介護保険料を適切に納めていない「現役並み所得」者、介護保険は4割負担に―厚労省



Pocket

 介護保険料を適切に納めていない場合、介護保険の自己負担割合が通常の1割から3割に引き上げられる。今年(2018年)8月から、現役並みの高い所得がある人については、自己負担割合が2割から3割に引き上げられることを踏まえ、介護保険料を適切に納めていない場合の自己負担を「4割」に引き上げる―。

 厚生労働省は5月14日に事務連絡「給付額減額措置の見直しに伴う被保険者証及び負担割合証の様式の変更について」を行い、こうした点を再確認するとともに、被保険者証等の様式変更について周知しています。

現役並み所得者の通常の自己負担が3割となることを踏まえ、給付減額措置も見直し

 昨年(2017年)に介護保険法が改正されました。(1)地域包括ケアシステムの深化・推進(2)介護保険制度の持続可能性の確保―という2つの大きな柱が立てられ、前者の(1)地域包括ケアシステムに関しては、▼自立支援・重度化防止に向けた保険者機能の強化等の取組の推進(インセンティブ交付金の新設や、PDCAサイクルの確保など)▼医療・介護・住まいの3機能を併せ持つ介護医療院の新設―などが、後者の(2)持続可能性確保に関しては、▼現役並み所得者の自己負担を従前の2割から3割に引き上げる▼介護納付金における総報酬割の段階的導入―などが行われます(関連記事はこちらこちら)。

改正案の概要
改正案の概要
 
 このうち現役並み所得者(合計所得金額が220万円以上)の自己負担割合引き上げは、今年(2018年)8月から導入されます。
高所得者の介護サービス利用者負担を、来年(2018年)8月から3割に引き上げるが、実際に負担額が引き上げられる人はごくごく限られる
高所得者の介護サービス利用者負担を、来年(2018年)8月から3割に引き上げるが、実際に負担額が引き上げられる人はごくごく限られる
 
 このため、8月から、介護保険の自己負担割合は次のように3段階になります。
▽通常(下記以外):1割
▽合計所得金額160万円以上で、「年金収入+その他合計所得金額が280万円以上」(単身世帯)または「年金収入+その他合計所得金額が346万円以上」(夫婦世帯):2割
▽合計所得金額が220万円以上で、「年金収入+その他合計所得金額が340万円以上」(単身世帯)または「年金収入+その他合計所得金額が463万円以上」(夫婦世帯):3割

 
ところで、介護保険料を滞納し、保険者(市町村)による徴収権が時効消滅した期間がある人では、消滅時効の期間に応じて自己負担割合が3割に引き上げられます(給付額減額措置)。きちんと保険料を納めた人とそうでない人との「公平性」を確保するとともに、介護保険財政の安定運営を図ることが目的です。

この点、今年(2018年)8月から通常の自己負担割合が3割となる人が現れるため、給付額減額措置についても見直しが行われ、「現役並みの所得を有する者」については、保険料を適切に納めていない場合の自己負担割合が「4割」となります。

今般の事務連絡では、この旨を再確認。さらに、介護サービス事業所や介護保険施設で、「この利用者の自己負担割合はどうなっているのか」を適切に確認できるよう、被保険者証・負担割合証の様式改訂を示しています。
 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

2018年8月から高所得者の介護サービス利用料を3割に、介護療養からの新転換先「介護医療院」を創設
介護保険の3割負担、個人単位で2018年8月から導入―厚労省
介護保険制度改革案で意見まとめ、利用者負担や総報酬割は両論併記―社保審・介護保険部会
軽度者への生活援助サービス、総合事業への移行は時期尚早―社保審・介護保険部会(2)
介護保険、現役並み所得者での3割負担を厚労省が提案―社保審・介護保険部会(1)
在宅医療・介護連携、連携の手順を明確にし、都道府県による市町村支援を充実―社保審・介護保険部会
40-64歳が負担する介護保険の保険料、どこまで公平性を求めるべきか―介護保険部会(2)
能力に応じた利用者負担を求めるべきだが、具体的な手法をどう考えるべきか―介護保険部会(1)
全国平均より著しく高額な「福祉用具の貸与価格」を設定するには保険者の了承が必要に―介護保険部会(2)
「軽度者への生活援助」の地域支援事業への移行、要支援者の状況検証が先―介護保険部会(1)
要支援者への介護サービス、総合事業への移行による質低下は認められず―介護保険部会(2)
地域包括支援センター、「土日の開所」や「地域での相談会実施」など相談支援機能の拡充を―介護保険部会(1)
ケアプラン作成費に利用者負担を導入すべきか―介護保険部会
介護従事者の処遇改善に向け、来年度(2017年度)に臨時の介護報酬改定―介護保険部会(2)
要介護認定の「更新」有効期間、上限を現在の24か月から36か月に延長―介護保険部会(1)
介護保険の被保険者対象年齢、「40歳未満」への引き下げは時期尚早―介護保険部会
介護費用の分担、現役世代の頭割りを維持すべきか、負担能力も勘案していくべきか―介護保険部会(2)
所得の高い高齢者、介護保険の利用者負担を2割よりも高く設定すべきか―介護保険部会(1)
介護保険の福祉用具貸与・販売や住宅改修、標準価格を導入すべきか―介護保険部会(2)
軽度者への生活援助、保険給付のあり方などめぐり激論続く―介護保険部会(1)
介護人材不足に元気高齢者の協力やロボット活用を、2025年に向けた生産性向上を検討―介護保険部会
要支援者のケアマネジメント、地域包括支援センターの業務から外すべきか―介護保険部会
適切なケアマネジメントの推進に向け、「特定事業所集中減算」の是非も論点に―介護保険部会
「あるべきでない地域差」是正に向け、市町村へのインセンティブ付与などを検討―介護保険部会
在宅医療・介護連携の推進、市町村と医師会との連携が不可欠―社保審・介護保険部会
軽度の要介護者への生活援助サービス、介護保険から地域支援事業に移行すべきか―社保審・介護保険部会

高額介護サービス費を2017年8月から引上げるが、新たな年間自己負担上限を設置―厚労省

Pocket