【病院総合医】養成する施設、2018年度は91病院を認定―日病



Pocket

 複数疾病をもつ高齢患者などに総合的な診療を行い、チーム医療、ひいては病院全体を牽引する力を持つ「病院総合医」の養成が来年度(2018年度)から開始されるが、初年度は91病院を認定する—。

 日本病院会は1月12日にこのように決定し、公表しました(関連記事はこちら)(日病のサイトはこちらこちら)。

将来の病院幹部候補となる【病院総合医】を、病院自ら養成

新たな専門医制度の中で「総合診療専門医」の養成が始まりますが、「病院において複数疾患を抱える患者への総合診療提供や、術後管理などを行う医師」の養成が可能か、という点には疑問を持つ医療関係者も少なくありません。

このため日本病院会(日病)では、「病院において総合診療を行う医師である【病院総合医】」を、総合診療専門医(新専門医制度)とは別に養成する方針を固めました。

【病院総合医】は、(1)多様な状態を呈する患者に包括的かつ柔軟に対応できる総合的診療能力を持つ(2)全人的に対応できる(3)地域包括ケアシステムにおける医療・介護連携の中心的役割を担う(4)多職種をまとめチーム医療を推進できる(5)地域医療にも貢献できる—医師で、日病の相澤孝夫会長と末永裕之副会長は「将来、病院経営幹部の1ルートとなることが期待される」と強調しています(関連記事はこちらこちらこちら)。

まず日病会員病院の中で、「自院の中堅医師を【病院総合医】として育成したい」と考えている施設や、「【病院総合医】を目指す医師が勤務している」施設が手をあげ、必要な研修を行えるかどうかが審査されます。

審査をパスした施設(病院総合医育成プログラム認定施設)において、【病院総合医】を目指す医師(卒後6年目以上の医師を対象)に必要な指導を行います(医師からすれば研修を受講する形、もちろん他施設との連携指導も行われる)。2年間、必要な症例などを経験した上で、日病で「要件を満たすかどうか」の審査を受けます。審査では、▽インテグレーションスキル(包括的診療の展開・実践)▽コンサルテーションスキル(必要な場合に専門診療科へ速やかな相談・依頼)▽コーディネーションスキル(多職種の連携・調整)▽ファシリテーションスキル(チーム医療の促進・実践)▽マネジメントスキル(地域包括ケアシステムや日本全体を考慮した病院運営)―の5能力を評価し、「要件を満たす」と判断されれば、晴れて【病院総合医】の資格を手に入れることができます。

病院総合医認定・更新にかかる大きなスケジュール概要
病院総合医認定・更新にかかる大きなスケジュール概要
 
日病では、研修期間中に▼ショック▼急性中毒▼意識障害▼全身倦怠感▼心肺停止▼呼吸困難▼身体機能の低下▼不眠▼食欲不振▼体重減少・るいそう▼体重増加・肥満▼浮腫▼リンパ節腫脹▼発疹▼黄疸▼認知脳の障害▼頭痛▼めまい▼失神▼言語障害▼けいれん発作▼視力障害・視野狭窄▼聴力障害・耳痛▼鼻漏・鼻閉▼鼻出血▼嗄声▼胸痛▼動悸▼咽頭痛▼誤嚥▼誤飲▼嚥下困難▼吐血・下血▼肛門・会陰部痛▼熱傷▼外傷▼褥瘡▼背部痛▼腰痛▼関節痛▼歩行障害▼四肢のしびれ▼肉眼的血尿▼排尿障害(尿失禁・排尿困難)▼乏尿・尿閉▼多尿▼不安▼気分の障害(うつ)―といった幅広い症例を経験することが必要と考えています。またチーム医療を牽引していく能力を養うために、さまざまなチーム医療活動、とくに「医療安全」「感染制御」チームへの参画は必須となります。

さらに、将来の「病院経営幹部」候補であることも踏まえ、病院経営・管理に関する各種講習会やセミナーに積極的に参加することも求められます。末永副会長は【病院総合医】資格を取得した医師が、次の病院総合指導医になることを期待し、「臨床研修指導医講習会には必ず参加してほしい」と求めています。

今般、公表された「病院総合医育成プログラム認定施設」は91施設。【病院総合医】が医療関係者に浸透していけば、「【病院総合医】を目指しており、認定施設に勤務したい」という医師が増えていくことでしょう。2019年度以降、認定施設が増加していくと予想されます。

【北海道】
▽市立札幌病院 ▽砂川市立病院 ▽北見赤十字病院 ▽札幌徳洲会病院

【青森県】
▽十和田市立中央病院 ▽八戸市立市民病院

【岩手県】
▽岩手県立中央病院

【福島県】
▽かしま病院

【茨城県】
▽水戸済生会総合病院

【栃木県】
▽足利赤十字病院 ▽済生会宇都宮病院

【埼玉県】
▽埼玉県済生会川口総合病院 ▽戸田中央総合病院 ▽丸山記念総合病院 ▽埼玉医科大学国際医療センター ▽自治医科大学附属さいたま医療センター

【千葉県】
▽千葉市立海浜病院 ▽成田赤十字病院 ▽柏厚生総合病院(千葉県) ▽幸有会記念病院

【東京都】
▽東京山手メディカルセンター ▽杏雲堂病院 ▽玉川病院 ▽多摩南部地域病院 ▽小豆沢病院 ▽藤﨑病院

【神奈川県】
▽湘南鎌倉総合病院 ▽湘南藤沢徳洲会病院 ▽総合川崎臨港病院 ▽東名厚木病院 ▽葉山ハートセンター ▽山近記念総合病院

【新潟県】
▽新潟県立十日町病院 ▽糸魚川総合病院 ▽上越総合病院(新潟県)

【富山県】
▽富山市民病院 ▽石川県立中央病院

【長野県】
▽市立大町総合病院 ▽飯山赤十字病院 ▽諏訪赤十字病院 ▽相澤病院 ▽相澤東病院

【岐阜県】
▽総合病院中津川市民病院 ▽美濃市立美濃病院

【静岡県】
▽藤枝市立総合病院 ▽静岡済生会総合病院 ▽NTT東日本伊豆病院

【愛知県】
▽春日井市民病院 ▽小牧市民病院 ▽名古屋第一赤十字病院 ▽名古屋第二赤十字病院 ▽海南病院 ▽大同病院 ▽東海記念病院 ▽トヨタ記念病院

【三重県】
▽伊勢赤十字病院 ▽田中病院 ▽津生協病院

【滋賀県】
▽市立大津市民病院

【京都府】
▽京都民医連中央病院 ▽武田総合病院 ▽洛和会丸太町病院 ▽三菱京都病院

【大阪府】
▽阪南市民病院 ▽大阪府済生会泉尾病院 ▽松下記念病院 ▽淀川キリスト教病院

【兵庫県】
▽加古川中央市民病院 ▽姫路赤十字病院 ▽兵庫医科大学ささやま医療センター ▽三菱神戸病院

【島根県】
▽浜田医療センター(島根県)

【岡山県】
▽倉敷中央病院

【広島県】
▽広島共立病院

【山口県】
▽昭和病院

【徳島県】
▽徳島県立中央病院 ▽徳島赤十字病院

【香川県】
▽四国こどもとおとなの医療センター ▽KKR高松病院

【愛媛県】
▽HITO病院

【福岡県】
▽福岡赤十字病院 ▽福岡記念病院

【熊本県】
▽熊本赤十字病院 ▽済生会熊本病院 ▽済生会みすみ病院 ▽宇城総合病院 ▽菊池中央病院 ▽くまもと森都総合病院 ▽にしくまもと病院 ▽谷田病院

【鹿児島県】
▽種子島医療センター

 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

10月10日から【病院総合医】育成プログラム申請を受け付け—日病・相澤会長、末永副会長

病院の機能分化・連携を進め、効率的でやさしさを備えた医療提供体制を構築―日病・相澤会長インタビュー(2)
適切なデータから、各病院が「地域の状況」と「等身大の姿」を把握してほしい―日病・相澤会長インタビュー(1)

「病棟の機能」にとどまらず、「病院の機能」も踏まえた診療報酬が必要—日病・相澤会長
卒後6年以上の医師を対象に、2018年度から「病院総合医」養成開始—日病
働き方改革に向け、1年かけて独自に「勤務医の働き方」などのデータ収集—日病・相澤会長
「原点回帰し、新しい未来を創造」、新執行部披露会で相澤日病会長
変えるべきは変え、守るべきは守り、未来へと進む―日病、新会長に相澤孝夫氏を選出
地域医療構想GLは「地域医療を考えるきっかけ」という位置付け―日病・相澤副会長

Pocket