経鼻栄養チューブを誤って気道に挿入し、患者が呼吸困難となる事例が発生―医療機能評価機構



Pocket

 経鼻栄養チューブを誤って気道に挿入し、そのまま栄養剤や内服薬を注入したため、患者が呼吸困難に陥ってしまった―。

 このような事例が、2013年1月から16年10月までに11件も件報告されていることが、日本医療機能評価機構の調べで明らかになりました(機構のサイトはこちら)。

 機構では、「経鼻栄養チューブが胃内に挿入されているか、気泡音の聴取のみでは十分に確認できない」ことを強調し、各医療機関で「胃内に挿入されていることを確認する手順」(例えば胃内容物の吸引やX線撮影など)を決め、遵守するよう呼びかけています。

気泡音の聴取のみでは、チューブが胃内に挿入されたかを十分に確認できない

 日本医療機能評価機構は、注意すべき医療事故やヒヤリハット事例の内容をまとめた「医療安全情報」を毎月公表しています(関連記事はこちらこちらこちら)。15日に公表された「No.121」では「経鼻栄養チューブの誤挿入」がテーマに取り上げられました。

 ある病院では、医師が、気管切開している患者に経鼻栄養チューブを挿入後、気泡音を聴取し、チューブが胃内に入ったと判断。看護師が栄養剤の注入を開始したところ、患者が咳き込み、呼吸苦を訴えたので、医師が気管孔から気管支鏡を用いて「気管内に経鼻栄養チューブが挿入されていた」ことが分かったといいます。

経鼻栄養チューブを誤って気道に挿入し、気付かず栄養剤や内服薬を注入したため、患者が呼吸困難に陥る事例が発生している
経鼻栄養チューブを誤って気道に挿入し、気付かず栄養剤や内服薬を注入したため、患者が呼吸困難に陥る事例が発生している

 また別の病院では、看護師が経鼻栄養チューブを挿入後、胃内容物を吸引できなかったものの、別の看護師と2名で気泡音を聴取し、チューブが胃内に入ったと判断。看護師は、内服薬を注入する前に、再度、他の看護師と気泡音を聴取しています。内服薬を溶かした白湯を注入したところ、咳嗽が出現しSpO2が80%前後に低下したため、胸部エックス線撮影を行い、「右気管支に経鼻栄養チューブが挿入されている」ことが分かったといいます。

 こうした事例が2013年以降、11件も発生していることを重く見て、機構では「経鼻栄養チューブが胃内に挿入されていることを確認する際、『気泡音の聴取のみ』では信頼できる方法ではない」ことを改めて強調。その上で「経鼻栄養チューブの挿入後、胃内に挿入されていることを確認する手順(例えば、「胃内容物を吸引しての確認」や「X線撮影でチューブの先端の位置を確認する」など)を決め、遵守する」よう強く求めています。

 

MW_GHC_logo

【関連記事】
薬剤名が表示されていない注射器による「薬剤の誤投与」事例が発生―医療機能評価機構
シリンジポンプに入力した薬剤量や溶液量、薬剤投与開始直前に再確認を―医療機能評価機構
アンプルや包装の色で判断せず、必ず「薬剤名」の確認を―医療機能評価機構
転院患者に不適切な食事を提供する事例が発生、診療情報提供書などの確認不足で―医療機能評価機構
患者の氏名確認が不十分なため、誤った薬を投与してしまう事例が後を絶たず―医療機能評価機構
手術などで中止していた「抗凝固剤などの投与」、再開忘れによる脳梗塞発症に注意―医療機能評価機構
中心静脈カテーテルは「仰臥位」などで抜去を、座位では空気塞栓症の危険―医療機能評価機構
胃管の気管支への誤挿入で死亡事故、X線検査や内容物吸引などの複数方法で確認を―日本医療機能評価機構
パニック値の報告漏れが3件発生、院内での報告手順周知を―医療機能評価機構
患者と輸血製剤の認証システムの適切な使用などで、誤輸血の防止徹底を―医療機能評価機構
手術中のボスミン指示、濃度と用法の確認徹底を―日本医療機能評価機構

Pocket