仙骨神経刺激装置植込術・交換術、「過活動膀胱のコントロール」目的でも算定可能―厚労省



Pocket

 K190-6【仙骨神経刺激装置植込術】とK190-7【仙骨神経刺激装置交換術】について、これまでの「便失禁」コントロール目的だけでなく、「過活動膀胱」のコントロール目的のために実施する場合にも算定可能とする—。

厚生労働省は8月31日に、通知「『診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について』等の一部改正について」を発出し、こういった点を明らかにしました。9月1日から適用されています。

過活動膀胱コントロール目的に実施するには、別の施設基準を満たす必要あり

K190-6【仙骨神経刺激装置植込術】(4万280点)とK190-7【仙骨神経刺激装置交換術】(1万3610点)は、これまで「医師の指示に従い、自ら送信機を使用することで『便失禁』に対するコントロールを行う意思のある者であって、保存的療法が無効または適用できない患者に対して実施する場合に限り算定できる」こととされていました。

厚労省は両手術について、新たに「医師の指示に従い、自ら送信機を使用することで『過活動膀胱』に対するコントロールを行う意思のある者であって、保存的療法が無効または適用できない患者」に実施する場合にも算定することを可能にしました。

ただし、過活動膀胱のコントロール目的で両手術を実施する場合には、次の要件をいずれも満たすことが必要となります(便失禁コントロール目的の場合には、従前同様「大腸肛門疾患の診療経験5年以上の常勤医師配置」などが要件となる)。

(1)下部尿路機能障害の診療経験を5年以上有する常勤医師が2名以上配置され、うち1名以上は所定の研修を修了していること
(2)下部尿路機能障害の診療経験を5年以上有する常勤医師で、所定の研修を修了している者が実施すること
(3)緊急事態に対応するための体制が整備されていること

 なお、この3要件は両手術に関する施設基準となり、地方厚生(支)局への届け出が必要となります。厚労省は、「届出があった場合には速やかに審査し、届け出受理が行われた場合には受理日から両手術の点数を算定できる」ことを9月1日付の事務連絡「新たに設定された仙骨神経刺激装置植込術及び交換術の施設基準に係る届出の取扱いについて」の中で明らかにしています。

過活動膀胱のコントロール目的で仙骨神経刺激装置植込術・交換術を行う場合に必要な届出の様式
過活動膀胱のコントロール目的で仙骨神経刺激装置植込術・交換術を行う場合に必要な届出の様式
 
 また、過活動膀胱に対するコントロールのため植込型仙骨神経刺激装置を植え込んだ後に、「患者の同意を得て、在宅で自己による過活動膀胱管理を行っている入院中の患者以外の患者に対して、在宅過活動膀胱管理に関する指導管理を行った場合」には、C110-4【在宅仙骨神経刺激療法指導管理料】(810点)も算定できることとされました。

 
 
 このほか8月31日の通知では、診療報酬の算定に関して次のような見直しも行っています。

▼フラッシュグルコース測定機能を持つ血糖自己測定器を使用して血糖自己測定を行った場合でも、C150【血糖自己測定器加算】はフラッシュグルコース測定以外の血糖自己測定をした回数を基準に算定する(月20回以上測定400点―月120回以上測定1500点)

▼植込み型リードレス心臓ペースメーカーを経カテーテルによって植え込んだ場合にはK597【ペースメーカー移植術】の2「経静脈電極の場合」の所定点数(9520点)に準じて算定する

▼『補助循環用ポンプカテーテルによる経皮的補助循環』を、▽K600【大動脈バルーンパンピング法(IABP法)】▽K601【人工心肺】▽K602【経皮的心肺補助法】▽K603【補助人工心臓】―を併せて実施した場合には、1日ごとに主たるもののみで算定する。また、補助循環用ポンプカテーテルによる経皮的補助循環を行った場合は、初日(1日につき)はK602【経皮的心配補助法】の1「初日」の所定点数(1万1110点)により、2日目以降はK600【大動脈バルーンパンピング法(IABP法)】の2「2日目以降」の所定点数(3680点)に準じて算定する

▼K689【経皮経肝胆管ステント挿入術】について、経皮的胆道拡張用バルーンカテーテルにより胆道拡張を行った場合は、本区分の所定点数を算定できることとする

 
 また新たな医療材料の保険収載に伴い、▼経皮的胆道拡張用バルーンカテーテル▼補助循環用ポンプカテーテル―に関する留意事項が設けられるなどしています。

 

 

【関連記事】

大動脈瘤切除術などで左心耳クリップ用いた場合、1個を限度に自動縫合器加算を算定—厚労省
「白内障手術併用眼内ドレーン手術」を白内障手術と同時実施した場合の診療報酬を整理―厚労省

薬剤銘柄を併記しても一般名処方加算を算定できるが、銘柄指定と誤解されないよう留意を—疑義解釈11【2016年度診療報酬改定】
歯科「頭頸部の骨の切除・移植を要する手術」も看護必要度のC項目に該当—疑義解釈10【2016年度診療報酬改定】
オプジーボ、2月1日以後の使用では入院期間を通じて「出来高評価」となる―疑義解釈9【2016年度診療報酬改定】
看護必要度の評価、7対1では届出病棟の入院患者すべてが対象―疑義解釈8【2016年度診療報酬改定】
看護必要度、抗悪性腫瘍剤の併用で塞栓は専門的処置に含まれず―疑義解釈7【2016年度診療報酬改定】
看護必要度の「無菌治療室での治療」、要件満たせば多床室でも無菌治療室に該当―疑義解釈5【2016年度診療報酬改定】
入院栄養食事指導料、入院起算日が同じとなる再入院では再度の算定は不可―疑義解釈その4(2)【2016年度診療報酬改定】
看護必要度C項目、再入院時の手術なども評価対象―疑義解釈4【2016年度診療報酬改定】
退院支援加算1、会合や研修で一同に会するだけでは「年3回以上の面会」に該当せず―疑義解釈2【2016年度診療報酬改定】
回復期リハ病棟のアウトカム評価、除外患者の取り扱いなどを明確化―疑義解釈1【2016年度診療報酬改定】
退院支援加算1の社会福祉士どこまで兼任可能か、認知症ケア加算で必要な研修を例示―疑義解釈1【2016年度診療報酬改定】

看護必要度や病棟群単位届け出、退院支援加算などの詳細が明らかに―2016年度診療報酬改定で厚労省
看護必要度C項目の内科的治療、血管内治療・心筋焼灼術、侵襲的消化器治療など13項目―厚労省

【16年度改定答申・速報1】7対1の重症患者割合は25%で決着、病棟群単位は18年3月まで―中医協総会
【16年度改定答申・速報2】専従の退院支援職員配置など評価する「退院支援加算1」、一般600点、療養1200点―中医協総会

Pocket