悪性黒色腫・非小細胞肺がん治療に用いるキイトルーダ、心筋炎の副作用―厚労省



Pocket

 厚生労働省は20日、画期的な抗がん剤(現在、悪性黒色腫とPD-L1陽性の非小細胞肺がんの効能効果)であるキイトルーダ(ペムブロリズマブ(遺伝子組換え))について、心筋炎を引き起こすおそれがあるとし、▼胸痛▼CK(CPK)上昇▼心電図異常―など観察を十分に行い、異常が認められた場合には、本剤の投与を中止し、適切に処置するよう、医療機関に注意を呼び掛けています(厚労省のサイトはこちら)。

 今般、新たに重大な副作用などが判明したのは3つの医薬品で、厚労省は製薬メーカーに対して「使用上の注意」を速やかに改訂するよう指示しています。3医薬品と、新たな「重大な副作用」などは次の通りです。臨床現場においてもご留意ください。

(1)骨粗鬆症の治療に用いる「デノスマブ(遺伝子組換え)(骨粗鬆症の効能を有する製剤)」(販売名:プラリア皮下注60mgシリンジ)

  ▼【重要な基本的注意】に「骨粗鬆症患者において、本剤治療中止後、骨吸収が一過性に亢進し、多発性椎体骨折が現れることがある。本剤治療中止後に骨吸収抑制薬の使用を考慮する」旨を追加

  ▼新たな【重大な副作用】:治療中止後の多発性椎体骨折

 

(2)根治切除不能な悪性黒色腫、およびPD-L1陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんの治療などに用いる「ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)」(販売名:キイトルーダ点滴静注20mg、同100mg)(関連記事はこちら

  ▼新たな【重大な副作用】:心筋炎(胸痛、CK(CPK)上昇、心電図異常などの観察を十分に行い、異常が認められた場合には、本剤の投与を中止し、適切な処置を行う)

 

(3)食道カンジダ症や侵襲性カンジダ症、アスペルギルス症などの治療に用いる「カスポファンギン酢酸塩」(販売名:カンサイダス点滴静注用50mg、同70mg)

  ▼新たな【重大な副作用】:中毒性表皮壊死融解症(TEN:Toxic Epidermal Necrolysis)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

    

MW_GHC_logo

【関連記事】
精神神経用剤のデパス、抗不安剤のソラナックス、メイラックスなど、薬物依存に注意―厚労省
神経症における不安・緊張などを和らげるアタラックス、急性汎発性発疹性膿疱症の副作用―厚労省
多発性骨髄腫治療に用いるレブラミド、B型肝炎ウイルスの再活性化を促す副作用―厚労省
うつ病治療に用いるデュロキセチン塩酸塩など、自動車運転などの際には十分な注意を―厚労省
胃潰瘍治療などに用いるポラプレジンク、銅欠乏症による汎血球減少や貧血の副作用―厚労省
ワルファリンとミコナゾールは併用禁忌、オプジーボに心筋炎などの副作用―厚労省
多発性硬化症治療薬のタイサブリに急性網膜壊死などの副作用―厚労省
ボルタレンに消化管狭窄・閉塞、ハーボニー錠に高血圧・脳血管障害の副作用―厚労省
てんかんの部分発作治療に用いるオクスカルバゼピン、重篤な皮膚障害に留意を―厚労省
抗てんかん剤レベチラセタなど7医薬品、新たに「重大な副作用」-厚労省
ハーボニー錠などC型肝炎治療薬、B型肝炎ウイルスを活性化させる恐れあり慎重投与を―厚労省
タミフルに「虚血性大腸炎」、ラピアクタに「アナフィラキシー」の副作用判明―厚労省
ロキソニン錠に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」の副作用判明―厚労省
乳がん治療薬のエリブリンメシル酸塩、スティーブンス・ジョンソン症候群の副作用判明―厚労省
皮膚T細胞リンパ腫治療薬のベキサロテン製剤、脂質異常や膵炎などの副作用に留意―厚労省
血圧降下剤のアジルサルタン、横紋筋融解症などの重大な副作用が判明―厚労省
新たに保険収載されたC型慢性肝炎治療薬の「ヴィキラックス配合錠」、肝不全の副作用―厚労省
画期的な抗悪性腫瘍剤のニボルマブ、重症筋無力症や大腸炎の副作用―厚労省、PMDA
大腸がん治療薬のパニツムマブ、中毒性表皮壊死融解症の重大な副作用―厚労省

オプジーボとキイトルーダ、基準満たした施設で有効性の認められた患者に投与せよ―厚労省

Pocket