2017年11月末:9万8537床

 ↓(149床減)

▼2017年11月末:9万8388床

 この1年間、1か月当たり340床弱のペースで減少が続いています。病院と有床診療所では機能も大きくことなりますが、ベッド数のみに着目して「毎月、1施設ずつ340床の病院が閉鎖している」と考えると、減少ペースの速さが実感できます。

 
 有床診療所減少の大きな要因は、やはり「厳しい経営環境」と言えるでしょう。しかし、地域包括ケアシステムの中で、「在宅医療の拠点」「在宅・介護施設への受け渡し」「終末期医療提供」などの機能を果たす有床診療所は重要な役割が期待され、経営の安定化を考える必要があります。そこで中央社会保険医療協議会、社会保障審議会・介護給付費分科会などは、2018年度の次期診療報酬・介護報酬改定において、有床診療所の「地域包括ケアモデル」(医療・介護併用モデル)での運用を支援することを決めました。

例えば、診療報酬で「介護サービスを提供する有床診療所では、報酬の高い入院基本料1-3までの要件を緩和し、要介護者の入院受け入れを、新たに【介護連携加算】として評価する」ことや(関連記事はこちら)、介護報酬で「利用者専用病床を1床確保すれば、看護小規模多機能型居宅介護の「宿泊室」の設備基準を満たしていると見なす」ことなどの見直しが行われます(関連記事はこちら)。

これらの見直しは今年(2018年)4月以降に適用されるため、効果を確認できるまでにはしばらく時間がかかりますが、今後の動向をしっかりと見ていく必要があるでしょう。

病院病床数は、2017年末に減少ペースを速めたように見える
病院病床数は、2017年末に減少ペースを速めたように見える
療養病床のベッド数も減少ペースが速まっているようだ
療養病床のベッド数も減少ペースが速まっているようだ

 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

有床診療所の減少続く、2018年度同時改定で歯止めがかかるのか―医療施設動態調査(2017年11月)
有床診療所の減少が加速、病床数は9万8843床に―医療施設動態調査(2017年10月)
有床診療所の減少に歯止めかからず、2018年度改定の効果に期待集まる―医療施設動態調査(2017年9月)
有床診療所、ついに集計結果でも10万床を割る―医療施設動態調査(2017年8月)
有床診療所は10万19床、現時点で10万床割れは確実―医療施設動態調査(2017年7月)
有床診療所、現時点で10万床を割っている可能性大―医療施設動態調査(2017年6月)
有床診、2017年5月末に10万466床、7月に10万床切るペースで減少―医療施設動態調査(2017年5月)
有床診、新年度から減少ペース早まり、今年(2017年)7月に10万床切る―医療施設動態調査(2017年4月)
有床診、現在の減少ペース続けば、今年(2017年)8月に10万床切る―医療施設動態調査(2017年3月)
2017年2月、有床診は7500施設を切り7485施設に、ベッド数は10万1697床に―医療施設動態調査(2017年2月)
2016年以降、有床診は月間26施設・320床のペースで減少―医療施設動態調査(2017年1月)
有床診療所、前月に比べて施設数は25、ベッド数は287減少―医療施設動態調査(2016年12月)
有床診療所、前月に比べて施設数は30、ベッド数は367減少―医療施設動態調査(2016年11月)
一般病床数、療養病床数ともに2か月連続で3桁の減少―医療施設動態調査(2016年10月)
一般病床数、療養病床数ともに3桁の減少―医療施設動態調査(2016年9月)
有床診療所の施設数・ベッド数の減少ペースがやや鈍化―医療施設動態調査(2016年8月)
一般病床数は前月比336床増加の一方で、療養病床数は252床減少―医療施設動態調査(2016年7月)
一般病床の平均在院日数は16.5日、病床利用率は75.0%に―2015年医療施設動態調査
一般病床数は前月比977床の大幅増、精神病床は237床減―医療施設動態調査(2016年5月)
一般病床数は前月比379床増、精神病床は551床減、2016年度改定との関連の分析が必要―医療施設動態調査(2016年4月)
一般病床数が前月比1135床減、2か月連続で千床台の大幅減―医療施設動態調査(2016年3月)
一般病床数が前月から1299床の大幅減、今後の動向に注目集まる―医療施設動態調査(2016年2月)
病院の一般病床数が前月から726床減少、無床のクリニックも減少―医療施設動態調査(2016年1月)
有床診の減少止まらず7864施設に、2016年度診療報酬改定の効果のほどは?―医療施設動態調査(15年12月)
有床診の減少止まらず、2015年11月には7905施設・10万6890床に―医療施設動態調査(15年11月)
有床診の減少、依然続く、2015年10月には7927施設・10万7210床に―医療施設動態調査(15年10月)
有床診の減少止まらず、2016年度改定での対応に注目集まる―医療施設動態調査(15年9月)
有床診療所、ついに8000施設を切る―医療施設動態調査(15年8月)
病院の病床数、15年5月には156万7636床に―医療施設動態調査

内科などの有床診療所、より柔軟に介護サービス提供可能に―中医協総会(2)
「有床診の介護参入」や「療養病床の転換」促す運営基準見直し案を了承―第154回介護給付費分科会(1)

Pocket