自治体独自のがん拠点病院として、東京新宿メディカルセンターと東海大八王子病院を指定—東京都



Pocket

 「東京新宿メディカルセンター」と「東海大学医学部付属八王子病院」を自治体独自のがん医療提供拠点病院として、「ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院」「東京都保健医療後者多摩北部医療センター」「国立病院機構東京病院」をがん医療提供の協力病院として指定した—。

 東京都は3日、このように、がん医療提供体制をさらに充実したことを発表しました。

都立墨東病院と国立国際医療研究センターを国の拠点病院として指定

 我が国の死因第1位を独走する中、国は「がん診療連携拠点病院」を指定し、どの地域に居住していても高度ながん医療を受けられる体制の整備を進めています(均てん化)。がん診療連携拠点病院として指定されるためには、例えば▼手術療法を行う常勤医師の配置▼放射線治療を行う専従の医師を配置▼放射線診断を行う専任の常勤医師の配置▼病理診断を行う常勤医師の配置▼「院内がん登録500件以上」「悪性腫瘍の手術400件以上」「がん化学療法の患者延べ1000人以上」「放射線治療の患者延べ200人以上」などの治療実績▼緩和ケアチームへの専従看護師(がん看護専門看護師、緩和ケア認定看護師など)の配置▼、診断時からの外来・病棟での系統的な苦痛のスクリーニングの実施—などの要件を満たす必要があります。

「がん診療連携拠点病院」には、新たに診療実績(手術や化学療法などの件数)に関する要件が盛り込まれている
「がん診療連携拠点病院」には、新たに診療実績(手術や化学療法などの件数)に関する要件が盛り込まれている
「がん診療連携拠点病院」の新要件、質の高い治療体制を目指す
「がん診療連携拠点病院」の新要件、質の高い治療体制を目指す
「がん診療連携拠点病院」には、患者ががんと診断されたときから緩和ケアを行う体制を整備することが求められる
「がん診療連携拠点病院」には、患者ががんと診断されたときから緩和ケアを行う体制を整備することが求められる
「がん診療連携拠点病院」では、患者からのさまざまな相談に応じられる体制を構築することが必要となる
「がん診療連携拠点病院」では、患者からのさまざまな相談に応じられる体制を構築することが必要となる
 

 厚生労働省は、今年(2017年)1月に開かれた「がん診療連携拠点病院等の指定に関する検討会」の意見を踏まえ、▼東京都立墨東病院(墨田区)▼国立国際医療研究センター病院(新宿区)―の2病院をがん診療連携拠点病院(地域がん診療連携拠点病院)に指定しました。東京都は人口も多く、2病院の新規指定により、既指定の拠点病院の負担軽減などが期待されます。

 

 また、国の拠点病院とは別に、都道府県が独自に「がん医療の拠点となる病院」などを指定することも可能です。都はこのほど、▼地域医療機能推進機構東京新宿メディカルセンター(新宿区)▼東海大学医学部付属八王子病院(八王子)―の2病院を【東京都がん診療連携拠点病院】(都拠点病院)に指定しました。都は、「国の指定する拠点病院と同等の高度な診療機能を有する病院」と説明しています。

 さらに、都では▽肺がん▽胃がん▽大腸がん▽肝がん▽乳がん▽前立腺がん—の部位ごとに「専門的ながん医療を提供し、地域の医療機関と連携して治療を行い、地域のがん診療の中核的な役割を担う病院」として【東京都がん診療連携協力病院】(協力病院)を指定しています。今般、▼ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院(台東区)を大腸がんの▼東京都保健医療公社多摩北部医療センター(東村山市)を大腸がんと前立腺がんの▼国立病院機構東京病院(清瀬市)を肺がんの—協力病院に指定しています。

 併せて、既指定の協力病院のがん種について、▼東京都保健医療公社東部地域病院(葛飾区)について「胃がん」の(既に大腸がんの協力病院として指定)▼日本私立学校振興・共済事業団東京臨海病院(江戸川区)について「肺がん」の(同、胃・大腸・乳・前立腺)▼日本赤十字社東京支部大森赤十字病院(大田区)について「肝がん」の(同、大腸)▼東邦大学医療センター大橋病院(目黒区)について「肝がん」の(同、胃・大腸)▼JR東京総合病院(渋谷区)について「大腸がん」の(同、肺・乳)―の指定追加を行いました。

 

 この結果、東京都におけるがん医療提供の拠点となる病院は、今年(2014年)4月1日から▼都道府県がん診療連携拠点病院:2か所(都立駒込病院、がん研究会有明病院)▼地域がん診療連携拠点病院:25か所(慶應義塾大学病院、日本大学医学部附属板橋病院、武蔵野赤十字病院など)▼地域がん診療病院:1か所(東京女子医科大学東医療センター)▼東京都がん診療連携拠点病院:8か所(三井記念病院、済生会中央病院など)▼東京都がん診療連携協力病院:22か所(河北総合病院、東京都保健医療公社豊島病院、東京都健康長寿医療センターなど)―となっています(都の拠点病院一覧はこちら)。

2017年4月1日からの、東京都におけるがん医療提供の拠点となる病院一覧
2017年4月1日からの、東京都におけるがん医療提供の拠点となる病院一覧

  

MW_GHC_logo

【関連記事】
同一医療圏で複数のがん拠点病院を指定する場合、明確な「相乗効果」が必要―がん拠点病院指定検討会

「免疫療法」の推進、科学的根拠のない免疫細胞療法と峻別し、がん対策基本計画に明記を―がん対策推進協議会
次期がん対策基本計画の全体目標、「予防」「治療」「共生」を軸に調整―がん対策推進協議会
新がん対策の全体目標、新たに「がんになる国民を減らす」との柱を加えてはどうか―がん対策推進協議会
がん検診、科学的根拠に基づかないものは対策型として実施すべきではない―がん対策推進協議会
がん治療の専門家やキャンサーナビゲーターの育成・配置を―がん対策推進協議会
AYA世代や高齢者へのがん対策、多様なニーズを踏まえられるような体制を―がん対策推進協議会
第3期がん対策推進基本計画、ゲノム医療や希少・小児がん対策などを柱の1つに―がん対策推進協議会
第3期がん対策推進基本計画の策定に向け、集中的に議論を重ね早ければ年内に骨子案策定―がん対策推進協議会
がん対策基本計画の中間評価まとまる、「死亡率20%減」は達成できず―がん対策推進協議会
がん対策推進基本計画の中間評価、6月10日の協議会で報告書とりまとめへ―がん対策推進協議会
がん対策の最大目標「死亡率の20%減少」、達成困難な状況に危機感―がん対策推進協議会

胸部食道がん、平均値では胸腔鏡手術のほうが開胸手術よりも術後日数が長い―CQI研究会
ベンチマークと臨床指標でがん医療の均てん化を推進―CQI研究会、8月開催
大腸がんの在院日数、短縮傾向もなお病院格差-CQI研究会が経年分析
乳がんの治療法、放射線実施率など格差鮮明―CQI研究会、臨床指標20項目を調査
前立腺がん手術、在院日数最短はダヴィンチ、合併症発生率は?―第10回CQI研究会

医療経済学者がキャンサーナビゲーターになった(1)―「アジアの疾病」
医療経済学者がキャンサーナビゲーターになった(2)―「戦場を失くした戦士」
がん患者の不安と徹底して向き合い導く「キャンサーナビゲーション」って何だ?
優れた医療を日本に-全米屈指のクィーンズメディカルセンターでGHCが研修(1)
医療スタッフの生産性向上は日本でも必須の課題に-全米屈指のクィーンズメディカルセンターでGHCが研修(2)
がん医療の臨床指標を定め、自院と他院のベンチマークすることで医療の質が向上―がん研有明病院とGHCが共催セミナー

がん診療連携拠点病院におけるステージ別症例数や人員体制など、国民に分かりやすく情報提供―がん診療提供体制検討会
がん医療の均てん化を進めるが、粒子線治療やゲノム医療など一部は集約化も必要―がん診療提供体制検討会(1)
がんの地域連携パスを活用し、拠点病院単独でなく地域全体でがん患者を支えよ―がん診療提供体制検討会(2)

Pocket