K921【造血幹細胞採取】でのG-CSF製剤、疑義解釈受け算定状況の見直しを—GHC湯原が分析



Pocket

メディ・ウォッチでお伝えしたとおり、厚生労働省が5月26日に2016年度診療報酬改定の疑義解釈(その11)を公表し、造血幹細胞採取を行うにあたり「K921【造血幹細胞採取】を算定する日」以外の日にG-CSF製剤やプレリキサホルを投与した場合でも、当該薬剤料を出来高で算定できることが明確にされました(関連記事はこちら)。

グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC)マネジャーの湯原淳平は、GHCクライアント病院における「K921【造血幹細胞採取】でのG-CSF剤の請求状況」を分析。それによると、現在、ほとんどが包括対象(つまり出来高で算定していない)となっていることが明らかになっています。

「K921【造血幹細胞採取】でのG-CSF剤の請求状況」を見てみると、ほとんどが包括対象(つまり出来高で算定していない)となっている
「K921【造血幹細胞採取】でのG-CSF剤の請求状況」を見てみると、ほとんどが包括対象(つまり出来高で算定していない)となっている

こうした状況から湯原は、「今般の疑義解釈(その11)発出を受けて、各医療機関では早急にG-CSF製剤の薬剤料算定状況を確認し、請求に関して必要な関する見直しを行う必要がある」とコメントしています。

 

解説を担当したコンサルタント 湯原 淳平(ゆはら・じゅんぺい)

yuhara 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのコンサルティング部門マネジャー。看護師、保健師。
神戸市看護大学卒業。聖路加国際病院看護師、衆議院議員秘書を経て、入社。社会保障制度全般解説、看護必要度分析、病床戦略支援、地域包括ケア病棟・回リハ病棟運用支援などを得意とする。長崎原爆病院(事例紹介はこちら)、新潟県立新発田病院(事例紹介はこちら)など多数の医療機関のコンサルティングを行う。「週刊ダイヤモンド」(掲載報告はこちらこちら)、「日本経済新聞」(掲載報告はこちら)などへのコメント、取材協力多数。

  

MW_GHC_logo

【関連記事】
薬剤銘柄を併記しても一般名処方加算を算定できるが、銘柄指定と誤解されないよう留意を—疑義解釈11【2016年度診療報酬改定】

特養ホーム待機者は30万人いるが、特養の増設を続けるべきか—GHC湯原が分析
GHC湯原が2016年度の「患者数」「在院日数」を大解剖、両者を増やした病院、減らした病院のとるべき戦略は?
NDBオープンデータから何が見えてくるのか―GHC湯原が分析例を提示
肺炎患者に対する救急医療管理加算、都道府県で審査基準が大きく異なる可能性―GHC湯原が分析
GHC湯原「病床管理はチームで」、病院管理委の早期設置を提案―病院ダッシュボード操作体験会
診療材料費の適正化で年間8000万円超のコスト削減―名古屋第二赤十字・石川院長がGHCプレミアム新春セミナーで講演
長期的視点に立ち、専門・認定看護師を育成する施設を診療報酬改定で評価
平成28年度診療報酬改定検証 大規模な民間病院、大学病院では大幅減収

歯科「頭頸部の骨の切除・移植を要する手術」も看護必要度のC項目に該当—疑義解釈10【2016年度診療報酬改定】
オプジーボ、2月1日以後の使用では入院期間を通じて「出来高評価」となる―疑義解釈9【2016年度診療報酬改定】
看護必要度の評価、7対1では届出病棟の入院患者すべてが対象―疑義解釈8【2016年度診療報酬改定】
看護必要度、抗悪性腫瘍剤の併用で塞栓は専門的処置に含まれず―疑義解釈7【2016年度診療報酬改定】
看護必要度の「無菌治療室での治療」、要件満たせば多床室でも無菌治療室に該当―疑義解釈5【2016年度診療報酬改定】
入院栄養食事指導料、入院起算日が同じとなる再入院では再度の算定は不可―疑義解釈その4(2)【2016年度診療報酬改定】
看護必要度C項目、再入院時の手術なども評価対象―疑義解釈4【2016年度診療報酬改定】
退院支援加算1、会合や研修で一同に会するだけでは「年3回以上の面会」に該当せず―疑義解釈2【2016年度診療報酬改定】
回復期リハ病棟のアウトカム評価、除外患者の取り扱いなどを明確化―疑義解釈1【2016年度診療報酬改定】
退院支援加算1の社会福祉士どこまで兼任可能か、認知症ケア加算で必要な研修を例示―疑義解釈1【2016年度診療報酬改定】

看護必要度や病棟群単位届け出、退院支援加算などの詳細が明らかに―2016年度診療報酬改定で厚労省
看護必要度C項目の内科的治療、血管内治療・心筋焼灼術、侵襲的消化器治療など13項目―厚労省
2016年度診療報酬改定、要介護高齢者などの目標設定支援などしなければ、疾患別リハ料を減算―中医協総会

【16年度改定答申・速報1】7対1の重症患者割合は25%で決着、病棟群単位は18年3月まで―中医協総会
【16年度改定答申・速報2】専従の退院支援職員配置など評価する「退院支援加算1」、一般600点、療養1200点―中医協総会

Pocket