療養病床の入院患者に居住費相当の自己負担を求めるのは「理由なき差別」―日慢協・武久会長



Pocket

 療養病床に入院する患者にのみ居住費相当の負担を求めるのは、一般病床と療養病床における「理由なき差別措置」で、直ちに是正すべき―。

 日本慢性期医療協会(日慢協)の武久洋三会長は11月9日に開いた定例記者会見で、このようなことを主張し、ルール変更を求めていく方針を示しました。

11月9日に定例記者会見に臨む、日本慢性期医療協会の武久洋三会長=右=と池端幸彦副会長
11月9日に定例記者会見に臨む、日本慢性期医療協会の武久洋三会長=右=と池端幸彦副会長
 居住費相当の自己負担は、医療療養病床に入院する65歳以上の患者が支払うことになっています。その金額(医療区分1の場合)は、10月から1日370円(9月までは320円)に引き上げられました。

 さらに来年4月からは、医療の必要性が高い状態(医療区分3か2)の患者も1日370円を原則負担することが決まっています。医療区分3には、医師などの監視・管理が24時間体制で必要な状態の患者など、医療区分2には、がんで疼痛コントロールを必要とする患者などが当てはまります。それらの患者は、今年9月まで負担を免除されていましたが、10月からは1日200円を支払っています。

 日慢協がおかしいと主張するのは、医療法上の区分が療養病床なら入院患者に負担させ、一般病床などなら免除する点です。その結果、患者が入院したのが同じ地域包括ケア病棟でも、医療法上の区分によってルールの適用が変わってしまうと問題視しています。また、療養病床と同じように患者を長期間入院させる一般病床があるにもかかわらず、このルールが適用されていないことも「理不尽だ」と訴えています。

 どうしてルールの適用が、医療法上の区分によって変わるのでしょうか。まず医療保険では、病気やけがで入院した患者の食事・居住サービスは、医学的管理の下に保障する必要があることから、保険給付の対象だと位置付けられています(介護保険では給付対象外)。

 とはいえ食費や居住費は、入院せずに自宅で療養したとしても掛かります。そこで、それぞれに相当する金額を患者が自分で負担するルールが設けられています。

 食費に相当する金額は、入院患者なら誰でも原則負担しています。その一方で居住費に相当する金額は、「住まい」としての機能を持つ病床の入院患者からだけ徴収しようということになり、療養病床だけに適用するルールになったのです。

 しかし日慢協は、療養病床の中には「住まい」としての機能ではなく、治療やリハビリテーションなどの機能が主なものもあると主張してきており、そうした病床には現在、最長でも60日間の入院で患者を在宅復帰させる地域包括ケア病棟としての届け出が認められています。

 実際には、地域包括ケア病棟の多くは一般病床で届け出されていますが、療養病床で届け出るケースもあります。日慢協の武久会長は、一般病床でも療養病床でも、地域包括ケア病棟として果たす役割は同じはずなのに、療養病床の場合にだけ居住費相当の自己負担を求めるのは「おかしな理屈だ」と疑問を投げ掛けています。

 さらに療養病棟の中でも、入院患者に占める医療区分2・3の人の割合が80%以上(療養病棟入院基本料1の施設基準)の病棟では、重症な患者が入院して治療を受けていると指摘し、「重度な患者が入院している病棟」や「入院期間が短い病棟」は、居住費相当の自己負担を求めるルールから外してほしいと話しています。

 その一方で、一般病棟でも患者を長期間入院させ、その代わりに療養病棟と同じルールで診療報酬を受けているケースなどには、自己負担のルールが適用されていないと指摘し、「統一してほしい」と訴えています。

 また池端幸彦副会長は、患者が負担した金額が「病院の収入になると誤解する人もいる」と話し、患者側に自己負担への理解を求めることが、医療現場の業務負担になっていることも問題だと指摘しています。

 

MW_GHC_logo

【関連記事】

入院時食事療養費の細分化や委託費高騰などで、給食部門の収支は極めて厳しい—入院医療分科会(2)
地域包括ケアを支援する病院の評価新設、資源不足地域での要件緩和を―地域医療守る病院協議会
一般・療養の区分を廃止し、連続的な診療報酬上の評価を―日慢協・武久会長
特養ホームでの適切な医療提供や、医療機関からの訪問看護の評価充実を―日慢協
人工呼吸器装着患者などに高度な慢性期医療を担う「慢性期治療病棟」を2018年度改定で創設せよ—日慢協
病棟看護師の大半は薬剤師などの病棟配置に期待、入院基本料での評価が必要—日慢協・武久会長
薬剤師など多職種の病棟配置、看護師と併せて入院基本料の中で評価せよ―日慢協・武久会長
急性期病院における栄養・水分補給の充実で、回復期・慢性期の入院期間短縮を—日慢協・武久会長
2018年度の同時改定でリハビリ革命を、急性期早期リハは報酬を2倍に引き上げよ―日慢協・武久会長
慢性期病院、介護療養から新類型への転換やリハ機能充実で大幅収益改善も―日慢協・武久会長
軽度な後期高齢入院患者は療養病棟などへ転院し、年間3兆円超の医療費縮減を行うべき―日慢協・武久会長
介護療養からの新たな転換先、現在の介護療養よりも収益性は向上する可能性―日慢協試算

療養病棟、リハビリ提供頻度などに着目した評価を検討―入院医療分科会(3)
看護必要度該当患者割合、診療報酬の算定状況から導けないか検証―入院医療分科会(2)
DPCデータの提出義務、回復期リハ病棟や療養病棟へも拡大か―入院医療分科会(1)
入院前からの退院支援、診療報酬と介護報酬の両面からアプローチを—入院医療分科会(3)
地域包括ケア病棟、初期加算を活用し「自宅からの入院患者」の手厚い評価へ—入院医療分科会(2)
看護必要度該当患者割合、7対1と10対1で異なっている活用方法をどう考える—入院医療分科会(1)
療養病棟、医療区分2・3患者割合を8割・6割・4割ときめ細かな設定求める意見も—入院医療分科会
回復期リハ病棟、「退院後のリハビリ提供」の評価を検討—入院医療分科会(2)
地域包括ケア病棟、「自宅からの入棟患者」割合に応じた評価軸などが浮上—入院医療分科会(1)
看護必要度、2018年度改定だけでなく将来を見据えた大きな見直しを行うべきか—入院医療分科会
退院支援加算、「単身高齢者などへの退院支援」ルールを求める声—入院医療分科会(3)
地域包括ケア病棟、機能に応じた「点数の細分化」案が浮上か—入院医療分科会(2)
看護必要度割合は7対1病院の7割で25-30%、3割の病院で30%以上—入院医療分科会(1)

介護医療院、報酬設定論議始まる!医療療養からの転換を危惧する声も—介護給付費分科会(1)
介護医療院、介護療養などからの転換は総量規制に含めず、新設は含める―厚労省
2018年8月から高所得者の介護サービス利用料を3割に、介護療養からの新転換先「介護医療院」を創設
介護療養病床など、医療・介護に「生活機能」を備えた新たな介護保険施設などヘの転換を了承―療養病床特別部会

介護保険の3割負担、個人単位で2018年8月から導入―厚労省
70歳以上の高額療養費、住民税非課税世帯でも引き上げるべきか―社保審・医療保険部会

Pocket