併用禁忌の薬剤誤投与が後を絶たず、最新情報の院内周知を―医療機能評価機構



Pocket

 「併用禁忌」とされている薬剤を誤って併用してしまった―。

 こうした事例が、2011年11月から2017年6月までに9報告されていることが、日本医療機能評価機構の調べで明らかになりました(機構のサイトはこちら)。

従前「併用注意」とされていた薬剤であっても、後に重大な副作用などが明らかとなり「併用禁忌」となるケースもあります。各医療機関におかれては、医師と薬剤師が緊密に連携し、薬剤の誤投与を防止する体制を構築すると同時に、運用フローの遵守を改めて徹底することが必要です。

薬剤師は最新情報を各診療科に周知し、マスタの速やかな更新を

 日本医療機能評価機構は、注意すべき医療事故やヒヤリハット事例の内容をまとめた「医療安全情報」を毎月公表しています(最近の情報はこちらこちらこちら)。15日に公表された「No.129」では「併用禁忌の薬剤の投与(第2報)」がテーマとなりました。

 ある病院の医師が、免疫抑制剤であるイムラン錠(一般名:アザチオプリン)を内服している患者の尿酸値が高くなったため、尿酸を抑えるフェブリク錠(一般名:フェブキソスタット)を新たに処方しようと考えました。オーダリング画面では「併用禁忌」のアラートが出ましたが、医師はコメントに「継続」と入力して処方してしまいました。保険薬局からも疑義照会がなく、患者は両剤の内服を開始。2か月後にめまい・ふらつきの症状が出現し、ヘモグロビンの値が低下したことから、両剤の併用による「骨髄抑制」が判明したといいます。

また別の病院では、患者に静脈血栓があったため、循環器内科の医師が血栓症治療薬のワーファリン(一般名:ワルファリンカリウム)を処方。投与開始2日後に、皮膚科の医師が口腔内カンジダ症治療のために、抗菌剤のフロリードゲル経口用(一般名:ミコナゾール)を処方。両剤が「併用禁忌」となる直前(前月)であったため、処方時にはアラートは出ず、薬剤部からの疑義照会もありませんでした。併用から2日目にPT-INR(プロトロンビン時間 国際標準比)が測定不能となり、ヘモグロビン値も低下したため、内視鏡検査をしたところ「胃噴門部からの出血」が認められたといいます。

併用禁忌の薬剤を投与してしまった事例の一部
併用禁忌の薬剤を投与してしまった事例の一部
 
A医薬品とB医薬品を併用した場合、重篤な副作用(ときには死亡事例)が生じることがあり、医薬品の添付文書には「併用禁忌」である旨が明示されます。また医薬品の販売後に、新たに併用による有害事象が判明した場合には、厚生労働省から添付文書を改訂し「併用禁忌である旨を速やかに明示し、関係者に周知する」よう指示が行われます(併用禁忌以外にも、新たな重大な副作用などが判明した場合、同様の指示がなされる、関連記事はこちらこちらこちらこちらこちら)。

 
 併用禁忌の薬剤を誤投与した事例の報告は後を絶ちません。上記のように新たな併用禁忌情報が更新されるため、患者の生命・健康を守る医療機関や保険薬局においては、常に最新情報を自らチェックすることが必要となります。機構では、▼添付文書が改訂され新たな併用禁忌情報を得た場合に、薬剤師は各診療科に情報を周知するとともに、速やかにマスタを更新し、併用におけるアラート表示を行う▼医師は、処方時にアラートが表示された場合には、処方内容が適切か確認する▼薬剤の保管棚に「併用禁忌あり」と表示して注意喚起する▼薬剤師は、併用禁忌薬剤が処方された際、疑義照会を行う—などの取り組みを徹底するよう強く求めています。

 

MW_GHC_logo

【関連記事】
脳手術での左右取り違えが、2010年から11件発生―医療機能評価機構
経口避妊剤は「手術前4週以内」は内服『禁忌』、術前に内服薬チェックの徹底を―医療機能評価機構
永久気管孔をフィルムドレッシング材で覆ったため、呼吸困難になる事例が発生―医療機能評価機構
適切に体重に基づかない透析で、過除水や除水不足が発生―医療機能評価機構
経鼻栄養チューブを誤って気道に挿入し、患者が呼吸困難となる事例が発生―医療機能評価機構
薬剤名が表示されていない注射器による「薬剤の誤投与」事例が発生―医療機能評価機構
シリンジポンプに入力した薬剤量や溶液量、薬剤投与開始直前に再確認を―医療機能評価機構
アンプルや包装の色で判断せず、必ず「薬剤名」の確認を―医療機能評価機構
転院患者に不適切な食事を提供する事例が発生、診療情報提供書などの確認不足で―医療機能評価機構
患者の氏名確認が不十分なため、誤った薬を投与してしまう事例が後を絶たず―医療機能評価機構
手術などで中止していた「抗凝固剤などの投与」、再開忘れによる脳梗塞発症に注意―医療機能評価機構
中心静脈カテーテルは「仰臥位」などで抜去を、座位では空気塞栓症の危険―医療機能評価機構
胃管の気管支への誤挿入で死亡事故、X線検査や内容物吸引などの複数方法で確認を―日本医療機能評価機構
パニック値の報告漏れが3件発生、院内での報告手順周知を―医療機能評価機構
患者と輸血製剤の認証システムの適切な使用などで、誤輸血の防止徹底を―医療機能評価機構
手術中のボスミン指示、濃度と用法の確認徹底を―日本医療機能評価機構

手術室などの器械台に置かれた消毒剤を、麻酔剤などと誤認して使用する事例に留意―医療機能評価機構
抗がん剤投与の速度誤り、輸液ポンプ設定のダブルチェックで防止を―医療機能評価機構
2016年7-9月、医療事故が866件報告され、うち7%超で患者が死亡―医療機能評価機構
2015年に報告された医療事故は3654件、うち1割弱の352件で患者が死亡―日本医療機能評価機構
2016年1-3月、医療事故が865件報告され、うち13%超は患者側にも起因要素―医療機能評価機構
15年4-6月の医療事故は771件、うち9.1%で患者が死亡―医療機能評価機構
14年10-12月の医療事故は755件、うち8.6%で患者死亡―医療事故情報収集等事業

アデムパス投与で有害事象・死亡が多く、ワーファリンに難治性皮膚疾患の副作用―厚労省
画期的抗がん剤のオプジーボ、硬化性胆管炎の副反応―厚労省
肺炎球菌ワクチンのニューモバックス、注射部位壊死・潰瘍の重大な副反応―厚労省
悪性黒色腫・非小細胞肺がん治療に用いるキイトルーダ、心筋炎の副作用―厚労省
精神神経用剤のデパス、抗不安剤のソラナックス、メイラックスなど、薬物依存に注意―厚労省
神経症における不安・緊張などを和らげるアタラックス、急性汎発性発疹性膿疱症の副作用―厚労省
多発性骨髄腫治療に用いるレブラミド、B型肝炎ウイルスの再活性化を促す副作用―厚労省
うつ病治療に用いるデュロキセチン塩酸塩など、自動車運転などの際には十分な注意を―厚労省
胃潰瘍治療などに用いるポラプレジンク、銅欠乏症による汎血球減少や貧血の副作用―厚労省
ワルファリンとミコナゾールは併用禁忌、オプジーボに心筋炎などの副作用―厚労省
多発性硬化症治療薬のタイサブリに急性網膜壊死などの副作用―厚労省
ボルタレンに消化管狭窄・閉塞、ハーボニー錠に高血圧・脳血管障害の副作用―厚労省
てんかんの部分発作治療に用いるオクスカルバゼピン、重篤な皮膚障害に留意を―厚労省
抗てんかん剤レベチラセタなど7医薬品、新たに「重大な副作用」-厚労省
ハーボニー錠などC型肝炎治療薬、B型肝炎ウイルスを活性化させる恐れあり慎重投与を―厚労省
タミフルに「虚血性大腸炎」、ラピアクタに「アナフィラキシー」の副作用判明―厚労省
ロキソニン錠に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」の副作用判明―厚労省
乳がん治療薬のエリブリンメシル酸塩、スティーブンス・ジョンソン症候群の副作用判明―厚労省
皮膚T細胞リンパ腫治療薬のベキサロテン製剤、脂質異常や膵炎などの副作用に留意―厚労省
血圧降下剤のアジルサルタン、横紋筋融解症などの重大な副作用が判明―厚労省
新たに保険収載されたC型慢性肝炎治療薬の「ヴィキラックス配合錠」、肝不全の副作用―厚労省
画期的な抗悪性腫瘍剤のニボルマブ、重症筋無力症や大腸炎の副作用―厚労省、PMDA
大腸がん治療薬のパニツムマブ、中毒性表皮壊死融解症の重大な副作用―厚労省

Pocket