2016年から17年にかけて在院日数短縮と利用率上昇を両立―病院報告、2017年10月分



Pocket

 2012年から6年間の10月分の平均在院日数・病床利用率を見ると、平均在院日数がおおむね減少する中で、月末病床利用率は上昇しており、2017年10月にも同様の傾向が見られる―。

 このような状況が、厚生労働省が2月7日に公表した2017年10月分の病院報告から分かりました(厚労省のサイトはこちら)。

2017年9月と比べ、一般病床の利用率が上昇

 厚労省は毎月、(1)1日平均患者数(2)平均在院日数(3)月末病床利用率―を「病院報告」として公表しています(2017年9月分の状況はこちら、8月分の状況はこちら、7月分の状況はこちら)。

 昨年(2017年)10月における(1)の1日平均患者数は、病院全体で入院123万8767人(前月比4562人・0.4%減)、外来134万5882人(同1613人・0.1%減)となり、入院・外来ともに前月からわずかに減少しています。病床種別(医療法)に入院患者数の動向を見ると、▼一般病床:66万7145人(同860人・0.1%減)▼療養病床:28万4416人(同1761人・0.6%減)―などと全種別で前月を下回っています。

2017年10月、病院の1日平均患者数は入院・外来とも前月をわずかに下回った
2017年10月、病院の1日平均患者数は入院・外来とも前月をわずかに下回った
 
 (2)の平均在院日数については、病院全体では28.0日で前月と比べて0.1日短縮しました。病床種別に見ると、▼一般病床16.0日(前月と比べて変化なし)▼療養病床148.4日(同2.5日短縮)▼療養病床のうち介護療養病床313.0日(同13.9日短縮)▼精神病床269.2日(同3.7日延伸)▼結核病床68.9日(同0.4日短縮)―となり、精神病床では前月より延伸してしまいましたが、おおむね短くなっています。
一般病床の平均在院日数は、2017年9月・10月ともに16.0日だった
一般病床の平均在院日数は、2017年9月・10月ともに16.0日だった
 
 (3)の月末病床利用率に目を移すと、病院全体では79.5%で、前月に比べて2.5ポイント上昇しました。病床種別に見ると、▼一般病床75.0%(前月比4.5ポイント上昇)▼療養病床86.8%(同0.3ポイント低下)▼療養病床のうち介護療養病床90.3%(同0.7ポイント低下)▼精神病床85.4%(同0.3ポイント低下)▼結核病床33.4%(同0.8ポイント低下)―という状況で、一般病床の月末病床利用率だけが大きく上昇しています。
一般病床の月末病床利用率は、2017年9月から10月にかけて4.5ポイント上昇した
一般病床の月末病床利用率は、2017年9月から10月にかけて4.5ポイント上昇した
 

2016年に延伸した在院日数が再び短縮

 一般病床における10月分の平均在院日数の推移を5年前から見てみると、▼2012年:16.9日→(0.1日短縮)→▼2013年:16.8日→(0.5日短縮)→▼2014年:16.3日→(0.2日短縮)→▼2015年:16.1日→(0.1日延伸)→▼2016年:16.2日→(0.2日短縮)→▼2017年:16.0日―となっています(厚労省のサイトはこちら、ページ下部に毎月の状況がまとめられています)。2016年にいったん延びてしまった後、再び短縮しています。

 一方、月末病床利用率は、▼2012年:75.2%→(0.9ポイント低下)→▼2013年:74.3%→(0.8ポイント低下)→▼2014:73.5%→(3.1ポイント低下)→▼2015年:70.4%→(3.6ポイント上昇)→▼2016年:74.0%→(1.0ポイント上昇)→▼2017年:75.0%―という状況です。こちらは、2015年にいったん大きく下がった後、上昇が続いています。

 メディ・ウォッチで度々お伝えしているとおり、平均在院日数の短縮は、▼急性期病院における重症患者割合の向上▼DPC対象病院の「II群要件」の1つである「診療密度」向上―などに大きく寄与するなど、経営面では極めて重要なテーマの1つです。院内感染やADL低下のリスクを低減でき、医療の質向上にも貢献します。このため、急性期に限らず、すべての医療機関が在院日数短縮を目指すべきと言えます。

 ただし、在院日数を短くした分、新入院患者数を増加させなければ、空床が発生(病床利用率の低下)して経営状況の悪化を招く恐れもあり、▼かかりつけ医と連携し、入院が必要な重症患者を紹介してもらう▼救急搬送患者を積極的に受け入れる―のような新入院患者の獲得策とセットで在院日数を縮めることが重要です。

 ところで、我が国は人口減少社会に入っており、地域の患者数そのものが減少していきます。早急に、病床機能報告の結果(地域における他院の動き)▼自院の実際の姿▼地域の医療ニーズ(人口動態や疾病構造など)―などを総合的に捉えて、「ダウンサイジング」(病床の削減)や「近隣病院との再編・統合」なども視野に入れることが重要でしょう。

MW_GHC_logo

【関連記事】

2016年から17年にかけて在院日数が短縮し、利用率も低下―病院報告、2017年9月分
「8月分」では、2016年から17年にかけて在院日数短縮と利用率向上を「両立」―病院報告、2017年8月分
「7月分」のみ比較では、2016年から17年にかけて在院日数短縮と利用率向上を「両立」―病院報告、2017年7月分
2016年以降も平均在院日数の短縮は続いているが、病床利用率は不安定な動き―病院報告、2017年6月分
病床利用率維持のために在院日数短縮の努力を放棄することは好ましくない―病院報告、2017年5月分
病床利用率維持のため、在院日数の短縮をストップしている可能性―病院報告、17年4月分
「3月分」の経年比較、在院日数の短縮に限界が来ている可能性―病院報告、17年3月分
「2月分」の経年比較でも、在院日数短縮と病床利用率向上とを両立―病院報告、17年2月分
「1月」の状況だけを経年比較すると、在院日数短縮と病床利用率向上を両立―病院報告、17年1月分
一般病床、平均在院日数短縮の中で「空床対策」の効果は十分に現れず―病院報告、16年12月分
一般病床、平均在院日数短縮の中で「空床対策」の効果は現れたか―病院報告、16年11月分
一般病床、平均在院日数の短縮にブレーキ?病床利用率は迷走中―病院報告、16年10月分
一般病床、5年前から平均在院日数は短縮しているが、病床利用率が十分に向上せず―病院報告、16年9月分
一般病床、1年前と比べて平均在院日数の短縮と病床利用率改善を同時に達成―病院報告、16年8月分
一般病床、1年前と比べて平均在院日数が延び、病床利用率は低下してしまった―病院報告、16年7月分
一般病床、1年前と比べて平均在院日数が短縮し、病床利用率は上昇―病院報告、16年6月分
病院病床、平均在院日数は減少したが、病床利用率も低下―病院報告、16年3月分
一般病床、平均在院日数を短縮した上での病床利用率向上に成功―病院報告、16年2月分
一般病床の利用率、昨年12月から15ポイント以上上がり、従前水準に回復―病院報告、16年1月分
一般病床の利用率は前月比15ポイントの大幅減、ただし例年通りの傾向―病院報告、15年12月分
一般病棟の利用率は前月比4.1ポイント増、在院日数の延伸抑え、集患に尽力した結果か―病院報告、15年11月分
前方・後方連携を強化し、在院日数短縮と利用率向上の実現を―病院報告、15年10月分
一般病床の平均在院日数はわずかに延び、病床利用率は若干の増加―病院報告、5年9月分
平均在院日数が延びたにもかかわらず、病床利用率も低下―病院報告、15年8月分
平均在院日数を維持(微増)した上で病床利用率は上昇―病院報告、15年7月分
15年6月、平均在院日数の短縮と病床利用率の上昇を同時に実現―病院報告

300床病院が在院日数を1日短縮、稼働率維持には1か月36人の新規患者獲得が必要

適切なデータから、各病院が「地域の状況」と「等身大の姿」を把握してほしい―日病・相澤会長インタビュー(1)
病院の機能分化・連携を進め、効率的でやさしさを備えた医療提供体制を構築―日病・相澤会長インタビュー(2)

「入院前」からの外来で行う退院支援、診療報酬で評価―中医協総会 第377回(1)

Pocket