在宅復帰率の高い老健施設、入所者から信頼され「看取り」の場にも―介護給付費分科会・研究委員会(1)



Pocket

 介護老人保健施設において、トレードオフの関係にあると思われていた「在宅復帰率」と「看取り」の間には、実は正の相関関係がある―。

 このような驚きの結果が、13日に開催された社会保障審議会・介護給付費分科会の「介護報酬改定検証・研究委員会」に厚生労働省から提示されました。厚生労働省老健局老人保健課の担当者は、「在宅復帰に力を入れている老健施設では、入所者が在宅復帰などした後もフォローするなど、入所者・家族との間に信頼関係が生まれている。このため『どこで看取ってほしいか』と入所者・家族が考えたとき、当該老健施設を選択しているのではないか」と分析しています。

3月13日に開催された、「第13回 社会保障審議会 介護給付費分科会 介護報酬改定検証・研究委員会」
3月13日に開催された、「第13回 社会保障審議会 介護給付費分科会 介護報酬改定検証・研究委員会」

2018年度介護報酬改定に向けて、2015年度改定の効果・影響を調査

 厚労省が研究員会に提示したのは、2015年度介護報酬改定の「効果検証・調査研究」調査結果(2016年度調査分)です。昨年(2016年)9月に開かれた前回会合および10月開催の介護給付費分科会で、2016年度に行う次の7つの調査項目の詳細を固め、10月下旬から調査が実施されていました。

(1)通所・訪問リハビリテーションなどの中重度者などへのリハビリテーション内容など

(2)病院・診療所が行う中重度者に対する医療・介護サービス

(3)介護老人保健施設における施設の目的を踏まえたサービスの適正な提供体制など

(4)介護老人福祉施設における医療的ケアの現状

(5)居宅介護支援事業所および介護支援専門員の業務など

(6)認知症高齢者への介護保険サービス提供におけるケアマネジメントなど

(7)介護保険制度におけるサービスの質の評価

 いずれも前回改定の効果・影響が介護現場にどう表れているのかを把握し、2018年度の次期介護報酬改定に活かす狙いがあります。

在宅復帰率50%以上の老健施設では、稼働率95%以上が2割に満たず

 このうち(3)の老健施設については、2012年度改定で▼強化型(在宅機能強化型)▼加算型(在宅復帰・在宅療養支援機能加算)▼従来型―の3類型に区分されています。強化型と加算型は、老健施設を設立した当初の目的である「在宅復帰」に力を入れることが求められます。このため、老健施設は「在宅復帰を目指す施設」と「看取りなどに対応する長期入所施設」に二分されたと考えられていました(関連記事はこちらこちら)。

 しかし、今般の調査結果からは「在宅復帰率の高い施設ほど、積極的に施設内看取りを行っている」という驚くべき結果が示されました。前述の考えに照らせば「在宅復帰と看取りはトレードオフの関係」にありそうですが、実は両者には正の相関が見られ、研究委員会委員にも驚きをもって迎えられました。この結果について厚労省老健局老人保健課の担当者は、「在宅復帰に力を入れている老健施設では、入所者が在宅復帰などした後もフォローするなど、入所者・家族との間に信頼関係が生まれている。このため『どこで看取ってほしいか』と入所者・家族が考えたとき、当該老健施設を選択しているのではないか」と分析しています。

在宅復帰率の高い施設では、看取りにも積極的であることが分かった
在宅復帰率の高い施設では、看取りにも積極的であることが分かった

 

 ただし、在宅復帰に力を入れれば、他の施設サービスと同様に稼働率が落ちます。今般の調査でも「在宅復帰率の高い施設では、稼働率が低い」傾向が明確となっており、在宅復帰率50%以上では、稼働率95%以上の施設は16.8%、稼働率90%以上の施設は27.0%にとどまっています。

在宅復帰率の高い施設では、病床稼働率が低くなる傾向にあることが明確に表れている
在宅復帰率の高い施設では、病床稼働率が低くなる傾向にあることが明確に表れている

 また機能別の稼働率95%以上の施設割合を見ると、▼強化型:15.1%▼加算型:24.7%▼従来型:40.1%▼介護療養型:54.3%―となっており、やはり在宅復帰に力を入れると、稼働率が落ちる状況が見て取れます。

機能別にみても、在宅復帰に力を入れなければならない施設ほど、病床稼働率が低くなっている状況が如実に表れている
機能別にみても、在宅復帰に力を入れなければならない施設ほど、病床稼働率が低くなっている状況が如実に表れている

 この背景について、オーバーベッド(ベッドが過剰)の懸念もありますが、厚労省の担当者は「在宅復帰に力を入れて間もない施設もある。以前から在宅復帰に力を入れ、信頼を勝ち得ている施設では、すぐに次の入所が決まっているようだ」とコメントしました。老健施設など比較的長期入所が前提となっている施設では、稼働率がわずかに低下しても「施設の存続」に影響がでかねません。地域の急性期病院や在宅医療・介護サービスとの連携を深める(新規入所者の確保)とともに、現在の入所者との信頼関係構築(再入所者の確保)に、これまで以上に力を入れる必要があります。

特養ホーム、半数は訪問看護STとの連携に期待、半数は連携の必要なしと考える

 次に(5)の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)については、介護給付費分科会や、診療報酬を議論する中央社会保険医療協議会などでは、医師や看護師を代表する委員から「特養ホームでは医療的ケアが不十分である。外部から訪問診療や訪問看護を行える仕組みとすべき」との要望が頻繁に出されます(関連記事はこちら)。

 今般の調査では、この要望にどう応えるべきかも含めて「医療的ケアの現状」を詳しく調べています。

 まず約半数の施設では「訪問看護ステーションと連携することで、緩和ケアやがん末期患者への対応などを充実できる」と考えていますが、半数弱の施設では「訪問看護ステーションと連携しても、特に充実できる部分はない」と考えていることが分かりました。後者の考え持つ施設の約7割では「自施設での対応が可能」と考えているようです。

約半数の特養ホームは訪問看護ステーションとの連携で緩和ケアの向上などが期待できるとするが、半数弱は「自施設で賄えており、とくに対応が充実することはない」と考えている
約半数の特養ホームは訪問看護ステーションとの連携で緩和ケアの向上などが期待できるとするが、半数弱は「自施設で賄えており、とくに対応が充実することはない」と考えている

 では、実際に特養ホームではどのような医療的ケアが実施されているのでしょう。常勤の配置医師がいる施設はわずか1.1%ですが、95.3%の施設では非常勤ながら医師が配置されています。非常勤医師による入所者への対応状況を見ると、「原則として勤務日以外は対応してもらえない」という施設も6.0%ありますが、40.3%の施設では「勤務日以外でも対応してもらえる」、41.3%の施設では「勤務日以外は電話で指示してもらえる」状況にあります。

 また施設内でどのような医療的ケアが行われているのかを見ると、定員規模による差こそありますが、▼褥瘡の処置▼胃瘻・腸瘻▼カテーテルの管理▼喀痰吸引▼血糖測定▼インスリン注射▼点滴―などが可能とする施設が多く、▼気管切開のケア▼レスピレータの管理▼中心静脈栄養▼透析の管理▼麻薬を用いた疼痛の管理―を可能とする施設は少なくなっています。

特養ホームで対応可能な医療処置の内容には、バラつきがある
特養ホームで対応可能な医療処置の内容には、バラつきがある

 これらの結果からは、多くの施設では一定程度の医療的ケアが実施されていることが分かります。現状を維持すべきなのか、さらなる「外部からの医療・看護提供」が必要なのか、分科会や中医協の議論に注目が集まります。

 一方、「夜間・休日を通じて喀痰吸引ができる体制にある」施設は41.1%と半数に満たない状況です。この背景には、介護職員が喀痰吸引研修を受けている(認定特定行為業務従事者認定証の交付を受けている)かどうかに大きく関係すると思われます。すべての介護職員が認定証を交付されている施設は11.2%にとどまり、8割強の施設では「必ずしも全介護職員が認定証を交付されているわけでない」状況です。施設側には「研修を受講させる時間的余裕がない」「代替職員の体制が作れない」という事情もありますが、24時間対応をより充実させるためにも、積極的な研修受講支援が望まれます。

 

 なお、看取りに対する考え方で特養ホームを2つに分けると、積極派施設(希望があれば施設内で看取る)が78%と大半を占め、消極派施設(原則、病院などに移す)は16.3%にとどまっています。積極派施設では「介護職員の知識・技術力向上」を最も重視しており、消極派施設では「配置医との関係強化」に最も力を入れているという違いがあるようです。

看取りに積極的な施設では「介護職員の知識・技術向上」が重要と考える割合が高く、消極的な施設では「配置医との関係強化」が重要と考える割合が高い
看取りに積極的な施設では「介護職員の知識・技術向上」が重要と考える割合が高く、消極的な施設では「配置医との関係強化」が重要と考える割合が高い

 

MW_GHC_logo

【関連記事】
訪問看護ステーションからの訪問リハビリの状況などを詳しく調査―介護給付費分科会・研究委員会
2017年度の臨時介護報酬改定論議スタート、定昇規定の整備などを要件にした処遇改善を模索―介護給付費分科会
2016年度診療報酬改定で新設されたリハビリの目標設定等支援・管理料、介護保険サイドからの調査も―介護給付費分科会
2018年度同時改定での「維持期リハの介護保険移行」見据え、患者像やリハ内容などを調査―介護給付費分科会・研究委員会
適切なケアマネジメントの推進に向け、「特定事業所集中減算」の是非も論点に―介護保険部会
特養と老健の7割、介護療養の8割で積極的な看取りを実施―2015年度介護報酬改定・結果検証2
通所リハの90.4%が医師と連携しているが、通所介護では17.2%に止まる―2015年度介護報酬改定・結果検証1
【15年度介護報酬改定答申3】在宅リハの報酬体系を大幅見直し、多職種マネジメントを評価
【15年度介護報酬改定答申1】重篤な身体疾患のある人が多く入所する介護療養、「療養機能強化型」として新評価

2018年度同時改定に向け、中医協と「対等の立場」での意見交換の場を―介護給付費分科会(2)
2018年度の同時改定に向け、中医協と介護給付費分科会で意見交換―中医協総会
2018年度の同時改定に向け、医療・介護連携が重要な療養病床や訪問看護などを検討―中医協総会(2)
18年度同時改定に向け、医療保険との連携が必要な事項など前倒しで検討―介護給付費分科会

2015年度介護報酬改定で、看多機など除く多くの介護サービス類型で経営悪化―介護給付費分科会(1)
介護経営実調など調査対象期間を延長し、長期借入金の返済支出も調査することを決定―介護給付費分科会
介護施設などの「資金繰り」把握に向け、介護経営実態などで長期借入金の返済額も調査―介護事業経営調査委員会
14年度介護報酬改定で消費増税補填は適切に行われたか、調査の必要性低い―介護給付費分科会
「介護事業経営実調でCF把握すべき」、調査委員会と意見分かれる―介護給付費分科会
改定前後2年分と改定後2年目のデータから介護事業所の経営状況把握を―介護事業経営調査委
介護事業の経営実態調査、「1年分の収支把握」や「定点調査」などを検討―介護給付費分科会

介護療養病床など、医療・介護に「生活機能」を備えた新たな介護保険施設などヘの転換を了承―療養病床特別部会
介護療養などの新たな転換先、転換準備期間と新設制限期間が争点に―社保審・療養病床特別部会
介護療養などからの新たな転換先、移行期間は3年か6年か―社保審・療養病床特別部会
介護療養に生活機能をプラスアルファした施設類型を、新たな介護保険施設の1つに―社保審・療養病床特別部会

介護老健施設、今後の報酬改定も見据えて在宅強化型を目指すべき―福祉医療機構
在宅機能強化型老健、80床規模で年間65万円程度の減収見込み―検証・介護報酬改定2015(2)

特養ホームなどへの外部の訪問看護サービス導入拡大を―日看協が16年度予算に向け要望

Pocket